ニュース

こうの史代原作のアニメ映画『この世界の片隅に』公開日が決定

こうの史代原作のアニメーション映画『この世界の片隅に』が、11月12日から東京・テアトル新宿、ユーロスペースほか全国で公開されることが発表された。

こうの史代による漫画『この世界の片隅に』は、第二次世界大戦中の広島を舞台にした作品。絵を描くことが好きなすずと、すずの夫・周作らを中心に描き、2011年にはテレビドラマ化もされた。

アニメ映画化にあたって2015年にクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」で制作資金を募集したが、82日間の募集期間中に目標金額を大きく越える約3,600万円の資金を集めた。監督は映画『マイマイ新子と千年の魔法』などを手掛けた片渕須直。アニメーション制作はMAPPAが担当している。

なお8月6日から同作の前売券「ムビチケ」第2弾が一部劇場で販売。購入特典はオリジナルハガキ3枚セットとなる。

作品情報

『この世界の片隅に』

2016年11月12日(土)からテアトル新宿、ユーロスペースほか全国公開

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社)
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル

『この世界の片隅に』ビジュアル ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』ビジュアル ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
『この世界の片隅に』 ©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS“七曜日”

U-zhaanが叩くタブラの七拍子のリズムに環ROYと鎮座DOPENESSが放つ奔放で日常的なリリック、さらにerror403が手がけたアニメーションの組み合わせは中毒性が高い。映像はバグったゲームボーイの起動画面、アプリアイコン、北斗七星、Google Street Viewの遷移感、太鼓の達人など、ギミックたっぷりでついついリピートしてしまう。(宮原)