特集 PR

ベッド・インが語る、報われない恋の歌に重ねられた女の生き様

ベッド・インが語る、報われない恋の歌に重ねられた女の生き様

ベッド・イン『男はアイツだけじゃない』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:田中一人 編集:山元翔一
2017/03/03
  • 135

ベッド・インのメジャー1stシングル『男はアイツだけじゃない』が素晴らしい。相変わらず、むせ返るほどにバブリーなオイニーが充満してはいるのだが、楽曲のスケール感は圧倒的にパワーアップしているし、そのうえ、この作品には現代的な問いかけがある……ような気がする。

中尊寺まい作詞の“男はアイツだけじゃない”も、益子寺かおり作詞のカップリング曲“劇場の恋”も、主人公は愛する人に対する報われない想いを抱いている。前者は「アイツ」という過去の呪いを解こうともがき、後者は「時間を止めてしまいたい」と、一時の愛に身を預けていく。

このシングルは、「恋愛」という、人間にとってとても根源的な他者との関わり合いを通して、この世界における個人の在り方を問いかける作品だ。そういう意味では、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や、あるいは、2016年を代表する傑作アルバム、Beyonceの『Lemonade』に通じるかもしれない。いや、相変わらずバブリーなんですけど。

今までのベッド・インの曲を振り返って「赤提灯で飲んでるオジサマまで口ずさめる曲になっているかな?」って考えた。(かおり)

―今回は、おふたりと「ラブソング」をテーマにお話しできたらなと思っていて。つまるところ、恋バナをしにきました。

まい:ラブソングと言っても、難しいですよね。そのときどきで、自分の感情に合う歌詞やメロディーって違うじゃないですか。たとえば失恋していて落ち込んでいるとき、とことん落としてくれるような歌を聴くのか? それとも、もっと前向きになれるような、忘れさせてくれるようなアゲアゲソングを聴くのか? それは、そのときの自分次第で。

かおり:そうだよね。聴くのもそうだし、自分で歌詞をカキコキするときもそう。ひとつの恋愛においても、その時々で状況も感情も変化するじゃないですか。そこから、どのシーンや感情を切り取って歌にするのか、ということだと思うんですよね。

ベッド・イン(左から:益子寺かおり、中尊寺まい)
ベッド・イン(左から:益子寺かおり、中尊寺まい)

―裏を返すとそれは、ラブソングとは「あなたが好きです」のような一方向の気持ちだけを歌うものではないということですよね。

かおり:そうですね。恋愛って、キラキラした気持ちから愛憎まで、ほんとにいろんな感情が渦巻くものじゃないですか。自分自身が歌詞を書くときは、そういう恋愛ならではの複雑な感情を素直に書ければいいな、とはいつも考えています。私が一貫して「こういうラブソングってすごいな」って思うのは、共感しつつも新しい発見をくれる歌詞がある曲ですかね。

―気づかなかった気持ちに気づかせてくれる、みたいな。今回、「ラブソング」をテーマに選んだ理由は、シングル『男はアイツだけじゃない』に収録される2曲が、今の時代に対してすごく批評的な、優れたラブソングだと思ったからなんです。

まいさん作詞の表題曲も、かおりさん作詞のカップリング曲“劇場の恋”も、ベクトルは違えど、どちらも報われない恋について歌われていますよね。これは意図的だったんですか?

ベッド・イン『男はアイツだけじゃない』初回盤限定盤ジャケット
ベッド・イン『男はアイツだけじゃない』初回盤限定盤ジャケット(Amazonで見る

かおり:自分たちでも、驚きももの木21性紀だったんですけど、君は1000%偶然です(笑)。レコーディング直前のギリギリガールズなタイミングまでお互いの歌詞は見せ合っていなかったですし! ただ、特にA面は「老若男女、誰でも口ずさめる曲にしたいね」っていうことは、事前にふたりで話し合っていたんです。

今まで音楽面でもずっと、自分たちがリスペクトしている「バブル文化をわかりやすく伝えたい」と思う一心で、楽曲もとにかくデーハー(派手)に、と意識してしまっていて。それが結果的に複雑にしてしまっていたのかなって。それはそれでひとつの形だと思うんですけど、今までのベッド・インの曲を振り返って「赤提灯で飲んでるオジサマまで口ずさめる曲になっているかな?」って考えたときに、「歌えなくない!?」って話になったんです(笑)。

まい:それに私たち自身も感じているんですが、オケカラでタ~ウ~しようと思っても、最近の曲ってなかなか歌えなくて。自分に合う曲がすごく限られてきている気がするんです。もしかしたら自分たち世代の人たちってみんなそう感じてるんじゃないかと思う。

