レビュー

タランティーノ新作は「映画愛」の結晶。レオ×ブラピ共演作レビュー

テキスト
小野寺系
編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)
タランティーノ新作は「映画愛」の結晶。レオ×ブラピ共演作レビュー

全ての映画ファンに贈る最高傑作が、8月30日から日本公開

「この9作目が好評だったら10作目はない」

圧倒的な個性と優れたセンスで傑出した映画を撮り続けてきたクエンティン・タランティーノ監督は、かねてより10作品を撮りあげた時点で映画監督を引退すると宣言していた。そして場合によっては、その予定を早め、9作目である『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を最後の作品にする可能性があることを、雑誌のインタビューで示唆することになった。

いったい、なぜ引退するのか? なぜ本作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を最後の監督作にするかもしれないのか? その疑問は、本作を鑑賞することで氷解することになるだろう。素晴らしいことに、いや、残念ながらと言うべきか、9作目となった本作は、間違いなくタランティーノの代表作となるだろう傑作であり、そのクライマックスでは、これまでの集大成となる映画への愛情が結晶となり、全ての映画ファンへプレゼントされるのである。ここまでの作品を世に出してしまえば、思い残すことはないと考えてもおかしくはない。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告編

ディカプリオ×ブラピ。セレブリティが集う60年代ハリウッドの人・街・文化を鮮やかに描き出す

本作の舞台は、60年代のハリウッド。かつて隆盛を極めた西部劇が衰えを見せていた時代である。レオナルド・ディカプリオ演じる落ち目の俳優リック・ダルトン、そしてブラッド・ピットが演じる、長く彼のスタントマンを担当してきたクリフ・ブースのふたりが、そこで生きる主人公だ。

ハリウッドを代表する俳優二人の夢のような共演
ハリウッドを代表する俳優二人の夢のような共演

かつて誰もが知るスターだったリックは、「イタリア映画にでも出たら?」と薦められるほど人気が低迷し、落ち込んでアルコールに逃げるなど自堕落な生活を送っており、クリフもまた仕事を干され、リックの運転手として彼の送迎をしたり、邸宅の雑用をこなす毎日。この役には、彼らが30年もの間ハリウッドで生きてきた実感も込められている。ブラッド・ピットの端正な顔にカメラが寄ると、歴史の重さを象徴する、深く刻まれた皺の数々が映し出される。

元戦争の英雄でもある、ブラッド・ピット演じるクリフ・ブース。56歳とは思えない肉体美を披露する一幕も
元戦争の英雄でもある、ブラッド・ピット演じるクリフ・ブース。56歳とは思えない肉体美を披露する一幕も

苦境のなかでも、彼らの生きる世界は輝いている。きらめくネオンに彩られたロサンゼルスの街なみ、セレブリティの集う華やかなパーティー、そしてスタジオのセットでの活気のある撮影風景……。映画を作ることの素晴らしさが、変わりゆく時代の情景とともに美しく描かれていく。さらに本作では、タランティーノ監督がこよなく愛するイタリア製西部劇マカロニ(スパゲティ)・ウェスタンへの愛情も描かれる。

本作をひとことで表すなら、「映画へのラブレター」となるだろう。タランティーノ監督は、自身が生まれた年代における憧れの世界を、ボロボロになって忘れられてゆく男たちの姿とともに再現していくのだ。

タランティーノ作品に通底する「しっかり染みた」味わい深さ

タランティーノ作品の大きな魅力は、どこを切っても「味が染みている」という点にある。登場人物たちの、本筋に関係のないムダ話や、画面に映るディテールの豊さなど、どのシーンを見ていても充実感、多幸感にあふれている。それを表面的に真似しようとしても、なかなか味が出せていない作品は多い。なぜタランティーノ監督の作品には、そのような魔法がかかっているのだろうか? 本作は、その理由が解き明かされる映画でもある。

もう若くはない俳優リックは、自分がハリウッドから去りゆく運命であることを知り、日々のプレッシャーを酒でごまかしながら、なんとかやり過ごしている。それは斜陽化する西部劇そのものを象徴しているようにも感じられる。そんな彼の苦悩から生み出される演技には、ボロボロだからこそ獲得した味がある。皮肉にも、人気がなくなったとき、彼は本物の役者の道を歩み始めたように見えるのだ。

強烈な演技が光る、ディカプリオ演じるリック・ダルトン
強烈な演技が光る、ディカプリオ演じるリック・ダルトン
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

2019年8月30日(金)から全国公開

出演:
レオナルド・ディカプリオ
ブラッド・ピット
マーゴット・ロビー
エミール・ハーシュ
マーガレット・クアリー
ティモシー・オリファント
ジュリア・バターズ
オースティン・バトラー
ダコタ・ファニング
ブルース・ダーン
マイク・モー
ルーク・ペリー
ダミアン・ルイス
アル・パチーノ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図