ニュース

バンコク在住の篠田千明が集団制作で紡ぐ、劇ではない『非劇』

舞台『非劇 Higeki』が、11月27日から東京・吉祥寺シアターで上演される。

同作は、中心メンバーとして所属していた快快を2012年に脱退し、現在はタイ・バンコクを拠点に活動している演出家・作家の篠田千明が演出を担当。意図せず「劇」を生み出してしまう集団という環境の中で「劇ではないもの=非劇」を作り出すことに挑戦する公演になるという。篠田がバンコクの様々な場所で実感した「悲劇」を下水道に見立て、複数人が関わる「集団制作」をキーワードに据えた新たな演劇の手法を模索する。

出演者には、竹田靖、辻村優子、福留麻里、Aokidが名を連ねている。チケットは現在販売中だ。

イベント情報

『非劇 Higeki』

2015年11月27日(金)~11月29日(日)全4公演
会場:東京都 吉祥寺シアター
作:齋藤惠太
演出:篠田千明
出演:
竹田靖
辻村優子
福留麻里
Aokid
料金:
前売 一般3,000円 学生2,500円 劇場友の会2,700円
当日 一般3,500円

『非劇 Higeki』チラシビジュアル
『非劇 Higeki』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)