ニュース

『T2 トレインスポッティング』日本版予告 20年後のレントンらが再会

『T2 トレインスポッティング』
『T2 トレインスポッティング』

映画『T2 トレインスポッティング』の日本版予告編が公開された。

1996年に公開されたダニー・ボイル監督の映画『トレインスポッティング』の続編となる同作。大金を持ち逃げして20年ぶりにオランダからスコットランド・エジンバラに戻ってきたマーク・レントン、表向きはパブを経営しながら売春やゆすりを稼業とするシック・ボーイ、家族に愛想を尽かされたスパッド、刑務所に服役中のベグビーの再会と、彼らが選ぶ未来が描かれる。

ユアン・マクレガー演じるレントンが疾走する前作の映像で始まる予告編では、ジョニー・リー・ミラー演じるシック・ボーイがレントンと再会する場面や、「フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、結局みんな中毒者だ」というレントンのセリフをはじめ、ケリー・マクドナルド演じるキャリアーウーマンとなったダイアン、ユエン・ブレムナー演じるスパッド、ロバート・カーライル演じるベグビーらの姿が確認できる。また映像にはUnderworldの“Born Slippy(Nuxx)”が使用されている。なお同映像は4月21日までの限定公開となる。

 

『T2 トレインスポッティング』ポスタービジュアル
『T2 トレインスポッティング』ポスタービジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Spoon“Can I Sit Next To You”

Spoonの新作より、“Can I Sit Next To You”のPVが公開。シックで怪しげな楽曲と、奇怪だがグルーヴ感のある映像のはまり具合が絶妙です。PVを手がけたのは、BECKの『Guero』のアートワークで知られる現代芸術家マルセル・ザマ。(山元)