ニュース

NHK史上初の試み、厳選された傑作ドキュメンタリーを一挙に劇場公開

NHK-BSで放送されたドキュメンタリーの中から厳選した10作品が、『This is REAL ~NHK-BSドキュメンタリー・コレクション』として2月6日から2月12日まで新宿のバルト9で公開される。

期間中に公開されるのは、モンゴルの首都ウランバートルで暮らすストリートチルドレンを追った『マンホールチルドレン』や、長らくタブーとされてきた第2次大戦中のソ連軍によるポートランド兵虐殺を描いた『映画監督アンジェイ・ワンダ ~祖国ポートランドを撮り続けた男~』など、各種放送コンクールで高い評価を得た傑作ばかりだ。

NHK番組がまとまって劇場上映されるのは、日本放送協会が設立されてからの83年の歴史を見ても初の試みとなる。ハイビジョンで撮影された、ボリューム感と臨場感たっぷりの高品質映像を、劇場の巨大スクリーンで体感してほしい。

『This is REAL ~NHK-BSドキュメンタリー・コレクション』

2010年2月6日(土)~2月12日(金)
会場:新宿バルト9

上映作品:
『マンホールチルドレン』
『ヤノマミ ~奥アマゾン・原初の森に生きる~』
『喜びは創りだすもの ~ターシャ・テューダー四季の庭~』
『少女たちの日記帳 ~ヒロシマ・昭和20年4月6日-8月6日~』
『“認罪” ~中国 撫順戦犯管理所の6年~』
『映画監督アンジェイ・ワンダ ~祖国ポートランドを撮り続けた男~』
『強く 強く ~バイオリニスト・神尾真由子 21歳~』
『残照 ~フランス・芸術家の家~』
『証言記録 マニラ市戦線 ~死者12万 焦土への一ヶ月~』
『無頼の遺言 ~棋士・藤沢秀行と妻のモト~』

料金:前売1,200円 当日1,500円
チケット:チケットぴあ(Pコード:555-916)

(画像上:イメージキャラクター:オダギリジョー)

イメージキャラクター:オダギリジョー
イメージキャラクター:オダギリジョー
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)