ニュース

『よりみちパン!セ』シリーズで知られる理論社、民事再生法の適用を申請

東京都新宿区に本社を置く出版社「理論社」が、本日10月6日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請したことがわかった。負債額は2010年4月期で約22億円。

同社は1946年に設立。児童文学作家の灰谷健次郎による児童文学作品『兎の眼』『太陽の子』や、倉本聰の『北の国から』を出版したことで知られており、近年は様々な問題について個性的な著名人が記した書籍シリーズ『よりみちパン!セ』がヒットしていた。

帝国データバンクによると、少子化の影響などによる市場の縮小傾向から販売が落ち込み、2008年4月期は年売上高約15億7600万円を計上していたが、年商規模に匹敵する借入金が重荷となっていたという。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

AFRO PARKER“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”

AFRO PARKERが、すべての社畜a.k.a.企業戦士たちに捧げるレクイエム“After Five Rapper -SHACHIKU REQUIEM-”のPVを公開。メンバー全員が社会人の7人組。「えっもう定時?でもまだ仕事残ってっし」など、ラップに乗せて叫ばれる心の声は、実に生々しい。今週22日(土)には、六本木VARITにて、所属レーベル「para de casa」のイベントに出演。(矢島)