特集 PR

驚きづくしだった、WANIMA幕張公演。ド派手な演出より映える3人

『WANIMA Everybody!! Tour』
テキスト
CINRA.NET編集部
2018/05/09
驚きづくしだった、WANIMA幕張公演。ド派手な演出より映える3人

計4.5万人を動員、幕張メッセ2デイズ公演

WANIMAの成長スピードがすさまじい。今から3年前の2015年4月、彼らはPIZZA OF DEATHからリリースされた1stミニアルバム『Can Not Behaved!!』のレコ発ツアーファイナルを渋谷TSUTAYA O-WEST(キャパ最大600人)で迎えた。それからほぼ2年後にはさいたまスーパーアリーナでの初ワンマンを成功させ、その1年後、つまり今年は幕張メッセ2デイズをソールドアウト。しかも夏には、7万人動員予定のメットライフドーム2デイズまで控えている。こんな状況、3年前には誰も想像していなかった。近年のロックシーンでは異例のスピードで、熊本出身の3人組は国民的ロックバンドへの階段を駆け登っている。

『WANIMA Everybody!! Tour』幕張メッセ公演(2018年4月22日。撮影:瀧本JON...行秀)

『WANIMA Everybody!! Tour』幕張メッセ公演(2018年4月22日。撮影:瀧本JON...行秀)
『WANIMA Everybody!! Tour』幕張メッセ公演(2018年4月22日。撮影:瀧本JON...行秀)

「ポップスター」と「ロックスター」の両方の地位を築き上げた

彼らが特異なのは、ロックバンドとして数多くのステージに立ち、全国を駆けずり回りながらも、地上波のテレビ番組やCMのタイアップなどを通じて、ポップアイコンとしてもお茶の間に浸透していることだ。以前であれば、テレビにばかり出ているロックバンド=セルアウト、というレッテルが貼られることもあった。しかし、WANIMAの場合そうはならない。その理由のひとつは、あらゆるメディアへのべつ幕なしに露出しているように見えて、しっかりと自分たちで取捨選択をした上でその一つひとつに全力で取り組んでいるのが伝わってくるからだ。これができるロックバンドはそういない。

ロッテ「爽」CMに、“シングル”が起用されている

WANIMAと大量の爽
WANIMAと大量の爽

さらにもうひとつの理由として挙げられるのが、WANIMAの歌詞だ。メンバーはどん底で打ちひしがれ、挫折を繰り返し、そこから這い上がってきた人間たちで、音楽がなかったらどうなっていたかわからないような危うさすらある。だからこそ生まれる歌詞は、かつての3人と同じような境遇に喘いでいる若者や大人の心に響きまくっている。

今やライブ以外の印象だけでも語られてしまうくらい、ポップスターとしても一定の地位を築いた彼らの現状に、「本当にすごい存在になったもんだ」と感心する。なぜなら、その一方でWANIMAというバンドは、いまだかつてないスケールの、とんでもないロックエンターテイメントを全国各地で繰り広げている「ロックスター」だからだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『WANIMA Everybody!! Tour』

2018年4月22日(日)
会場:千葉県 幕張メッセ

リリース情報

WANIMA『Drive』
WANIMA
『Drive』

2018年5月16日(水)配信リリース

イベント情報

『WANIMA Everybody!! Tour Final』

2018年8月25日(土)、8月26日(日)
会場:埼玉県 所沢 メットライフドーム
料金:7,400円(税込)
※アリーナスタンディングエリアは小学生以下入場不可

プロフィール

WANIMA
WANIMA(わにま)

KENTA(Vo, Ba, ワンチャン)、KO-SHIN(Gt, Cho, 無口)、FUJI(Dr, Cho, 食いしん坊)。2010年結成。東京都在住熊本県出身3ピースロックバンド。2014年10月「沢山の人達にWANIMAの音楽を届ける!!」をモットーに1stミニアルバム『Can Not Behaved!!』でデビュー。2015年11月に1stフルアルバム『Are You Coming?』をリリース。オリコンデイリーアルバムチャートでは11月4日付で1位、週間チャート4位を獲得し、iTunesチャートでも首位を獲得。2017年3月にはわずかデビュー後2年5か月で、10万人を超える応募が殺到した、さいたまスーパーアリーナの初ワンマンを大成功させ、日本を代表するロックバンドへと急成長を遂げた。そしてWarner Music Japan内レーベル:unBORDE(アンボルデ)と新たにタッグを組み勢いは更に加速する。2018年1月17日に全14曲を収録した待望のメジャー1stフルアルバム「Everybody!!」(読み:エビバデ)をリリースし、オリコンウィークリーチャート1位やiTunes週間アルバムランキング1位などを獲得!!様々な分野で開催しがちな日本代表WANIMAの勢いは止まらない、まさにチカラー!!である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察