alcott

あるこっと
alcott

2010年8月結成。神戸出身のロックバンド。全てのソングライティングを担うVo&Gt貴田宰司の冒頭から結びまで丁寧に綴る歌詞とメロディーは、年齢や性別を問わず多くのリスナーの支持を受け、過去多数のタイアップを獲得。アーティストやアイドルなどの著名人もオススメバンドにalcottの名前を挙げるなど、リスナーだけでなく業界関係者にも絶大な支持を誇る。地元神戸で毎年開催する自主企画のサーキットイベント『BUTAFES』は年々規模を拡大し、昨年は1000人SOLD OUT。2017年5月にリリースした初の全国流通アルバム『YELL』は収録曲「さくらの麓」が全国FM13局のパワープレイを獲得!!好セールスを記録し話題に。そして、2018年「代々木ゼミナール」のCMソングに書き下ろしにて楽曲提供した「スーパーノヴァ」が決定。TVCMが全国で多数オンエアされるさらには3月から4か月連続で恋愛をテーマに制作した楽曲を配信リリース。「LOVE LETTERS」と題し、ありそうでなかった楽曲×小説×ドラマがコラボラレーションしたプロジェクトを立ち上げる。人気ライターのカツセマサヒコや森崎ウィンなど豪華キャストを起用し各所で話題に。自身初となる東京、大阪ワンマンも大成功に終え、サポートドラマーの小浦哲郎が正式メンバーとして加入、4人体制になり、満を持してMastard Recordsからアルバム『あまのじゃくし』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表