ニュース

荒木経惟、メイプルソープらの展覧会が京都で、写真祭『KYOTOGRAPHIE』

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017』が、4月15日から京都・京都市内各所で開催される。

国内外の作家の写真作品やコレクションを、京都の歴史的建造物や近現代建築で展示する『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭』。5回目を迎える今回は「LOVE」をテーマに開催される。

会期中は荒木経惟の新作『机上の愛』が日本で初めて公開されるほか、約3万6千年前の壁画が残るフランスのショーヴェ洞窟を全方位撮影したラファエル・ダラボルタの作品、イザベル・ムニョスがゴリラやボノボの家族を撮影した作品『Family Album』などを展示。またロバート・メイプルソープ、雑誌『TOILETPAPER』、ヤン・カレン、アーノルド・ニューマン、ジャダ・リパらの展覧会も行なわれる。

さらに特別プログラムとしてアニエス・ベーのコレクション展も開催。アニエス・ベーの収集作品から「LOVE」をテーマに選出された、アンリ・カルティエ=ブレッソン、パーティン・パー、ライアン・マッギンレーらの作品を展示する。詳細は『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017』イメージビジュアル Photography by TOILETPAPER: Maurizio Cattelan and Pierpaolo Ferrari.
『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017』イメージビジュアル Photography by TOILETPAPER: Maurizio Cattelan and Pierpaolo Ferrari.
荒木経惟『机上の愛』2016年 ©Nobuyoshi Araki, Courtesy of Taka Ishii Gallery
荒木経惟『机上の愛』2016年 ©Nobuyoshi Araki, Courtesy of Taka Ishii Gallery
ロバート・メイプルソープ『チューリップ』1984年 ©Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.
ロバート・メイプルソープ『チューリップ』1984年 ©Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.
TOILETPAPER作品 Photography by TOILETPAPER: Maurizio Cattelan and Pierpaolo Ferrari.
TOILETPAPER作品 Photography by TOILETPAPER: Maurizio Cattelan and Pierpaolo Ferrari.
画像を拡大する(16枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)