女子会で「失恋したの? OK! OK!」ってオケカラで泣きながらモッコシモコモコ盛り上がってくれるような歌というか(笑)。(まい)

―20代後半~30代くらいの世代感にフィットする歌は、確かに少ないかもしれないですね。

かおり:同世代でオケカラに行っても、みんなナウでヤングな曲よりも、TK(小室哲哉)世代から、その前の世代のJ-POPや昭和歌謡を歌いがちなんですよね。1990年代はとんでもない枚数のCDが売れて、今よりも国民的ヒットソングが多発してて、作品がしっかり世の中に浸透していたっていうのもあるかもですけど、当時はメロディーや曲構成も覚えやすくてキャッチーな楽曲が多かったように思うんです。

そういうこともあって、今回のA面は楽曲も歌詞も含めて、いろんな世代の人たちが1回聴いただけでも口ずさめるような曲を目指そう! という方向性になりました。

まい:たとえばですけど、女子会で「失恋したの? OK! OK!」ってオケカラで泣きながらモッコシモコモコ盛り上がってくれるような歌というか(笑)。今回の楽曲を初めて聴いたとき、切なさのなかに明るい未来を感じたんです。なので、失恋ソングではあるんですけど、前向きな部分はどうしても入れたくて。歌詞もまっすぐな感情で書きましたね。だから、“男はアイツだけじゃない”に関しては、私のなかの西野カナさんを奮い勃たせながら書いたというか……(笑)。

―ベッド・インの口から、西野カナさんのような最近のアーティストの名前が挙がるなんて、今までほとんどなかったんじゃないですか?

まい:100%SO!かもね♡ 実はマネージャーのスぺネット北岡に「ベッド・インなりの“トリセツ”を書いてよ」って言われたのがキッカケなんです。最初はナニを言ってるんだろうと思っていたんですけど(笑)、今まで自分が歌詞を書くときって、「バブル」をわかりやすく伝えるためにはどうすればいいんだろう? と思って、バブル用語を形容詞的に使っていた部分がすごくあったんですよ。

でも、今回はもっと内面に向き合って自分の芯にあるものをわかりやすく書きたいと思ったんです。想いを伝えるにはきっとシンプルな方がいいと思って。西野カナさんが共感を得ている部分って、そこなんじゃないかと思うんですよね。それもあって、今回はシンプルな想いを歌えるラブソング、特に失恋の歌にしようと思ったんです。

Page 1
次へ

リリース情報

ベッド・イン『男はアイツだけじゃない』初回限定盤
ベッド・イン
『男はアイツだけじゃない』初回限定盤(CD+DVD)

2017年2月15日(水)発売
価格:2,073円(税込)
KICM-91752

[CD]
1. 男はアイツだけじゃない
2. 劇場の恋
3. 男はアイツだけじゃない(カラオケ)
4. 劇場の恋(カラオケ)
[DVD]
『祝!"RICH" 発射記念ツアー ~そこのけ そこのけ バブルが通る~ ツアーファイナルおギグ映像(2016.12.18 東京・赤坂BLITZ)』
1. GOLDの快感
2. GIVE ME!~哀・してる~
3. ZIG ZAG ハートブレイク
4. 真夜中のディスタンス
5. C調び~なす!

リリース情報

ベッド・イン『男はアイツだけじゃない』通常盤
ベッド・イン
『男はアイツだけじゃない』通常盤(CD)

2017年2月15日(水)発売
価格:1,080円(税込)
KICM-1752

1. 男はアイツだけじゃない
2. 劇場の恋
3. 男はアイツだけじゃない(カラオケ)
4. 劇場の恋(カラオケ)

イベント情報

『ベッド・インの「MOGITATE!元気が出るプッツン5ショー」』

2017年3月19日(日)
会場:東京都 EX THEATER ROPPONGI
料金:1階前方スタンディング4,000円 1階後方指定席4,500円 2階指定席4,500円

プロフィール

ベッド・イン
ベッド・イン

益子寺かおり、中尊寺まいによる地下セクシーアイドルユニット。日本に再びバブルの嵐を起こすべく、80年代末~90年代初頭へのリスペクト精神により完全セルフプロデュースで活動中。2012年、お互い別のバンドで活動していた二人が、猫も杓子もロリロリ重視の現代のアイドルシーンに殴り込みにイクかと一念勃起。バンド歴の長い二人による、ロック姐ちゃんなライブパフォーマンスと『おやじギャル』的な発言やTwitterが話題となり、日本各地を毎度おさわがせします中! かおりの逞しいドヤ顔ヴォイスと、まいの下心をつん裂くギタープレイによる「ボディコンロック」に酔いしれろ!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)