ニュース

100年前の世界の多様な着こなし紹介、日経ナショナルジオグラフィック社協力

『世界のファッション―100年前の写真と衣装は語る―』展が、兵庫・神戸ファッション美術館で7月19日から開催される。

同展では、コルセットを取り払った衣服が生まれ、西洋において身体が解放されるというファッション界の転換期であると同時に、印刷や発行技術の発達によりファッション雑誌が登場し始めた約100年前にフォーカス。都市において洋装化という衣服におけるグローバリゼーションが進む一方で、地域ごとに特色ある衣服を着用し続ける土地も残っているなど、多様性に満ちいていた当時のファッションを紹介する。

日経ナショナル ジオグラフィック社の協力によって実現した同展。『ナショナル ジオグラフィック』の膨大なアーカイブより、1900年代から1930年代前半に撮影されたドキュメンタリー写真約100点に加え、アメリカ・ニューヨークの既に廃校になっているトラファガン・スクール・オブ・ファッションの資料を中心に、1890年から1940年代の世界の衣装や当時欧米で名を馳せたデザイナーのドレスが展示される。

なお会期中は、日経ナショナル ジオグラフィック社の編集責任者・武内太一によるトークや、ファッションデザイナー・神田恵介と国立民族学博物館准教授・上羽陽子の対談などの関連イベントが開催される。

イベント情報

『世界のファッション―100年前の写真と衣装は語る―』

2014年7月19日(土)~10月7日(火)
会場:兵庫県 神戸ファッション美術館
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:水曜、7月10日(木)~7月18日(金)
料金:一般500円 小中高生・65歳以上250円

フォトトーク
2014年7月19日(土)14:00~15:30
会場:兵庫県 神戸ファッション美術館 4階セミナー室
『ナショナル ジオグラフィックの125年』
出演:武内太一(日経ナショナル ジオグラフィック社編集責任者)
『人を撮る、世界を撮る』
出演:
林典子(フォトジャーナリスト)
長友真理(日経ナショナル ジオグラフィック社編集者)
定員:100名(先着順)
料金:無料(要事前申込)

ファッショントーク
『世界と日本のファッションの現在と未来を考える』

2014年9月23日(火・祝)16:00~17:30
会場:兵庫県 神戸ファッション美術館 4階セミナー室
出演:
上羽陽子(国立民族学博物館准教授)
神田恵介(ファッションデザイナー)
定員:100名(先着順)
料金:無料(要事前申込)

講座
『移動する布・更紗』

2014年8月3日(日)14:00~15:30
会場:兵庫県 神戸ファッション美術館 4階セミナー室
講師:井関和代(大阪芸術大学教授)
定員:100名(先着順)
料金:無料(要事前申込)

アルジェリア『ナショナル ジオグラフィック』誌1922年10月号掲載 ©LEHNERT&LANDROCK/National Geographic Creative ナショナル ジオグラフィック蔵
アルジェリア『ナショナル ジオグラフィック』誌1922年10月号掲載 ©LEHNERT&LANDROCK/National Geographic Creative ナショナル ジオグラフィック蔵
イラン『ナショナル ジオグラフィック』誌1921年4月号掲載 ©National Geographic Creative ナショナル ジオグラフィック蔵
イラン『ナショナル ジオグラフィック』誌1921年4月号掲載 ©National Geographic Creative ナショナル ジオグラフィック蔵
アルジェリア『ナショナル ジオグラフィック』誌1928年2月号掲載 ©JULES GERVAIS COURTELLEMONT/National Geographic Creative ナショナル ジオグラフィック蔵
アルジェリア『ナショナル ジオグラフィック』誌1928年2月号掲載 ©JULES GERVAIS COURTELLEMONT/National Geographic Creative ナショナル ジオグラフィック蔵
セシル・ビートン『ナンシー・キューナード』 1924年 神戸ファッション美術館蔵
セシル・ビートン『ナンシー・キューナード』 1924年 神戸ファッション美術館蔵
右:ドレス DOEUILLET フランス 1903年頃 左:ドレスCHERUIT フランス 1908年頃 神戸ファッション美術館蔵
右:ドレス DOEUILLET フランス 1903年頃 左:ドレスCHERUIT フランス 1908年頃 神戸ファッション美術館蔵
画像を拡大する(14枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)