レポート

なぜMr.Childrenの公演には70万人が集まるのか?しかも20年以上

テキスト
矢島由佳子
メイン画像:©osami yabuta
2017/09/11
  • 1702
  • 2011

なぜMr.Childrenの公演には70万人が集まるのか?しかも20年以上

計70万人を動員した、25周年ツアーが閉幕

今年メジャーデビュー25周年を迎えたMr.Childrenのツアー『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』が、9月9日に閉幕した。6月10日から始まり、全国各地のドームとスタジアムをまわった全15公演の本ツアーは、計約70万人を動員。

バンドが、数万人規模のドームでワンマンライブを1公演成功させることさえ簡単ではない世の中で、20年以上、その動員力を維持し続けているMr.Childrenは、「国民的バンド」「モンスターバンド」と呼ぶに相応しい、稀で貴重な存在だ。本ツアーで1990年代前半の曲から最新曲“himawari”まで並べて演奏されると、Mr.Childrenというバンドがその立ち位置を確立し続けられる背景には、「変わらないこと」が軸にありながらも、「変えてきたこと」もあるからこそだと感じさせられた。筆者は、7月4日の京セラドーム大阪公演と、8月5日の日産スタジアム公演を観たが、本稿では日産スタジアム公演についてレポートする。

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』日産スタジアム公演 ©osami yabuta
『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』日産スタジアム公演 ©osami yabuta

桜井和寿 ©osami yabuta
桜井和寿 ©osami yabuta

過去2年間のモードから一変した2017年

一昨年は、アルバム『REFLECTION』発売前に「未発表曲ツアー」を開催したことで、ファンからも音楽業界全体からも驚きと話題を呼び、昨年はモンスターバンドであり続けたからこそなかなかやれなかった「ホールツアー」を8人編成でまわったMr.Children。つまり、この2年間は、国民の多くが歌詞を口ずさめるようなヒットソングや派手な演出でライブを盛り上げることよりも、「音」に重きを置いたステージを突き詰め、オーディエンスにも「音」に身を委ねてもらう心地よさを伝えるモードだった。

そして25周年の今年は、そういった状態から一変。『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』はメンバー四人に加えて、SUNNY(Key,Cho)、山本拓夫(Sax,Flute)、西村浩二(Trumpet)、icchie(Trombone,Trumpet)、四家卯大(Cello)、沖祥子(Violin)、小春(Accordion / チャラン・ポ・ランタン)という11人編成で行われ、セットリストはほぼシングル曲で構成されていた。バイオリンも入った壮大なポップスを聴かせる場面もあれば、メンバーとSUNNYのみの5人編成によるロックなサウンドで魅せる場面もあるなど、まさにこの2年間のミュージシャンシップに則ったツアーで磨き上げた多彩な演奏手法が凝縮された、約3時間半にも及ぶステージだった。

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』日産スタジアム公演 ©osami yabuta
©osami yabuta

桜井和寿 ©osami yabuta
©osami yabuta

変わらない「軸」があるからこそ、人生に寄り添う歌を歌い続けられる

そのように、年々モードを変化させたり、常に新たな試みにトライするなど、表現者としての進化を自ら止めないMr.Childrenであるが、バンドの軸としてずっと変わらないことがある。それは、誰しもが自分のことを肯定したくて、肯定されたくて生きているこの世の中において、いつの時代も、聴き手と、裏側ではその曲の歌い手である自分自身を肯定しながら、歌い続けてきたことだ。

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』は、そのタイトル通り、ファンに対する「感謝祭」の意図が込められていた。たとえば、4曲目“GIFT”が演奏される前に放たれた「僕らの宝物であるみなさんにこの曲を贈ります」というボーカル・桜井和寿のMCや、その次に演奏された“Sign”の前の「今Mr.Childrenに向けられた声、拍手、笑顔を見落とさないように」といった言葉には、これまでMr.Childrenの音楽を聴いてきた人への感謝が色濃く含まれていたように思う。しかし、「感謝」を表すと同時に、オーディエンス一人ひとりの25年を「祝福」するかのようなライブでもあったのだ。

Mr.Childrenの25年は、決して順風満帆だったわけではない。初のドラマタイアップ曲であり、初めてオリコンチャートトップ10入りした“CROSS ROAD”を演奏する前には、「一生大好きな音楽をやっていたいという理由から、売れたくてしかたなかった」と、桜井は当時の気持ちを振り返り、さらに“1999年、夏、沖縄”が歌われたときには、「1999年に世界が滅亡したら、それはそれでラッキーだなって考えていた」「デビュー10周年のときは、今聴いてくれているファンは、どうせすぐにいなくなっちゃうと思ってた」と、桜井の口から語られた。

そして、25年間が楽しい出来事ばかりではなく、迷いながら日々を重ねてきたのは、このツアーに集まった70万人、一人ひとりの人生にも当てはまることだろう。25年経った今も、大勢のリスナーの前で大好きな音楽をやり続けられていることにMr.Childrenが「感謝」を表し、オーディエンスはそれを「祝福」すると同時に、そこに集まった一人ひとりが、いろんな苦楽を乗り越えてきたうえで今日という日に身体も心も活発に動かせていることを、Mr.Childrenの25年間の歌が「祝福」し返しているかのようだった。

