レポート

下津光史(踊ってばかりの国)ら出演の『exPoP!!!!!』をレポ

テキスト
天野史彬
撮影:Uwabo Koudai 編集:山元翔一
下津光史(踊ってばかりの国)ら出演の『exPoP!!!!!』をレポ

結成1年の新鋭、all about paradiseが作り出す快楽空間

1月25日、音楽アプリ「Eggs」とCINRAの共同主催による無料音楽イベント『exPoP!!!!!』が、TSUTAYA O-nestにて開催された。

トップを飾ったのは、all about paradise。2017年1月に結成されたばかりだが、すでに『りんご音楽祭』にも出演している5ピースバンドだ。

all about paradise
all about paradise

all about paradise

「楽園の全て(=all about paradise)」というバンド名が示すように、彼らが鳴らすのは、強烈にトリッピーなコズミックファンク。ギター、ドラム、ベース、さらに2台のシンセサイザーやドラムパッドも駆使して展開される音世界は、かなり濃密、且つグルーヴィー。

サトーカンナ(Vo,Key)
サトーカンナ(Vo,Key)

ダビーなウワモノと腰にクるビートの相乗効果で、フロアを一気に快楽空間へと変貌させる。曲によってはメンバーが振り付けを踊り始めてしまうような、ステージ上のとにかく楽しそうな雰囲気もよかった。

all about paradise

all about paradise

「ROOKIE A GO-GO」出演のWanna-Gonnaが鳴らす、新世代の日本語ロック

2番手は、Wanna-Gonna。2016年には『FUJI ROCK FESTIVAL '16』の「ROOKIE A GO-GO」にも出演している5ピースバンドだ。

Wanna-Gonna
Wanna-Gonna

竹澤浩太郎(Vo.Gt)
竹澤浩太郎(Vo.Gt)

Wanna-Gonnaが鳴らすのは、新世代の日本語ロック。リズム&ブルースやロックンロールなど、アメリカ由来のポップミュージックを日本語でやることの必然性はどこにあるのか? Wanna-Gonnaは、そんな問いに真っ向から立ち向かう。

Wanna-Gonna

Wanna-Gonna

タイトなグルーヴ、ソウルフルなメロディー、竹澤浩太郎(Vo,Gt)と小口健太郎(Key)によるエモーショナルなハーモニー……音楽の歴史と自らの叫びを背負った、その全てに気迫を感じさせる熱演を披露した。

Wanna-Gonna

Wanna-Gonna

普遍的で、摩訶不思議。JAPPERSは時流やジャンルに縛られない

3番手に登場したのはJAPPERS。2017年、「KiliKiliVilla」よりアルバム『formulas and libra』をリリースした6ピースバンドだ。

JAPPERS
JAPPERS

JAPPERS

1960年代のThe Lovin' Spoonfulや1990年代のThe La'sのように、いつの時代にも、時の潮流に飲まれることなく「ポップの宝箱」を開陳するバンドはいるものだが、JAPPERSは、この2010年代に宝箱を開けてみせたバンドだと言えるだろう。

JAPPERS

1960年代型ポップス、アメリカーナ、サイケデリックロック、ギターポップ……その音から読み取れるキーワードはいくつもあるが、そのどれにも属さない、摩訶不思議な魅力を持った楽曲たち。その普遍的な輝きが、O-nestのフロアを照らし出した。

JAPPERS

JAPPERS

JAPPERS

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume105』

2018年1月25日(木)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
下津光史
JAPPERS
South Penguin
Wanna-Gonna
all about paradise
料金:無料(2ドリンク別)

プロフィール

all about paradise
all about paradise(おーる あばうと ぱらだいす)

東京を中心に活動するバンド。2017年1月に結成。6月にライブ活動を開始。8月に初の音源集『A.A.P. 1st. WORKS』を発売。9月に『りんご音楽祭2017』に出演。

Wanna-Gonna
Wanna-Gonna(わなごな)

竹澤浩太郎(Vo.Gt)、奥津誌朗(Gt)、高山静迪(Ba)、小口健太郎(Key)、砂井慧(Dr)からなる5人組バンド。中学時代に結成。大学在学中に砂井が加入し、本格的な活動を開始。2016年3月に3曲入り自主制作盤『THREE』をリリース。フジロック2016ルーキーステージ出演。2017年7月に初全国流通盤7インチシングル『New Town』、9月に1stミニアルバム『In the Right Place』をリリース。アメリカンルーツミュージックに敬意を表しつつ、現代の日本において、普遍的な音楽を鳴らすべく探究中。

JAPPERS
JAPPERS(じゃっぱーず)

2009年頃、高幡不動で結成した6人組。2013年に3か月連続7インチシングルのリリースを経て、2014年に「Dead Funny Records」より1stアルバム『Imginary Friend』をリリース。下北沢Threeを中心に活動、同世代のミュージシャンの間で大きな話題となる。2017年に「KiliKiliVilla」よりアルバム『formulas and libra』をリリース。1970年代の感性、90年代のリズム、アメリカ的な大きいサウンドと自在なメロディー、今の日本にはまったくいないタイプのバンドとして頭角を表す。ペダルスティールを自在に展開させ、リズムは重くしなやか、そしてボーカルの歌声は深く力強い。

下津光史
下津光史(しもつ こうじ)

1989年生まれ。尼崎出身。中学時代より複数バンドで活動し、2008年にバンド「踊ってばかりの国」を神戸で結成。作詞・作曲・ボーカルを担当。2011年より活動の拠点を東京に移し、今まで4枚のフルアルバムを発表。並行して弾き語りでのソロ活動も行なっている。2018年1月、初のソロフルアルバム『下津光史歌集』を発売。

South Penguin
South Penguin(さうす ぺんぎん)

2015年デビューEP『Alaska』をリリース。同年フジロック・フェスティバル『ROOKIE A GO-GO』にも出演。その後も精力的にライブ活動を続け、ミツメやDYGL、Taiko Super Kicks等ともステージを共にし、台湾での海外初ライブも成功させるなどライブにも一定の評価を集めている。2017年にはプロデューサーに元・森は生きているの岡田拓郎を、エンジニアにD.A.N.やスカートなどを手がける葛西敏彦をそれぞれ迎えた2nd EP『HOUSE』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために