特集 PR

注目新人D.A.N.、音楽が短命な時代に反旗を翻す22歳の快進撃

注目新人D.A.N.、音楽が短命な時代に反旗を翻す22歳の快進撃

D.A.N.『D.A.N.』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:飯嶋藍子

2015年後半、取材現場やライブハウスで「D.A.N.いいよね」という言葉を何度交わしたことだろうか。櫻木大悟、市川仁也、川上輝という現在22歳の三人によるD.A.N.が本格的に活動を開始してからはまだ2年も経っていない。

しかし、その独自の音楽性が徐々に話題を集めると、昨年7月のデビューEP『EP』発表を機に、多くの音楽ファンが彼らについて熱心に語り始めた。4月に発表されたファーストアルバム『D.A.N.』は、その期待に見事応えてみせる素晴らしい作品であり、世代やジャンルを超え、新たな潮流が生み出される可能性を確かに感じさせるものだ。

今回はD.A.N.を現体制での初ライブから見守り続けている渋谷WWWのブッキング・三條亜也子を迎え、メンバーとともにこれまでの歩みを振り返ってもらった。ロックバンドの編成でダンスミュージックを昇華した楽曲のクオリティーの高さはもちろん、その音楽は彼らのクリエイティブに対する強い信念が反映されたものであり、だからこそ、現在彼らが大きな注目を集めているのだということが、はっきりと伝わるのではないかと思う。

メンバーが六人だったときに、「人間関係って何なんだろう?」っていうホント究極的なとこまで死ぬほど話し合ったんですよ。(櫻木)

―三條さんはいつどうやってD.A.N.のことを知ったのでしょうか?

三條:WWWで、フレッシュな注目アーティスト3組が出演する、エントランス1,000円の『NEWWW(ニュー)』っていうイベントをレギュラーでやっているんですけど、2014年8月に開催したその第1回に、Aun beatz(櫻木と市川が参加していたヒップホップバンド)に出てもらったんです。そのときにD.A.N.が三人組として活動を始めるっていう話を聞いて、その翌月に晴れ豆(代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」)での初ライブを観に行きました。そのライブがかっこよかったし、とても印象的で。それからです。

―特にどんな部分に惹かれたのでしょうか?

三條:今思うとすごくダサい言葉なんですけど、「君たちはホントにキラ星三人組だね」みたいなことを言っていて(笑)。

櫻木(Gt,Vo,Syn):言ってた!(笑)

三條:でも、その言葉が自分としてはすごく腑に落ちたんです。バンドの中の誰かが際立っているわけじゃなくて、三人の役割とか重要性みたいなもののバランスが絶妙だなって。

櫻木大悟
櫻木大悟

―D.A.N.は当初六人組として活動をスタートして、その後現在の三人組になったそうですね。いま三條さんがおっしゃったような三人のバランスにはどの程度自覚的だったのでしょうか?

川上(Dr):六人組で始めたものの、3か月くらい曲ができなくて、「これはどうしようもないね」って話し合って残ったのがこの三人なんです。僕と(市川)仁也は高校から一緒にバンドをやっていて、プラス(櫻木)大悟っていうのが一番面白いかなって。古着屋に行ったり、音楽と関係ないところでも普段から一緒にいる三人でもあったんですよね。

川上輝
川上輝

櫻木:単純に、この三人でいるときが一番ワクワクして、この感じで音楽作れたらいいなって。六人だったときに、「人間関係って何なんだろう?」っていうホント究極的なとこまで死ぬほど話し合ったんですよ。その結果、バンドをやるにあたってメンバーのバランスが一番重要だと思ったんです。

川上:六人で始めたときにはあまりなかった自我も、活動していくうちに生まれてきて、それがぶつかっちゃったんです。音楽的な成長とともに、それぞれがバンドをどう進めたらいいかを考えた上で、改めて集まったのがこの三人だったっていう。やっぱり、誰か一人が力を持ったり、アンバランスになっちゃうと、バンドって長くは続かないですよね。演奏していても楽しくないし、アイデアもあんまり出てこない。何でも言い合える関係性を目指しました。

―世の中にはいわゆるワンマンバンドっていうのも存在するけど、そうじゃなくて、メンバー全員がクリエイティブに関与するバンドを目指したと。

市川(Ba):ワンマンバンドの作詞作曲してる人以外の人って、完全にプレイヤーで、自分の弾くパートをちょっとアレンジするくらいだし、ほとんどバックバンドみたいなものじゃないですか? それはつまんないなって。音楽をやるからには、自分も「作る」部分に関わりたいと思いますね。

