特集 PR

CHAIは世界で闘えるのか? UKにてSuperorganismとの共演を観て

CHAI
インタビュー・テキスト
小田部仁
撮影:雨宮透貴 編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
CHAIは世界で闘えるのか? UKにてSuperorganismとの共演を観て

Superorganismを観て改めて確信「もっと自由に、思うがままに!」

終演後、CHAIは物販の側に立ち、集まった大勢のオーディエンスと記念写真を撮ったり、サインを書いたりしていた。「Amazing!(素晴らしい!)」や「Wonderful!(最高!)」など、投げかけられる熱を帯びた褒め言葉の数々に、はにかみながらも自信たっぷりに会話を交わす4人の姿を見ていると、なんだか誇らしいような気持ちすらした。

何人かのオーディエンスに今日のライブの感想を聞くと「演奏力がすごかった」「楽曲がポジティブなバイブスに溢れていて、とてもよかった」「NEOかわいいに共感した。クールなコンセプトだと思う」と、彼女たちの音楽の本質を捉えた答えが返ってきた。ところ変わっても、CHAIの音楽は誤解を受けることなく、真っ直ぐに伝わっているという印象を受けた。

 
 

2018年は、多忙を極め、自分たちの現在地を見失いかけていたというCHAI。ツアー最終日に行ったインタビューで彼女たちは、今回のSuperorganismとのツアーを「人生で一番と言ってもいいほど大きな経験だった。もっと自由に、もっとパンクに自分たちは自分たちのやりたいことをやっていいんだ」と、形容していた。4人は毎公演欠かさずに、オーディエンスたちに混じってSuperorganismのライブを食い入るように観ていた。かれらがライブで放つエネルギー、楽曲の強靭なポップネス、そして暴力的なまでの「自由さ」を目の当たりにして、CHAIは「子どものように自分たちのやりたいことをなにがなんでもやる、というのが大事」だと感じたという。

 
Superorganism
Superorganism

ツアー中は忙しい2組だけあり、なかなかスケジュールを都合するのに苦労したようだが、それでも合間を縫って、Superorganismの住むロンドンのシェアハウスに遊びに行ったり、レコーディングやジャムセッションも行ったそう。最終日にはお互い涙を浮かべながら別れを惜しむほど、強い絆を築いたCHAIとSuperorganism。かれらが過ごしたかけがえのない時間の記録は、12月21日発売予定のユースカルチャー誌『Quick Japan』(太田出版)でも大特集される予定なので、そちらもぜひご覧いただきたい。

1月にはSuperorganismのジャパンツアーの東京公演(追加公演)にて、CHAIの出演が決定している。深いリスペクトでつながったCHAIとSuperorganismのスペシャルなライブを、日本・東京で目撃できることが嬉しい。後に伝説として語られる一夜になることは間違いないだろう。

「もっとパンクに、自由に、思うがままに!」——SuperorganismとのUK&アイルランドツアーを経て、初期衝動に立ち返り、新たな翼を得たCHAIの2019年はきっと、もっと自由で、もっとラディカルで、もっとワクワクするようなものになるに違いない。どうやら、来年もCHAI(そして、Superorganism)にまみれる1年になりそうである。

『CHAIいく!CHAIくる!トゥアートゥアートゥアー』ツアーファイナルを終えた直後のCHAI(撮影:中磯ヨシオ)
『CHAIいく!CHAIくる!トゥアートゥアートゥアー』ツアーファイナルを終えた直後のCHAI(撮影:中磯ヨシオ)
Page 3
前へ

リリース情報

CHAI
『PUNK』(CD)

2019年2月13日(水)発売
OTEMOYAN record

イベント情報

Superorganism
『JAPAN TOUR 2019』

2019年1月22日(火)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-EAST
ゲスト:CHAI

書籍情報

『Quick Japan vol.141』
『Quick Japan vol.141』

2018年12月21日(木)発売
価格:1,296円(税込)
発行:太田出版

プロフィール

CHAI
CHAI(ちゃい)

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、「NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド」、それがCHAI。誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、いきなりSpotify UKチャートTOP50にランクイン、2017年SXSW出演と初の全米ツアーも大成功、『FUJI ROCK FESTIVAL』ROOKIE A GO GO超満員を記録など、破天荒な活動を繰り広げる。そして期待値最高潮のなか17年10月に1stアルバム『PINK』をリリースし、オリコンインディーチャート4位、iTunes Alternativeランキング2位にランクイン。また日本テレビ系『バズリズム02』の「コレはバズるぞ2018」では1位にランクイン、第10回CDショップ大賞2018 入賞など、注目度が更に増す中、2月に『PINK』US盤をアメリカの人気インディーレーベルBURGER Recordsよりリリースし、3月にはアメリカ西海岸ツアーと2度目のSXSW 出演を大成功に収める!5月には3rd EP『わがまマニア』をリリースしApple Music/ iTunesオルタナティブランキング1位を獲得。更にアメリカに続き2018年8月にはイギリスの名門インディーレーベルHeavenly Recordingsよりデビューを果たし、10月には世界的に話題のバンドSuperorganismのワールドツアーUK/Ireland編に参加し全英13都市を回る!彼女たちに触れた君の21世紀衝撃度No.1は間違いなく「NEOかわいいバンド」、CHAIだよ!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