ニュース

少数者と多数者の境界を問う『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』

佐々木誠監督の映画『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』が、2月14日から東京・渋谷のアップリンクで公開される。

同時多発テロ後のニューヨークを訪れた若い僧侶を追ったドキュメンタリー『Fragment』や、視覚障がい者によるSF映画制作過程を捉えた『INNERVISION』などの映画作品を発表してきた佐々木誠。『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』は、2008年に公開されたオムニバス映画『裸over8』の中の一篇『マイノリティとセックスに関する、2、3の事例』の長編版となる。

同作は、「マイノリティとマジョリティ その境界線を決めているのは誰なのか、何なのか」という問いにメタフィクション的なアプローチで迫る、虚実織り交ぜた作品。『中島兄弟』『クリスティ』『リリィ』の3部構成となり、重度の身体障害者・モンマと「ワタシ」の出会いや交流、東日本大震災後を生きる「ワタシ」の姿などを描く。

出演者は、先天性多発性関節拘縮症を患いながら、障がい者の社会進出や表現活動の重要性を訴え、昨年急逝した門間健一や、主宰の戌井昭人をはじめとする鉄割アルバトロスケットのメンバー、想田和弘、竹馬靖具ら。

作品情報

『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』

2015年2月14日(土)から渋谷アップリンクで公開
監督:佐々木誠
音楽:UNpro by hideki
出演:
門間健一
中島教知
中島朋人
クリスティーナ・ロバーツ
MAMI
竹馬靖具
熊篠慶彦
山本修司
LILY
想田和弘
戌井昭人
配給:WaterMethodMan

『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』 ©Makoto Sasaki
『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』 ©Makoto Sasaki
『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』 ©Makoto Sasaki
『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』 ©Makoto Sasaki
『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』 ©Makoto Sasaki
『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』 ©Makoto Sasaki
『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』 ©Makoto Sasaki
『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』 ©Makoto Sasaki
『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』チラシビジュアル ©Makoto Sasaki
『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』チラシビジュアル ©Makoto Sasaki
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)