ニュース

野田洋次郎が『100万円の女たち』で連ドラ初主演 テレ東×Netflixの新企画

青野春秋の漫画『100万円の女たち』が連続ドラマ化され、4月7日からNetflixで配信、4月13日からテレビ東京で放送される。

『ビッグコミックスピリッツ』で連載されている『100万円の女たち』は、売れない小説家・道間慎と素性不明の5人の女性の奇妙な共同生活を描いた作品。共同生活のルールは、女性たちが毎月家賃および生活費として100万円を慎に振り込み、彼女たちへの質問は一切禁止というもの。生活を通して、女性たちの謎が次第に解明されていく様が描かれる。

共同生活を送るうちに事件に巻き込まれる慎役を演じるのは、連続ドラマ初出演、初主演となる野田洋次郎(RADWIMPS)。野田は5人の女性と同居するキャラクターを演じることについて「普段バンドでオスしか存在しない世界でひたすら体育会系に音楽活動をする我々なのでバンドメンバーには幾分申し訳ない想いです」と語っている。

なお同作はテレビ東京がNetflixとタッグを組み、木曜深夜に新設するドラマ枠「木ドラ 25」の第1弾作品として放送。プロデューサーの五箇公貴(テレビ東京)はNetflixとのコラボレーションについて「テレビ東京ならではの“企画の独自性”、NETFLIXならではの、“次を見ずにはいられない中毒性”。この2要素を同居させることを意識して日々番組を制作しています。正直、難易度がとても高いのですが、野田キャプテンを中心にチャレンジの航海を続けています」とコメントしている。

野田洋次郎(RADWIMPS)のコメント

今回『100万円の女たち』で連続ドラマに初めて出演させて頂きます。
オファーを頂き、はじめてスタッフの方たちに会った時の溢れんばかりの気概とこの作品への情熱がとても印象的でした。今も鋭意脚本や撮影のプランニングなど一丸となって進んでいます。とても心強いチームです。青野先生原作のあの不思議な空気をまといながら、ちょっとイビツな新体験を観てくださる方々にお届けできたらと思っています。
僕、演じる主人公が5人の魅力的な女性達とひょんなことから同居するところから物語は始まります。
そんな夢のようなシチュエーションに翻弄されないか少し不安はありますが頑張って自分の役割に集中してのぞみたいと思います。普段バンドでオスしか存在しない世界でひたすら体育会系に音楽活動をする我々なのでバンドメンバーには幾分申し訳ない想いです。
僕自身、右も左も分からない身であるからこそあまり既存の枠にとらわれずに面白い作品ができるよう、前に前に挑戦していきたいと思います。
このドラマ、面白いです。よろしくお願いします。

野田洋次郎(RADWIMPS)
野田洋次郎(RADWIMPS)
青野春秋『100万円の女たち』1巻表紙 ©青野春秋/小学館
青野春秋『100万円の女たち』1巻表紙 ©青野春秋/小学館
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)