ニュース

明治大学、200万点を収蔵する世界最大規模の漫画保存施設設立へ

サブカルチャー関係の保存施設として世界最大規模となる「東京国際マンガ図書館(仮称)」の設立を、明治大学が進めていることが明らかになった。設立場所は千代田区内、時期は2014年度を予定。

収集の対象となるのは、漫画雑誌、雑誌、同人誌、原画に加え、ゲーム機など広範囲にわたり、オープン時には200万点以上の閲覧可能資料を用意する予定だという。なお、有料での一般利用も可能になるとのこと。

また、先行施設となる「米沢嘉博記念図書館」も、明治大学駿河台キャンパスに10月31日オープン。日本の文化として注目を集める漫画を取り扱う貴重な施設として、今後の動向が注目を集めそうだ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)