ニュース

『装苑』特集に小松菜奈、コムアイ、DAOKOら登場、『3月のライオン』も

特集記事「個性と色彩」が、2月28日発売の『装苑』2017年4月号に掲載される。

自分の考えやスタイルを持った「女の子たち」と春夏のファッションに焦点を当てる同特集。巻頭特集「小松菜奈というカラー」では小松のビジュアルとインタビューを掲載するほか、「自分の色で生きる女の子」と題された記事には、ペティート・メラー、橋本愛、DAOKO、玉城ティナ、森川葵、コムアイ(水曜日のカンパネラ)が登場する。またアドルフ・ヴェルフリ、草間彌生、仲條正義による色彩をピックアップするコーナーも掲載する。

なお同誌には『3月のライオン』特集も併録。原作者の羽海野チカと映画版の衣装・キャラクターデザインを手掛けた澤田石和寛のインタビューや、神木隆之介、清原果耶のファッションポートレートとインタビューを掲載する。

『装苑 2017年4月号』表紙
『装苑 2017年4月号』表紙
『装苑 2017年4月号』より
『装苑 2017年4月号』より
『装苑 2017年4月号』より
『装苑 2017年4月号』より
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)