ニュース

『T2 トレインスポッティング』日本版予告 20年後のレントンらが再会

『T2 トレインスポッティング』
『T2 トレインスポッティング』

映画『T2 トレインスポッティング』の日本版予告編が公開された。

1996年に公開されたダニー・ボイル監督の映画『トレインスポッティング』の続編となる同作。大金を持ち逃げして20年ぶりにオランダからスコットランド・エジンバラに戻ってきたマーク・レントン、表向きはパブを経営しながら売春やゆすりを稼業とするシック・ボーイ、家族に愛想を尽かされたスパッド、刑務所に服役中のベグビーの再会と、彼らが選ぶ未来が描かれる。

ユアン・マクレガー演じるレントンが疾走する前作の映像で始まる予告編では、ジョニー・リー・ミラー演じるシック・ボーイがレントンと再会する場面や、「フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、結局みんな中毒者だ」というレントンのセリフをはじめ、ケリー・マクドナルド演じるキャリアーウーマンとなったダイアン、ユエン・ブレムナー演じるスパッド、ロバート・カーライル演じるベグビーらの姿が確認できる。また映像にはUnderworldの“Born Slippy(Nuxx)”が使用されている。なお同映像は4月21日までの限定公開となる。

 

『T2 トレインスポッティング』ポスタービジュアル
『T2 トレインスポッティング』ポスタービジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)