桜井和寿 ©osami yabuta
©osami yabuta

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』日産スタジアム公演 ©osami yabuta
©osami yabuta

「肯定の仕方」が年々変化していることに気づかされる

しかし、25年間の歌が並べて歌われると、肯定の仕方、上手くいかないことや世の中の不条理を受け入れる術の伝え方が、年々変わっていることに気づかされる。中盤では1993~1994年のシングルがリリース順に歌われたが、当時の曲からは<傷つけずには愛せない>(“CROSS ROAD”)、<様々な角度から 物事を見ていたら自分を見失ってた>(“innocent world”)、<今より前に進む為には 争いを避けて通れない>(“Tomorrow never knows”)など、世の中を否定的に捉えてしまう視点が前面に出るなかで、「それでも」なんとか前に進もうとする姿勢が見てとれる。

その後、この日桜井による弾き語りで演奏された1999年発表の“Simple”は、若さゆえの混沌とした感情が削ぎ落されて、「探してたものは歌い続けるという、シンプルなものだったんだ」といった、幸せとはごくシンプルなものであることを歌っているように聴こえたし、その翌年リリースされたアルバム『Q』の1曲目であり、ツアーの1曲目でもあった“CENTER OF UNIVERSE”では<総ては捕らえ方次第>と、あらゆる出来事の良し悪しは自分の視点次第で変わることを歌い、<あぁ世界は素晴らしい>と言い切っている。そして、ツアーの本編最後に歌われた2008年発表の“エソラ”では、楽しいことには終わりがくるとわかっていても憂う必要はないと歌い、最新曲“himawari”では<優しさの死化粧><暗がりで咲いてるひまわり>など、相反すること、矛盾することに宿る美しさを歌っている。

ときの流れとともに表れている歌詞の変化は、時代や世相を敏感に感じ取る桜井の目線と、メンバー自身の年齢による変化の両方が相まって生まれているものなのだろう。

桜井和寿 ©osami yabuta
©osami yabuta

田原健一 ©osami yabuta
田原健一 ©osami yabuta

中川敬輔 ©osami yabuta
中川敬輔 ©osami yabuta

JEN ©osami yabuta
JEN ©osami yabuta

最後は、まだまだこの先も続いていくことを示した

ライブの最後は、「これまで過去の曲をたくさんやってきたけど、最後のこの曲だけは僕らにとっての、みんなにとっての、ただただ未来だけを見据えてやりたいと思います」と言って、“終わりなき旅”で締めくくられた。Mr.Childrenにとっても、70万人の一人ひとりにとっても、もっと大きなはずの自分を探す旅は、この先も続いていく。

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』日産スタジアム公演 ©osami yabuta
©osami yabuta

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』日産スタジアム公演 ©osami yabuta
©osami yabuta

イベント情報

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』

2017年6月10日(土)
会場:愛知県 ナゴヤドーム

2017年6月11日(日)
会場:愛知県 ナゴヤドーム

2017年6月17日(土)
会場:北海道 札幌ドーム

2017年6月29日(木)
会場:東京都 水道橋 東京ドーム

2017年6月30日(金)
会場:東京都 水道橋 東京ドーム

2017年7月4日(火)
会場:大阪府 京セラドーム大阪

2017年7月5日(水)
会場:大阪府 京セラドーム大阪

2017年7月15日(土)
会場:福岡県 ヤフオク!ドーム

2017年7月16日(日)
会場:福岡県 ヤフオク!ドーム

2017年8月5日(土)
会場:神奈川県 日産スタジアム

2017年8月6日(日)
会場:神奈川県 日産スタジアム

2017年8月12日(土)
会場:大阪府 ヤンマースタジアム 長居

2017年8月13日(日)
会場:大阪府 ヤンマースタジアム 長居

2017年8月26日(土)
会場:広島県 エディオンスタジアム広島

2017年9月9日(土)
会場:熊本県 熊本県民総合運動公園陸上競技場(えがお健康スタジアム)

プロフィール

Mr.Children
Mr.Children(みすたー ちるどれん)

1992年ミニアルバム『EVERYTHING』でデビュー。1994年シングル『innocent world』で第36回日本レコード大賞、2004年シングル『Sign』で第46回日本レコード大賞を受賞。“Tomorrow never knows”“名もなき詩”“終わりなき旅”“しるし”“足音 ~Be Strong”など数々の大ヒットシングルを世に送り出す。これまでに35枚のシングル、18枚のオリジナルアルバム、4枚のベストアルバムをリリース。

2017年6月から、全国ドーム&スタジアムツアー『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』を開催。7月26日、ニューシングル『himawari』をリリースした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nova Heart“My Song 9”

盛り上がりを見せる中国ミレニアル世代のなかでも要注目のバンド、Nova Heartの“My Song 9”MV。今週末開催の、中国ユースカルチャーを代表する実力派ミュージシャンが出演するイベント『秋音之夜』にも登場する彼女たちが、日本の夜にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。中国ミレニアルズの勢いは止まらない。(川浦)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真