ニュース

『第59回グラミー賞』はAdeleが5部門制覇 デヴィッド・ボウイも受賞

Adele
Adele

『第59回グラミー賞』の受賞作品および受賞者が日本時間の本日2月13日に発表された。

シングル曲の演奏者や製作チームに贈られる「最優秀レコード賞」に輝いたのはAdele『Hello』。「最優秀アルバム賞」はAdeleのアルバム『25』、シングル曲の作詞作曲者に贈られる「最優秀楽曲賞」にはAdeleがグレッグ・カースティンと制作した“Hello”が選出された。Adeleは「最優秀ポップソロパフォーマンス賞」最優秀ポップボーカルアルバム賞」など、計5部門を制した。

Adeleと共に「最優秀レコード賞」「最優秀アルバム賞」「最優秀楽曲賞」など最多9部門にノミネートしていたBeyoncéは、「最優秀アーバンコンテンポラリーアルバム賞」「最優秀ミュージックビデオ賞」を受賞するにとどまった。

「最優秀新人賞」は、「最優秀ラップアルバム賞」「最優秀ラップパフォーマンス賞」も制したChance The Rapper。

昨年逝去したデヴィッド・ボウイは、アルバム『Blackstar』で「最優秀オルタナティブアルバム賞」、アルバムのタイトル曲“Blackstar”で「最優秀ロック楽曲賞」に輝いたほか、「最優秀ロックパフォーマンス賞」「最優秀アルバム技術賞(クラシック以外)」「最優秀レコーディングパッケージ賞」の5部門を制した。ボウイが音楽部門で『グラミー賞』を受賞するのは今回が初。

「最優秀ロックアルバム賞」にはCage The Elephant『Tell Me I'm Pretty』、「最優秀エレクトロニック/ダンスアルバム賞」にはFlume『Skin』が選出。また「年間製作者賞(クラシック以外)」はグレッグ・カースティンが受賞した。カースティンはAdeleの“Hello”“Million Years Ago”、Sia Featuring Sean Paul“Cheap Thrills”などに携わった。

「最優秀サウンドトラックアルバム作曲賞映画、テレビ、その他映像部門」にはジョン・ウィリアムズが作曲した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が選ばれた。坂本龍一とAlva Notoが音楽を担当した『レヴェナント:蘇えりし者』は受賞を逃した。「最優秀クラシックボーカルパフォーマンス賞」は、ドロテア・レッシュマンが内田光子と共演した『SCHUMANN & BERG』が受賞した。

デヴィッド・ボウイ photo JIMMY KING
デヴィッド・ボウイ photo JIMMY KING
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)