インタビュー

向井秀徳が語る、音楽に向かう原動力「私は自意識恥野郎ですよ」

向井秀徳が語る、音楽に向かう原動力「私は自意識恥野郎ですよ」

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人 編集:山元翔一

私が音楽をやっている理由として大きくあるのは、結局コミュニケーションをしたいということなんです。

―今の話はネットで次から次へといろんな曲が聴ける現代の状況に対して、ある意味示唆的な発言だなと思うのですが、ネットで音楽を聴くことに関しては、なにか思うところはありますか?

向井:いや、特に思うことはないです。それは聴く人からしたら嬉しいことだからね。ただ、「音楽が無料である」となっているのは、私にとって困ります……困るなあ、それ(笑)。でもまあ、もともと音楽はお金を払って聴くもんではなかったし、レコードビジネスというもの自体、実験だったのかもしれないですけど。

ただ、私はミュージシャンなのでそうは言ってられない。演奏に関しては、「芸を売る」ってことですから、パフォーマンスということでは、しっかりしたものを提供したい……と言っておきながら、ステージ上で酔っ払ってるんですけど(笑)。

―パフォーマンスに関して言うと、近年のZAZEN BOYSのライブは観客を巻き込む部分が増えてきましたよね。

向井:歪なコミュニケーション欲求でしょうかね。コール&レスポンスで一体になろうというのは、ある種苦手な部分がありまして。自分が観客として、拳を振り上げて、みんなでシンガロングするのは嫌いじゃないですけど、自分がライブを行う立場からすると、ちょっと違和感がある。

ただ、私が音楽をやっている理由として大きくあるのは、結局コミュニケーションをしたいということなんです。それは、「仲良くなりたい」ということではなくて、自意識の問題ですね。自分という存在を知らしめたい。自分の音楽をもってして、誰かとつながりたい。「自分はここにいるのである」ということを表現している、自意識野郎なんですよ。

―ライブのパフォーマンスも、その表れのひとつだと。

向井:音楽をやる人はみんなそうだと思いますよ。自分の音楽をかっこいいと思ってくれたり、褒められると気持ちいいわけです。すごく満たされますよ。あるいは、残念ながら、全然ダメだと、面白くないと言われることもあって、それは非常に辛いことですけど、その人に一度タッチしたことにはなる。それはコミュニケーションできたっていう証明ですよね。スルーされるのが一番切ないですから。

向井秀徳

私は自意識恥野郎ですよ。「それでも、やめられないのね」ってことなんです。

―途中でプリンスの名前が挙がりましたが、言ってみれば、彼も強烈な自意識野郎だったと思うんです。向井さん自身の自意識や自我も、彼のような存在を意識するなかで、構築されていったと言えますか?

向井:音楽として影響を受けた人はいっぱいいますし、存在としてかっこいいなと思う人もいっぱいいます。でも、自分がなぜ、いつまでも音楽をやりたいのかということを考えると、やっていくうちに音楽に対する気持ちが高まっていったからじゃないかと思うんですね。

単純に「音を出して楽しい」という、純粋なものだったのが、自分の作るものに自負が出てきて、「これは自分である」と思うようになった。「これをもってして、自分を知ってもらいたい」というかね。そういう欲求が高まっていったんだと思います。

向井秀徳

―なるほど。

向井:でも、もしかしたら、それは大いなる勘違いなのかもしれない。私は自分のことを「恥を知れば知るほど恥を知る男」と言っているんですけど(笑)、他人からしたら「あんな恥さらしよくできるな」と思われている可能性もある。だから、自意識恥野郎ですよ。「それでも、やめられないのね」ってことなんです。しょうがないですよね。

―プリンスについてもう一問だけ。向井さんが彼から受け取ったものがあるとすれば、それはどんな部分ですか?

向井:ファッションセンスとかは置いておいて、やっぱり、「毒個性」ですね。マイルス・デイヴィスもしかり、私がいつまでもグッとくる人たちは、「毒個性」を持っていますよね。私も「毒個性」でありたいと思います。

向井秀徳

―毒を食らったように感じるくらいの強烈な個性ということですか?

向井:そうですね。別に驚かせようとしてるわけじゃない。ときには、エンターテイメントとして、パフォーマーとして、人をワッと驚かせて、楽しませることが必要だと思うけど、私は至ってナチュラルな気持ちでやっていて。「自分」という個性をもってして、あなたにショックを与えたいんです。

映画音楽は私を信頼してくれて、頼んでいただいているもんですから、緊張しますよ。

―昨年の向井さんの活動を振り返っていただくと、『ディストラクション・ベイビーズ』(監督・真利子哲也)と『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(監督・宮藤官九郎)という2本の映画音楽を手がけられていました。向井さんの映画好きは有名ですし、アウトプットのひとつとして大きいと言えますか?

向井:アウトプットというよりは、そういう機会をいただいただけなんです。自発的なことではないので、下手なことはできないという責任感が生まれますよね。アコエレ(向井秀徳アコースティック&エレクトリック)のライブで、アコギの弦がボンボン切れても、自分の責任なわけです。でも、映画音楽は私を信頼してくれて、頼んでいただいているもんですから、緊張しますよ。

『ディストラクション・ベイビーズ』の主題歌

―『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』に関してはいかがでしたか?

向井:宮藤さんの映画や舞台の音楽はこれまでいろいろやらせてもらっていますけど、宮藤さんの作品にはいろんなタイプの劇中歌が出てくるんですね。それがまさにカラフルなクドカンワールドなわけですけど、量が多いから大変なんです。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』予告編

向井:「今回は少ないです」って言われたんですけど、「ロックミュージカルなんだから、どう考えても少ないはずないだろ」って、案の定、いろんなタイプの楽曲を作ることになりまして(笑)。それはそれで、自分にとってチャレンジになりますし、宮藤さんが面白がってくれるので、新鮮な喜びにはなるんですけどね。『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』では“地獄農業高校校歌”を作らないといけなくて、「校歌って、どう作るんだよ?」と(笑)。

Page 2
前へ次へ

イベント情報

『THE MATSURI SESSION』

2017年5月6日(土)
会場:東京都 日比谷野外大音楽堂
出演:
吉田一郎不可触世界
ZAZEN BOYS
LEO IMAI(LEO今井、岡村夏彦、シゲクニ、白根賢一)
KIMONOS
向井秀徳アコースティック&エレクトリック
料金:前売4,800円 当日5,300円

プロフィール

向井秀徳(むかい しゅうとく)

1973年生まれ、佐賀県出身。1995年、NUMBER GIRLを結成。1999年、『透明少女』でメジャー・デビュー。2002年、NUMBER GIRL解散後にZAZEN BOYSを結成。自身の持つスタジオ「MATSURI STUDIO」を拠点に、国内外で精力的にライブを行い、現在まで5枚のアルバムをリリースしている。また、向井秀徳アコースティック&エレクトリックとしても活動中。2009年、映画『少年メリケンサック』の音楽制作を手がけ、第33回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。2010年、LEO今井と共にKIMONOSを結成。2012年、ZAZEN BOYSとして、5thアルバム『すとーりーず』リリース。今作品は、ミュージック・マガジン『ベストアルバム2012 ロック(日本)部門』にて1位に選ばれた。 著書に『厚岸のおかず』がある。

関連チケット情報

2017年5月6日(土)
THE MATSURI SESSION
会場:日比谷野外大音楽堂(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)