特集 PR

フラワーカンパニーズが30周年の始まりに発した、3つの熱い言葉

『フラワーカンパニーズ30周年幕開けワンマンライブ「フラカン30周年のはじまりはじまり」』
テキスト
天野史彬
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
フラワーカンパニーズが30周年の始まりに発した、3つの熱い言葉

未だに1stアルバムの曲を「最高傑作」と語る

この日はレアな曲も披露されたが、特筆すべきは、1995年にリリースされた1stフルアルバム『フラカンのフェイクでいこう』の1曲目、“むきだしの赤い俺”だろう。おそらく、今のフラカンからは出てこないであろう、刺々しいヘヴィネスを響かせるこの曲の演奏後、鈴木はこう語った。「この曲は24歳くらいの頃に作った曲で。今までフラカンでボツ曲も含めて300曲以上は作ったけど、この“むきだしの赤い俺”が、俺は最高傑作だと思ってます。未だに、この曲を超える曲は作れていない」。

フラワーカンパニーズ“むきだしの赤い俺”を聴く(Apple Musicはこちら

それを聞いたとき、「30年目にして、なんてすごいことを言うのだろう!」と驚いた。この2019年に、「“むきだしの赤い俺”がフラカンの最高傑作である」と断言する人が、この世界に一体、どれほどいるのだろうか。「いい曲だ」と思ったり、深い思い入れを持ったりする人はいるだろうが、「最高傑作」と言い切る人は、そうはいないのではないだろうか。30年来、一緒にステージに立っているグレートマエカワ(Ba)、竹安堅一(Gt)、ミスター小西(Dr)の3人も、「いや、いい曲だとは思うけど……」というような雰囲気で鈴木の発言を聞いている。

この日は、鈴木とマエカワが中学時代の修学旅行で一緒に浅草に来たというMCでじゃれ合うように盛り上がったり、メンバー紹介で鈴木が他の3人を「親友」なんて呼ぶ場面もあって、30年間保たれ続けてきたバンドの純粋な絆の深さを感じさせもしたが、同じくらい、この「“むきだしの赤い俺”最高傑作」発言は、30年間、あるいはもっと長い間、どんな熱心なファンでも、スタッフでも、評論家でも、バンドメンバーですらも、わかち合うことのできない鈴木圭介の孤独が、唐突にニョキッと顔を出した瞬間のようだった。

撮影:新保勇樹
撮影:新保勇樹

フラワーカンパニーズが発する「なんとかなる」の言葉の重み

中盤、“春の手前”から“あったかいコーヒー”“ハイエース”、そして“なんとかなりそう”へと、ゆったりとしたテンポ感を基調とした楽曲が続いた場面も素晴らしかった。“春の手前”や“あったかいコーヒー”の柔らかな旋律に導かれるようにしてはじまった、オリジナルアルバムとしては最新作となる『ROLL ON 48』に収録された“ハイエース”は、「どんぶらこ~、どんぶらこ~」と川を流れる大きな桃のように、長き道のりをゆらゆらと進んでいくバンドの「これまで」と「この先」を、穏やかに、雄大に描いているように響いていた。

そして“なんとかなりそう”は、1996年発表の3rdアルバム『俺たちハタチ族』の最後に収録された曲で、鈴木曰く「この頃から、今のフラカンの形ができ上がってきた」という。

フラワーカンパニーズ“なんとかなりそう”を聴く(Apple Musicはこちら

撮影:新保勇樹
撮影:新保勇樹
撮影:新保勇樹

この日、本編の最後に演奏されたのは最新作『ROLL ON 48』に収録された“最後にゃなんとかなるだろう”だった。「なんとかなる」――ずっと変わらず、フラカンはこの一言をいろんな人たちに伝えたり、自分たちに言い聞かせたりしてきたのだと思う。なんとかなる。そんな言葉を胸に、忘れそうになったら、また手繰り寄せて。そうやってフラカンというバンドは、進んできたのだと思う。

本編が終了したあと、アンコールで再びステージに上がった際、鈴木はメンバーに向けてこんなことを言っていた。「まだまだ、これからだけど、まぁまぁやってきたほうじゃない?」。そして、最後に演奏された“サヨナラBABY”のあと、「今日からがはじまりです。このロクでもないバンドを愛してやってください!」と、客席に向けて力強く叫んで見せた。それに応える大きな拍手に包まれて、フラカンの30周年がはじまった。

撮影:新保勇樹
撮影:新保勇樹
撮影:新保勇樹
撮影:新保勇樹
Page 2
前へ
『フラワーカンパニーズ30周年幕開けワンマンライブ「フラカン30周年のはじまりはじまり」』

