ニュース

KUNIOの海外戯曲新訳シリーズが始動、第1弾は『夏の夜の夢』

KUNIOによる舞台『夏の夜の夢』が、8月23日から東京・池袋のあうるすぽっとで上演される。

演出家・舞台美術家の杉原邦生が2004年に設立した舞台カンパニー・KUNIO。固定の俳優やスタッフを持たず、プロデュース公演形式で活動している。2015年には柴幸男(ままごと)による書き下ろし戯曲『TATAMI』を上演した。

『夏の夜の夢』は、ある森を舞台に人間や妖精が入り乱れるウィリアム・シェイクスピアの喜劇。今回の上演台本には、シェイクスピア研究者の桑山智成(京都大学)による新訳を使用する。桑山は2014年に行なわれたKUNIOの公演『ハムレット』でも翻訳を手掛けている。また出演者の一部はオーディションで決定。詳細はKUNIOのオフィシャルサイトをチェックしよう。なお同公演は、KUNIOによる海外戯曲の新翻訳上演シリーズの第1弾となる。

杉原邦生 ©Takashi Horikawa
杉原邦生 ©Takashi Horikawa
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)