特集 PR

驚きづくしだった、WANIMA幕張公演。ド派手な演出より映える3人

『WANIMA Everybody!! Tour』
テキスト
CINRA.NET編集部
2018/05/09
驚きづくしだった、WANIMA幕張公演。ド派手な演出より映える3人

計4.5万人を動員、幕張メッセ2デイズ公演

WANIMAの成長スピードがすさまじい。今から3年前の2015年4月、彼らはPIZZA OF DEATHからリリースされた1stミニアルバム『Can Not Behaved!!』のレコ発ツアーファイナルを渋谷TSUTAYA O-WEST(キャパ最大600人)で迎えた。それからほぼ2年後にはさいたまスーパーアリーナでの初ワンマンを成功させ、その1年後、つまり今年は幕張メッセ2デイズをソールドアウト。しかも夏には、7万人動員予定のメットライフドーム2デイズまで控えている。こんな状況、3年前には誰も想像していなかった。近年のロックシーンでは異例のスピードで、熊本出身の3人組は国民的ロックバンドへの階段を駆け登っている。

『WANIMA Everybody!! Tour』幕張メッセ公演(2018年4月22日。撮影:瀧本JON...行秀)

『WANIMA Everybody!! Tour』幕張メッセ公演(2018年4月22日。撮影:瀧本JON...行秀)
『WANIMA Everybody!! Tour』幕張メッセ公演(2018年4月22日。撮影:瀧本JON...行秀)

「ポップスター」と「ロックスター」の両方の地位を築き上げた

彼らが特異なのは、ロックバンドとして数多くのステージに立ち、全国を駆けずり回りながらも、地上波のテレビ番組やCMのタイアップなどを通じて、ポップアイコンとしてもお茶の間に浸透していることだ。以前であれば、テレビにばかり出ているロックバンド=セルアウト、というレッテルが貼られることもあった。しかし、WANIMAの場合そうはならない。その理由のひとつは、あらゆるメディアへのべつ幕なしに露出しているように見えて、しっかりと自分たちで取捨選択をした上でその一つひとつに全力で取り組んでいるのが伝わってくるからだ。これができるロックバンドはそういない。

ロッテ「爽」CMに、“シングル”が起用されている

WANIMAと大量の爽
WANIMAと大量の爽

さらにもうひとつの理由として挙げられるのが、WANIMAの歌詞だ。メンバーはどん底で打ちひしがれ、挫折を繰り返し、そこから這い上がってきた人間たちで、音楽がなかったらどうなっていたかわからないような危うさすらある。だからこそ生まれる歌詞は、かつての3人と同じような境遇に喘いでいる若者や大人の心に響きまくっている。

今やライブ以外の印象だけでも語られてしまうくらい、ポップスターとしても一定の地位を築いた彼らの現状に、「本当にすごい存在になったもんだ」と感心する。なぜなら、その一方でWANIMAというバンドは、いまだかつてないスケールの、とんでもないロックエンターテイメントを全国各地で繰り広げている「ロックスター」だからだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『WANIMA Everybody!! Tour』

2018年4月22日(日)
会場:千葉県 幕張メッセ

リリース情報

WANIMA『Drive』
WANIMA
『Drive』

2018年5月16日(水)配信リリース

イベント情報

『WANIMA Everybody!! Tour Final』

2018年8月25日(土)、8月26日(日)
会場:埼玉県 所沢 メットライフドーム
料金:7,400円(税込)
※アリーナスタンディングエリアは小学生以下入場不可

プロフィール

WANIMA
WANIMA(わにま)

KENTA(Vo, Ba, ワンチャン)、KO-SHIN(Gt, Cho, 無口)、FUJI(Dr, Cho, 食いしん坊)。2010年結成。東京都在住熊本県出身3ピースロックバンド。2014年10月「沢山の人達にWANIMAの音楽を届ける!!」をモットーに1stミニアルバム『Can Not Behaved!!』でデビュー。2015年11月に1stフルアルバム『Are You Coming?』をリリース。オリコンデイリーアルバムチャートでは11月4日付で1位、週間チャート4位を獲得し、iTunesチャートでも首位を獲得。2017年3月にはわずかデビュー後2年5か月で、10万人を超える応募が殺到した、さいたまスーパーアリーナの初ワンマンを大成功させ、日本を代表するロックバンドへと急成長を遂げた。そしてWarner Music Japan内レーベル:unBORDE(アンボルデ)と新たにタッグを組み勢いは更に加速する。2018年1月17日に全14曲を収録した待望のメジャー1stフルアルバム「Everybody!!」(読み:エビバデ)をリリースし、オリコンウィークリーチャート1位やiTunes週間アルバムランキング1位などを獲得!!様々な分野で開催しがちな日本代表WANIMAの勢いは止まらない、まさにチカラー!!である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会