ニュース

俗世間から隔絶された男子修道院に初密着、音楽・照明・語り無しのドキュメンタリー

フランス・アルプス山脈の山地に建つ男子修道院に密着した映画『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』が、7月12日から東京・神保町の岩波ホールほか全国で公開される。

同作は、カトリック教会の中でも戒律の厳しさで知られるカルトジオ会のグランド・シャルトルーズ修道院を追ったドキュメンタリー映画。1984年に同修道院の撮影を断られたフィリップ・グレーニング監督が、16年後に突然「準備が整った」との連絡を受けたことから製作がスタートしたという。

修道士たちの会話は日曜の決められた時間にのみ許され、持ち物も小さなブリキの箱1つに制限されるなど、俗世間から完全に隔絶された静かで孤独な生活を、何世紀も変わらずに送っている同修道院。世界で初めて同所の修道士を記録する許可を得たグレーニング監督は、6か月間にわたり修道士たちと共に暮らし、撮影を行った。なお、同作は修道院側の条件に従い、ナレーション、音楽、照明は一切使わずに撮影されている。

グレーニング監督は、同作で2006年の『サンダンス国際映画祭』審査員特別賞を受賞。最新作の『警察官の妻』では、昨年の『ヴェネチア国際映画祭』で審査員特別賞を受賞している。

作品情報

『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』

2014年7月12日(土)から岩波ホールほか全国ロードショー
監督・脚本・撮影・編集:フィリップ・グレーニング
配給:ミモザフィルムズ

(画像:映画『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』より)

映画『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』より
映画『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』より
映画『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』より
映画『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』より
映画『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』より
映画『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』より
映画『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』より
映画『大いなる沈黙へ ―グランド・シャルトルーズ修道院』より
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)