特集 PR

『ブンミおじさんの森』アピチャッポン・ウィーラセタクン監督インタビュー

『ブンミおじさんの森』アピチャッポン・ウィーラセタクン監督インタビュー

インタビュー・テキスト
小林宏彰
撮影:菱沼勇夫

「この映画には、私が見たこともないファンタジーがあった。それは美しく、まるで不思議な夢を見ているようだった」。『カンヌ国際映画祭』で審査委員長をつとめたティム・バートンがそう賞賛した、タイ映画初となるパルム・ドール受賞作『ブンミおじさんの森』が、3月5日より日本公開を迎える。余命わずかな主人公・ブンミが前世や過去と邂逅するファンタジードラマであり、生と死への鋭く優しい眼差しや斬新なイマジネーションが世界中で注目されている話題作だ。今作を生んだ映画監督、アピチャッポン・ウィーラセタクンにインタビューを行い、作品に込めた想いを聞いた。

(インタビュー・テキスト:小林宏彰 撮影:菱沼勇夫)

昔から、謎めいた雰囲気が好きなんです

―『ブンミおじさんの森』は流れている時間がゆるやかで、観客が豊かな時間を過ごすことができる映画だと思います。演出面で意識されたのはどんなことでしょうか?

AP:私はタイの出身ですが、子どもの頃に見た映画やマンガ、テレビで感じていたリズムを表現したいという思いは持っていました。当時の記憶を辿って作品の中に生かし、シーンごとにテンポやリズムを意図的に変える演出もしています。

『ブンミおじさんの森』アピチャッポン・ウィーラセタクン監督インタビュー
アピチャッポン・ウィーラセタクン監督

―夜のシーンが特に多かったですね。

AP:夜の雰囲気は誰にとっても不気味だと思いますが、私は怖いけれどもちょっと楽しい、謎めいた雰囲気が好きなんですね。幼い頃は、家が点々と建つ小さな町に住んでいたので、友達の家に遊びに行くにもひとりぼっちで森や山の中を歩かなければいけなかったんです。帰りは夜になることもあって、真っ暗闇の中で自分の足音だけが聞こえている、という経験が印象深く記憶に残っています。

『ブンミおじさんの森』アピチャッポン・ウィーラセタクン監督インタビュー
©A Kick the Machine Films

―突如幽霊が現れるシーンでの、ブンミおじさんたちの驚いた表情がすごく自然でした。役者さんたちにはどのように演じてもらいたいと思っていたのでしょう?

AP:やはり「小さい頃にテレビで観ていたイメージ」に近づけたいと考え、そのように演出しています。役者にそのイメージを伝えるのは難しいのですが、ブンミを演じたタナパット・サーイセイマーは43歳で、私と年齢が近いんです。そのため、テレビの記憶はある程度共有しており、それを頼りに演じてもらいました。実はあのシーン、私は決して自然な表情だとは思っていないんですよ。昔のテレビでよくあった棒読みの演技というか、ちょっと不自然な感じを意識して演出しました。

Page 1
次へ

イベント情報

『ブンミおじさんの森』

2011年3月5日(土)よりシネマライズほか全国順次ロードショー

監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
出演:
タナパット・サーイセイマー
ジェンチラー・ポンパス
サックダー・ケァウブアディー
ナッタカーン・アパイウォン
提供:シネマライズ
配給:ムヴィオラ

『BANGKOK SUMMER NITE!2011最速猛暑宣言!』

2011年3月26日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 六本木スーパーデラックス
出演:
ウィスット・ポンニミット
Penguin Villa
Stylish Nonsense
Kiiiiiii

料金:予約3,000円 ブンミ割引2,500円 当日3,500円(ドリンク別)
※22:00以降は入場無料(1ドリンク別)

プロフィール

アピチャッポン・ウィーラセタクン

1970年生まれ、タイ出身。コンケーン大学で建築を学び、24歳の時にシカゴ美術館附属シカゴ美術学校に留学、映画の修士課程を修了する。2000年に完成させた初長編『真昼の不思議な物体』でデビュー。フィクションだけでなくドキュメンタリーや短編映画、インスタレーションも制作し、アート分野でも世界的に活躍している。過去の作品は山形国際ドキュメンタリー映画祭や東京フィルメックス、東京で行われた個展などで上映されてきたが、日本での劇場公開は今作が初。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Teen Daze“First Rain with S. Carey”

今年2月に発表されたアルバム『Themes for Dying Earth』より新たなPVが公開。Bon IverのバンドメンバーS・キャリーをフィーチャーした同曲。自然が発する壮大なエネルギーと、見知らぬ男女が出会い、互いの心に触れようとする様子が美しく紡ぎ出されている。(飯嶋)