ニュース

星野源“恋”が高校野球「春のセンバツ」入場行進曲に、『逃げ恥』主題歌

星野源
星野源

星野源の楽曲“恋”が『第89回選抜高等学校野球大会』の入場行進曲に起用されることが発表された。

星野と新垣結衣が共演したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌として使用され、エンディング映像のダンスと共に話題を集めた“恋”。『第89回選抜高等学校野球大会』では楽曲が行進曲にアレンジされ、開会式の各校入場時などに使用される。

『第89回選抜高等学校野球大会』は3月19日から兵庫・西宮の阪神甲子園球場で開催。1962年の第34回大会以来、入場行進曲は「その前年に広く社会に親しまれた曲、その年を象徴するような曲」を対象に選定されている。

星野源のコメント

古くは坂本九さんの「上を向いて歩こう」から、ヒット曲や多くの人に印象に残った曲が選ばれています。その流れのなかで僕の曲も選んでもらってうれしく思います。行進曲用のアレンジがどのようになるのか、とても楽しみです。
ワクワクして体が勝手に動くようなダンスミュージックになったらいいなと思って作った曲なので、高校生のみなさんがワクワクして「やるぞ」という前向きな気持ちになってもらえたらうれしいです。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)