ニュース

『爆音映画祭』タイ特集に富田克也監督作など、stillichimiyaも登場

『爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン』ビジュアル
『爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン』ビジュアル

『爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン』が、9月27日から東京・渋谷のWWW、WWWXで開催される。

boidによる『爆音映画祭』の特別版として開催される同イベント。タイのイサーン地方に焦点を当て、同地で撮影された富田克也監督の新作映画『バンコクナイツ』を先行上映するほか、イサーン地方出身のアピチャッポン・ウィーラセタクンによる最新作『光りの墓』、長編映画『アイアン・プッシーの大冒険』、中短編から構成される「アートプログラム」を上映する。さらにイサーン地方を題材にしたタイ映画6作品もラインナップされている。

またstillichimiyaのミニライブや、富田監督らのトークイベント、井手健介やタイの音楽家アンカナーン・クンチャイのライブなども行なわれる。スケジュールは『爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『爆音映画祭2016 特集タイ|イサーン』

2016年9月27日(火)~10月1日(土)
会場:東京都 渋谷 WWW、WWWX

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)