ニュース

古今東西の「ニセモノ」大集合、『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』

企画展示『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』が、3月10日から千葉・佐倉の国立歴史民俗博物館で開催される。

同展は、ジュラ紀から現代までの約300点におよぶ「ニセモノ」と「ホンモノ」の展示を通じて、それらの発展や誕生の経緯、歴史上で担ってきた役割などを紹介する博覧会。

ベトナムの壷や皿、碗などの偽物を売りつけた「安南陶器ニセモノ事件」で用いられた陶器や、吉田松陰や山縣有朋の書画。ペリーの航海日誌にも記録されている人魚のミイラの製造法や、織田信長が東大寺へあてた「ホンモノ」の文書などが展示される。

また、会期中には、国立歴史民俗博物館の考古研究系教授を務める西谷大による講演『ホンモノより価値のあるニセモノたち』も行われる。同展の詳細は、オフィシャルサイトをチェックしてみよう。

イベント情報

企画展示
『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』

2015年3月10日(火)~5月6日(水)
会場:千葉県 佐倉 国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日)
料金:一般830円 団体560円 大学・高校生450円 団体250円
※小・中学生無料

『ホンモノより価値のあるニセモノたち』
2015年4月11日(土)13:00~15:00
会場:千葉県 佐倉 国立歴史民俗博物館 講堂
講師:西谷大(考古研究系)
定員:先着260名
料金:無料

企画展示『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』チラシビジュアル
企画展示『大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-』チラシビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)