市川仁也
市川仁也

―そこに行きついたのが早いですよね。普通、大学生のときはもっと無邪気にバンドをやって、卒業くらいのタイミングでそういうことと向き合う気がする。

三條:私は彼らと話していて、そんなに歳の差を感じないというか、ホントに一人ひとりがよく考えてるし、コミュニケーションも真剣に考えていることが伝わります。何かに無意識で従っちゃっているような感じではないんですよね。突き詰めて考えたり話し合って来た経緯がとても重要なことだったのだろうなと思うし、自分自身そんな彼らの姿に学ぶことは多いです。

櫻木:単純に、ちょっと好奇心旺盛で、いろんなことを試してきたっていうのはあるかもしれない。あと今思うと、六人時代のまったく曲ができない混沌とした時期に「曲がよくなれば、自分のパートはどうなってもいい」みたいな、プロデューサー感覚が初めてそれぞれに芽生えたかもしれないですね。

川上:前にやっていたバンドは「できないから、俺やっちゃうわ」って結果的に一人で作っちゃう感じだったんですけど、それに違和感を持ち始めて、三人ともちゃんとプロデュースできるバンドが一番クリエイティブだなって思ったんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

D.A.N.『D.A.N.』
D.A.N.
『D.A.N.』(CD)

2016年4月20日(水)発売
価格:2,484円(税込)
SSWB-002

1. Zidane
2. Ghana
3. Dive
4. Native Dancer
5. Time Machine
6. Navy
7. Curtain
8. Pool

イベント情報

『1st Album「D.A.N.」Release One Man Live!!』

2016年5月20日(金)OPEN 18:45 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:
D.A.N.
Albino sound(オープニングアクト)
料金:前売2,800円(ドリンク別)
※SOLD OUT

『D.A.N. Release Tour “Curtain”』

2016年6月25日(土)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:北海道 札幌 KRAPS HALL
出演:
D.A.N.
The fin.
never young beach
ハルカトミユキ

2016年7月3日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:宮城県 仙台 enn 2nd
出演:
D.A.N.
never young beach
Suchmos
※SOLD OUT

2016年7月6日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 梅田 Shangri-La
出演:
D.A.N.
and more

2016年7月7日(木)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:愛知県 名古屋 APOLLO BASE
出演:
D.A.N.
and more

料金:各公演 前売3,000円(ドリンク別)

『GREENROOM FESTIVAL 2016』

2016年5月22日(日) 会場:神奈川県 横浜 赤レンガ地区野外特設会場

『シャムキャッツ presents「EASY TOUR」』
2016年6月2日(木)
会場:京都府 磔磔
出演:
シャムキャッツ
D.A.N.

『小林うてなVATONSEリリースライブ』

2016年6月11日(土)
会場:東京都 渋谷 CIRCUS TOKYO
出演:
小林うてな
yahyel
D.A.N.

『UNIT2016MayJunJul「with」』

2016年6月30日(木)
会場:東京都 代官山 UNIT
出演:

D.A.N.

プロフィール

D.A.N.
D.A.N.(だん)

2014年8月に、櫻木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。『FUJI ROCK FESTIVAL '15《Rookie A Go Go》』に出演。

三條亜也子(さんじょう あやこ)

1987年生まれ。2010年渋谷スペイン坂にオープンしたライブスペース「WWW」の立ち上げに携わり、ブッキング・PRを担当。「WWW」は2016年9月、上階に2号店をオープン予定。

関連チケット情報

2017年5月28日(日)
ROVO
会場:日比谷野外大音楽堂(東京都)
2017年6月10日(土)〜6月11日(日)
THE CAMP BOOK 2017
会場:プレジデントリゾート軽井沢内 earth smile village(群馬県)
2017年6月10日(土)〜6月11日(日)
THE CAMP BOOK 2017〈2日通し入場券〉
会場:プレジデントリゾート軽井沢内 earth smile village(群馬県)
2017年7月1日(土)〜7月8日(土)
Spangle call Lilli line
会場:JAMMIN’(愛知県)
2017年8月3日(木)
toe/D.A.N.
会場:LIQUIDROOM(東京都)
2017年8月11日(金)〜8月12日(土)
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO
会場:石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ(北海道)
2017年8月18日(金)
SONICMANIA
会場:幕張メッセ(千葉県)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)