特集 PR

CHAIは世界で闘えるのか? UKにてSuperorganismとの共演を観て

CHAI
インタビュー・テキスト
小田部仁
撮影:雨宮透貴 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
CHAIは世界で闘えるのか? UKにてSuperorganismとの共演を観て

12月19日に全国ツアー『CHAIいく!CHAIくる!トゥアートゥアートゥアー』のファイナル公演を行い、ニューアルバム『PUNK』のリリースも発表したCHAI。遡ること約2か月前、彼女たちはイギリス・ロンドンにいた——8人組多国籍バンド・Superorganismのツアーのサポートアクトに抜擢され、UK&アイルランドをかれらと共に廻ったCHAIはなにを得たのか、どのように海外のオーディエンスに受け止められたのか。2018年のCHAIの歩みを振り返りながら、10月24日にロンドンのO2 Shepherd's Bush Empireで行われた公演をレポートする。

夢の『グラミー賞』のために大きく動き始めた2018年

平成最後の1年は、CHAIで溢れていた。テレビをつけるとCHAI、ラジオから流れるCHAI、雑誌の特集でCHAI、インターネットにもCHAI、街を歩いていても気づけばCHAIがどこかから聴こえてくる……などと書くと、「いやいや、そこまで?」といぶかしく思う読者もいるかもしれないが、ひとりの音楽リスナーの体感としてはそれくらい彼女たちを目に、耳にする機会が今年は特に多かった。実際のところ、この1年で彼女たちの知名度がグンと高くなったのは紛れもない事実だと思う。

2018年、CHAIは本当に大忙しだった。5月にはEP『わがまマニア』、そして11月にシングル『GREAT JOB / ウィンタイム』をリリース。どちらもアルバム『PINK』(2017年10月リリース)以降の彼女たちの音楽的成長と野心を感じさせる素晴らしい作品だった。春から夏にかけては初のワンマンツアーである『Because ウィーアー・CHAIトゥアー』を完遂。『FUJI ROCK FESTIVAL』を始めとする各種大型フェスにも多数出演し、2018年の目標として掲げていた「CHAIなりのフェス映え」を有言実行した。そして、その歩みを止めることなく、国内ツアー『CHAIいく!CHAIくる!トゥアートゥアートゥアー』を敢行。12月19日に行われたZepp Tokyoファイナル公演では、来年2月13日に2ndアルバム『PUNK』をリリースすることも発表し、ファンの期待を煽った。

『FUJI ROCK FESTIVAL’18』にて(撮影:中磯ヨシオ)
『FUJI ROCK FESTIVAL’18』にて(撮影:中磯ヨシオ)
撮影:中磯ヨシオ
『CHAIいく!CHAIくる!トゥアートゥアートゥアー』12月19日Zepp Tokyo公演(撮影:中磯ヨシオ)
『CHAIいく!CHAIくる!トゥアートゥアートゥアー』12月19日Zepp Tokyo公演(撮影:中磯ヨシオ)

日本での活動を充実させる一方、今年は国外での活動が本格的に動き出した年でもあった。BURGER RECORDSやHeavenly Recordingsなどの海外レーベルと契約し、1stアルバム『PINK』を国外でもリリース。3月には昨年に引き続き、アメリカ・テキサス州オースティンで行われた大規模イベント『SXSW(サウスバイサウスウエスト)』に出演。9月には、アメリカ・ロサンゼルスとニューヨークで初のCHAI主催ライブを行った。どちらの会場にも、CHAIをインターネットの海から見つけた多数の現地ファンが押しかけ、日本語の歌詞やらリフやらを熱唱するなど、大変な盛り上がりだったらしい。しかも、ロスのライブにはCHAIのお爺ちゃん分とも言える(?)ニューウェイブバンドの始祖、DEVOのメンバーも観に来ていたとか。CHAIの4人は泣きながら、DEVOとバックステージでハグしたそうだ。

しかしながら、よく考えてみれば、CHAIは「世界3位になるニュー・エキサイト・オンナバンド」を標榜するバンドである。そもそも、彼女たちはデビュー以前から全米ツアーを行うなど、日本や海外というくくりに囚われずに世界をまるっと主戦場にしてきた。では、今年、特に彼女たちを取り巻く状況にどんな変化があったのか……というと、やはりCHAIというバンドが世界中のリスナーに広く知られるきっかけが増えたということではないだろうか。

例えば、10月17日にアメリカ・シカゴの音楽ウェブメディア『Pitchfork』が投稿したインタビュー記事「Meet Chai, the Eclectic Japanese Rock Band Redefining What It Means to Be Cute(かわいいの意味を再定義する、日本のエクレクティックなロックバンドーーCHAIをご覧あれ)」は、ネット上で非常に大きな評判を呼んだ(12月17日に発表された『Pitchfork』の「BEST ROCK ALBUMS 2018」の内の1枚にも選出された。これは近年稀に見る快挙と言っていいだろう)。Bon Iverのジャスティン・バーノンがこの記事を絶賛するなど、これまでの活動からは考えられなかったようなフィールドにまでCHAIの名前は広がりを見せている。

今年10月におよそ3週間に渡って行われたSuperorganismとのUK&アイルランドツアーもまた、CHAIというパンクでキュートでラディカルで、どこまでもオリジナルなこの日本のバンドを広く世界に知らしめる一助となった。2018年、最も話題を呼んだバンドであるSuperorganismとCHAIの邂逅はいかなるものだったのか。10月24日、ロンドン・O2 Shepherd's Bush Empireで行われた公演をレポートしていきたい。

CHAI。O2 Shepherd’s Bush Empire前にて
CHAI。O2 Shepherd’s Bush Empire前にて
Page 1
次へ

リリース情報

CHAI
『PUNK』(CD)

2019年2月13日(水)発売
OTEMOYAN record

イベント情報

Superorganism
『JAPAN TOUR 2019』

2019年1月22日(火)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST
ゲスト:CHAI

書籍情報

『Quick Japan vol.141』
『Quick Japan vol.141』

2018年12月21日(木)発売
価格:1,296円(税込)
発行:太田出版

プロフィール

CHAI
CHAI(ちゃい)

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、「NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド」、それがCHAI。誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、いきなりSpotify UKチャートTOP50にランクイン、2017年SXSW出演と初の全米ツアーも大成功、『FUJI ROCK FESTIVAL』ROOKIE A GO GO超満員を記録など、破天荒な活動を繰り広げる。そして期待値最高潮のなか17年10月に1stアルバム『PINK』をリリースし、オリコンインディーチャート4位、iTunes Alternativeランキング2位にランクイン。また日本テレビ系『バズリズム02』の「コレはバズるぞ2018」では1位にランクイン、第10回CDショップ大賞2018 入賞など、注目度が更に増す中、2月に『PINK』US盤をアメリカの人気インディーレーベルBURGER Recordsよりリリースし、3月にはアメリカ西海岸ツアーと2度目のSXSW 出演を大成功に収める!5月には3rd EP『わがまマニア』をリリースしApple Music/ iTunesオルタナティブランキング1位を獲得。更にアメリカに続き2018年8月にはイギリスの名門インディーレーベルHeavenly Recordingsよりデビューを果たし、10月には世界的に話題のバンドSuperorganismのワールドツアーUK/Ireland編に参加し全英13都市を回る!彼女たちに触れた君の21世紀衝撃度No.1は間違いなく「NEOかわいいバンド」、CHAIだよ!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進