特集 PR

驚きづくしだった、WANIMA幕張公演。ド派手な演出より映える3人

『WANIMA Everybody!! Tour』
テキスト
CINRA.NET編集部
2018/05/09
驚きづくしだった、WANIMA幕張公演。ド派手な演出より映える3人

計4.5万人を動員、幕張メッセ2デイズ公演

WANIMAの成長スピードがすさまじい。今から3年前の2015年4月、彼らはPIZZA OF DEATHからリリースされた1stミニアルバム『Can Not Behaved!!』のレコ発ツアーファイナルを渋谷TSUTAYA O-WEST(キャパ最大600人)で迎えた。それからほぼ2年後にはさいたまスーパーアリーナでの初ワンマンを成功させ、その1年後、つまり今年は幕張メッセ2デイズをソールドアウト。しかも夏には、7万人動員予定のメットライフドーム2デイズまで控えている。こんな状況、3年前には誰も想像していなかった。近年のロックシーンでは異例のスピードで、熊本出身の3人組は国民的ロックバンドへの階段を駆け登っている。

『WANIMA Everybody!! Tour』幕張メッセ公演(2018年4月22日。撮影:瀧本JON...行秀)

『WANIMA Everybody!! Tour』幕張メッセ公演(2018年4月22日。撮影:瀧本JON...行秀)
『WANIMA Everybody!! Tour』幕張メッセ公演(2018年4月22日。撮影:瀧本JON...行秀)

「ポップスター」と「ロックスター」の両方の地位を築き上げた

彼らが特異なのは、ロックバンドとして数多くのステージに立ち、全国を駆けずり回りながらも、地上波のテレビ番組やCMのタイアップなどを通じて、ポップアイコンとしてもお茶の間に浸透していることだ。以前であれば、テレビにばかり出ているロックバンド=セルアウト、というレッテルが貼られることもあった。しかし、WANIMAの場合そうはならない。その理由のひとつは、あらゆるメディアへのべつ幕なしに露出しているように見えて、しっかりと自分たちで取捨選択をした上でその一つひとつに全力で取り組んでいるのが伝わってくるからだ。これができるロックバンドはそういない。

ロッテ「爽」CMに、“シングル”が起用されている

WANIMAと大量の爽
WANIMAと大量の爽

さらにもうひとつの理由として挙げられるのが、WANIMAの歌詞だ。メンバーはどん底で打ちひしがれ、挫折を繰り返し、そこから這い上がってきた人間たちで、音楽がなかったらどうなっていたかわからないような危うさすらある。だからこそ生まれる歌詞は、かつての3人と同じような境遇に喘いでいる若者や大人の心に響きまくっている。

今やライブ以外の印象だけでも語られてしまうくらい、ポップスターとしても一定の地位を築いた彼らの現状に、「本当にすごい存在になったもんだ」と感心する。なぜなら、その一方でWANIMAというバンドは、いまだかつてないスケールの、とんでもないロックエンターテイメントを全国各地で繰り広げている「ロックスター」だからだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『WANIMA Everybody!! Tour』

2018年4月22日(日)
会場:千葉県 幕張メッセ

リリース情報

WANIMA『Drive』
WANIMA
『Drive』

2018年5月16日(水)配信リリース

イベント情報

『WANIMA Everybody!! Tour Final』

2018年8月25日(土)、8月26日(日)
会場:埼玉県 所沢 メットライフドーム
料金:7,400円(税込)
※アリーナスタンディングエリアは小学生以下入場不可

プロフィール

WANIMA
WANIMA(わにま)

KENTA(Vo, Ba, ワンチャン)、KO-SHIN(Gt, Cho, 無口)、FUJI(Dr, Cho, 食いしん坊)。2010年結成。東京都在住熊本県出身3ピースロックバンド。2014年10月「沢山の人達にWANIMAの音楽を届ける!!」をモットーに1stミニアルバム『Can Not Behaved!!』でデビュー。2015年11月に1stフルアルバム『Are You Coming?』をリリース。オリコンデイリーアルバムチャートでは11月4日付で1位、週間チャート4位を獲得し、iTunesチャートでも首位を獲得。2017年3月にはわずかデビュー後2年5か月で、10万人を超える応募が殺到した、さいたまスーパーアリーナの初ワンマンを大成功させ、日本を代表するロックバンドへと急成長を遂げた。そしてWarner Music Japan内レーベル:unBORDE(アンボルデ)と新たにタッグを組み勢いは更に加速する。2018年1月17日に全14曲を収録した待望のメジャー1stフルアルバム「Everybody!!」(読み:エビバデ)をリリースし、オリコンウィークリーチャート1位やiTunes週間アルバムランキング1位などを獲得!!様々な分野で開催しがちな日本代表WANIMAの勢いは止まらない、まさにチカラー!!である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生