ニュース

『タラレバ娘』連動ドラマ アラフォー3人の女子会描く『東京ダラダラ娘』

『東京ダラダラ娘』
『東京ダラダラ娘』

ドラマ『東京ダラダラ娘』が2月22日からHuluで配信される。

同作は、現在日本テレビ系で放送されている吉高由里子主演のドラマ『東京タラレバ娘』と連動したオリジナル作品。30歳の独身女性3人を描く『東京タラレバ娘』より1世代上である「アラフォー」の蘭子、早織、小梅の3人を主人公にしたショートコメディーとなる。

東京の下町で日々女子会を開くフリーライターの蘭子役を佐藤仁美、美容師の早織役を小沢真珠、居酒屋の女将・小梅役を小林きな子が演じる。また企画協力で『東京タラレバ娘』の原作者・東村アキコが参加している。全5話で構成され、毎週『東京タラレバ娘』の放送終了後から配信される。

佐藤は同作の見どころについて「タラレバ娘も『確かに~』はあるんですけど、アラフォーなりの『確かに~』があります。それから結婚ってワードがちょっと重く感じるっていう(笑)」とコメントしている。

佐藤仁美のコメント

作品の見どころについて
ぜんぜんダラダラしてないところです(笑)女子会というか井戸端会議みないになってるところも見どころですね。ちょこちょこ本気の切なさが入ってるところも良いですよ(笑)タラレバ娘も「確かに~」はあるんですけど、アラフォーなりの「確かに~」があります。それから結婚ってワードがちょっと重く感じるっていう(笑)

女子会について
オカマ会をしています。オカマと一緒に呑んでガールズトークをします。女子同士で集まっても、みんなアラフォーなので、きゃぴきゃぴ感はないですね。ずっと呑んでずっとカラオケを歌うっていう。どこへ行ってもスナックになるし、恋愛の話は一切ナシで愚痴だけです。愚痴を言わなくなったらブスになるねって(笑)

注目してほしいポイント
みんなタラレバ娘にそっくりです!ただ、本家の3人には謝っておきたいな(笑)3人のファンの方々に、先にすみませんでしたと謝っておきます。

小沢真珠のコメント

作品の見どころについて
アラサーとは違うアラフォーの諦めかけた感がセリフにも出ていて、やっていても気持ちが良いというか、振り切れるというか、アラフォー独特の開放感が見どころです。本を読んだときにすごく面白くて、言ったら気持ちが良いだろうなというセリフがいっぱいあったので、見ている方にもそういう風に思っていただけたらなと思いました。

女子会について
プライベートでも、同世代が集まると似たような感じになってますね。女子が集まると自然にこういう感じにはなります。

注目してほしいポイント
第1話のまぶしい仁美さんを見てほしいです。「宝くじ高額当選者」みたいな時があるんですよ(笑)あんな表情なかなかできないです(笑)

小林きな子のコメント

作品の見どころについて
タラレバ娘は、「~たら」とか「~れば」とか、まだ可能性があるから未練のような言葉を口にしますけど、アラフォーになると「~たら」も「~れば」も言わないっていうところが、これがアラフォーなのかなっていう気がしましたね。かと言ってダラダラもしてないんですけど、むしろタラレバの皆さんよりもすごい勢いがあるじゃないですか(笑)アラフォーになったら、力の配分が変わってくるんです。男性に向かうエネルギーはあんまりないから、女子が集まったときのエネルギーがすごいんだなって、セリフを読みながら情報量の多さにぜんぜんダラダラしてないって思いましたね(笑)

女子会について
30代の時より40代になると、だんだん不満が多くなってくるんだと思います。女子会をすると、各自不満を持ち寄って披露し合うんです。それぞれの不満をぶつけあって、自分の言いたいことを短時間で発散して帰るっていう感じなので、親身になって「う~ん」って共感してるかというとそれは微妙だったり(笑)

注目してほしいポイント
仁美さんです(笑)キラキラした顔に注目して見てほしいですね。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

Got a minute ? 動画これだけは

Spoon“Can I Sit Next To You”

Spoonの新作より、“Can I Sit Next To You”のPVが公開。シックで怪しげな楽曲と、奇怪だがグルーヴ感のある映像のはまり具合が絶妙です。PVを手がけたのは、BECKの『Guero』のアートワークで知られる現代芸術家マルセル・ザマ。(山元)