ニュース

種田陽平が13人の美術監督を紹介&高畑勲と対談、NHK『プロフェッショナル』にも登場

美術監督・種田陽平が映画美術監督を紹介するインタビュー集『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』が、10月24日に刊行される。

映画『THE 有頂天ホテル』『ザ・マジックアワー』『ステキな金縛り』といった三谷幸喜作品をはじめ、スタジオジブリによる『思い出のマーニー』、クエンティン・タランティーノ監督『キル・ビル Vol.1』、岩井俊二監督『スワロウテイル』『花とアリス』、チャン・イーモウ監督『金陵十三釵』、ウェイ・ダーション監督『セデック・バレ』などの映画作品で美術を担当している種田。2010年に『芸術選奨文部科学大臣賞』を受賞したほか、2011年に『紫綬褒章』を受章している。

2006年からスタートした『キネマ旬報』の連載『Listen to the Movies 映画美術は語る 種田陽平が聞く美術監督インタビュー』をもとにした同書には、木村威夫、横尾嘉良、間野重雄、水谷浩、西岡善信、朝倉摂、池谷仙克、竹中和雄、井川徳道、森田郷平、村木与四郎、ワダ・エミら日本映画を支えてきた美術監督らに加えて『薔薇の名前』『アビエイター』などの美術を手掛けたダンテ・フェレッティの紹介やインタビュー、対談などを掲載。彼らの言葉を通じて映画美術の技術やノウハウ、哲学などを掘り下げていく。さらに高畑勲監督との対談も収録する。

なお、『思い出のマーニー』の背景作りに挑む種田に密着した特集が、本日8月25日にNHKのドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』で放送される。

書籍情報

『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』

2014年10月24日(金)発売
著者:種田陽平
価格:5,076円(税込)
発行:スペースシャワーネットワーク

amazonで購入する

番組情報

『プロフェッショナル 仕事の流儀』

2014年8月25日(月)22:00からNHK総合で放送
出演:種田陽平

『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』フライヤービジュアル
『伝説の映画美術監督たち×種田陽平』フライヤービジュアル
種田陽平(撮影:周裕隆)
種田陽平(撮影:周裕隆)
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)