ニュース

『ユリイカ』で「漫画×実写映画」特集、大根仁、本郷奏多らが語る

特集記事「マンガ実写映画の世界『るろうに剣心』から『進撃の巨人』『バクマン。』『俺物語!!』へ」が、9月28日に刊行された『ユリイカ 2015年10月号』に掲載されている。

漫画の実写映画化にフォーカスした同特集には、大根仁監督のインタビュー「『バクマン。』と画面の更新」が掲載。また本郷奏多のインタビュー「キャラクターの演算 リョーマからアルミンへの試行」、大友啓史監督のインタビュー「映画は時間を生きる『るろうに剣心』の革新」、河合勇人監督のインタビュー「剛田猛男の疾走 / 『俺物語!!』という街並み」、堀禎一監督とやまだないとの対談「隣人を撮る『翔んだカップル』と『妄想少女オタク系』」も収録されている。

さらに論考では、『ピンポン』『海街diary』『グーグーだって猫である』『櫻の園』『惡の華』といった作品や三池崇史監督の諸作品などを取り上げながら、漫画と映画の関係、描かれたキャラクターと生身の身体の関係に注目している。

書籍情報

『ユリイカ 2015年10月号』

2015年9月28日(月)発売
価格:1,512円(税込)
発行:青土社

amazonで購入する

『ユリイカ 2015年10月号』表紙
『ユリイカ 2015年10月号』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)