ニュース

ニューヨーク近代美術館が日本の「Emoji」176種を収蔵

Shigetaka Kurita, Emoji (original set of 176), 1999, Digital image, Gift of NTT DOCOMO, Inc. ©2016 NTT DOCOMO
Shigetaka Kurita, Emoji (original set of 176), 1999, Digital image, Gift of NTT DOCOMO, Inc. ©2016 NTT DOCOMO

アメリカ・ニューヨーク近代美術館(MoMA)が「絵文字」を収蔵したと発表した。

同美術館のコレクションに新たに加えられたのは、NTTドコモのiモードの開発チームの一員であった栗田穣崇の監修によって開発され、1999年に携帯電話に導入された176種の絵文字。ニューヨーク近代美術館は、12×12ピクセルで表現されたこのデザインが新たな視覚言語の発展の端緒となったと評価している。

ニューヨーク近代美術館では12月から絵文字の発展をテーマにしたインスタレーションが行なわれる予定。これに先立ち、昨年にはイギリスのオックスフォード辞典が選ぶ「今年の単語」に、嬉し泣きをした表情の絵文字が選出されている。

Shigetaka Kurita, Emoji (original set of 176), 1999, Digital image, Gift of NTT DOCOMO, Inc. ©2016 NTT DOCOMO
Shigetaka Kurita, Emoji (original set of 176), 1999, Digital image, Gift of NTT DOCOMO, Inc. ©2016 NTT DOCOMO
Shigetaka Kurita, Emoji (original set of 176), 1999, Digital image, Gift of NTT DOCOMO, Inc. ©2016 NTT DOCOMO
Shigetaka Kurita, Emoji (original set of 176), 1999, Digital image, Gift of NTT DOCOMO, Inc. ©2016 NTT DOCOMO
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)