2019年2月2日(土)
会場:東京都 浅草公会堂

イベント情報

『フラワーカンパニーズ presents DRAGON DELUXE DELUXE ~30周年スペシャル~』

2019年10月4日(金)
会場:愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
出演:
フラワーカンパニーズ and more

『フラワーカンパニーズ・ワンマンツアー「30年のキセキ」』

2019年4月11日(木)
会場:大阪府 十三FANDANGO

2019年4月13日(土)
会場:熊本県 熊本Django

2019年4月14日(日)
会場:宮崎県 宮崎SR BOX

2019年4月16日(火)
会場:香川県 高松DIME

2019年4月20日(土)
会場:山梨県 甲府CONVICTION

2019年4月21日(日)
会場:新潟県 上越EARTH

2019年4月23日(火)
会場:京都府 京都磔磔

2019年5月13日(月)
会場:東京都 新代田FEVER

2019年5月16日(木)
会場:北海道 札幌COLONY

2019年5月18日(土)
会場:岩手県 盛岡CLUB CHANGE

2019年5月19日(日)
会場:岩手県 盛岡CLUB CHANGE

2019年5月25日(土)
会場:石川県 金沢AZ

2019年5月26日(日)
会場:徳島県 徳島club GRINDHOUSE

2019年6月8日(土)
会場:栃木県 HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2

2019年6月9日(日)
会場:茨城県 水戸LIGHT HOUSE

2019年6月14日(金)
会場:宮城県 仙台enn 2nd

2019年6月20日(木)
会場:兵庫県 神戸太陽と虎

2019年6月22日(土)
会場:福岡県 小倉FUSE

2019年6月23日(日)
会場:広島県 広島SECOND CLUTCH

2019年6月29日(土)
会場:鹿児島県 奄美大島ASIVI

2019年6月30日(日)
会場:鹿児島県 奄美大島JUICE

『鈴木圭介 50歳お誕生日企画「鈴木圭介、40代最後の夜」』

2019年4月29日(月・祝)
会場:愛知県 名古屋 Electric Lady Land
出演:
フラワーカンパニーズ
EARTHSHAKER

『鈴木圭介 50歳お誕生日企画「平成ラストと鈴木圭介誕生日」』

2019年4月30日(火)
会場:愛知県 名古屋 Electric Lady Land
※ワンマンライブ

リリース情報

『フォークの爆発第1集 ~29~』
フラワーカンパニーズ
『フォークの爆発第1集 ~29~』(CD)

2018年8月1日(水)発売
価格:3,000円(税込)
XQNG-1002

1 夕焼け
2 涙よりはやく走れ
3 元気ですか
4 MY LIFE WITH A DOG
5 夏に生きる
6 29
7 宙ぶらりんの君と僕
8 ヒコーキ雲
9 はじまりのシーン
10 帰り道

プロフィール

フラワーカンパニーズ
フラワーカンパニーズ

名古屋が生んだ「日本一のライブバンド」フラワーカンパニーズ。通称フラカン。Vocal:鈴木圭介、Bass:グレートマエカワ、Guitar:竹安堅一、Drums:ミスター小西の4人組。1989年、地元の同級生によって結成され、95年メジャーデビュー。6枚のアルバム&12枚のシングルをリリース後、2001年メジャーを離れ、インディーズレーベル「TRASH RECORDS」にて活動。「自らライブを届けに行く事」をモットーに活動、大型フェスから小さなライブハウスまで日本全国津々浦々…メンバー自ら機材車に乗り込み、年間で100本を超える怒涛のライブを展開(機材車走行距離は年間軽く40000kmを超え、その距離は地球1周分に相当する)。2008年11月、12枚目のアルバム『たましいによろしく』を7年8か月振りにメジャーよりリリース。以降、コンスタントにライブとリリースを重ね、「メンバーチェンジ&活動休止一切なし」4人揃って結成26周年目の2015年12月19日、自身初となる日本武道館公演『フラカンの日本武道館 ~生きててよかった、そんな夜はココだ!~』を開催、チケットをSOLD OUT させ、大成功を収めた。2017年再びメジャーを離れ自分たちのレーベル「チキン・スキン・レコード」を設立、9月6日に16枚目となるフルアルバム『ROLL ON 48』を発売。そして2019年結成30周年を控えた2018年夏、初のアコースティック・セルフカヴァーアルバム『フォークの爆発第1集 ~29~』を発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施