ニュース

『ラ・ラ・ランド』発声可能上映が全国で開催 手拍子&コスプレも可

『ラ・ラ・ランド』 ©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
『ラ・ラ・ランド』 ©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

映画『ラ・ラ・ランド』の英語歌詞付き発声上映が、4月5日から全国の映画館で開催される。

『第89回アカデミー賞』で6部門に輝いたデイミアン・チャゼル監督の映画『ラ・ラ・ランド』。日本公開後、3月26日まで250万人の動員を記録しており、興行収入は34億円を達成した。

今回の上映は、劇中の歌唱部分に英語字幕をのせた新バージョンで実施。上映中の発声や拍手、手拍子、コスプレでの来場が許可される。

上映中に英語の歌詞がつく楽曲は“ANOTHER DAY OF SUN”“SOMEONE IN THE CROWD”“A LOVELY NIGHT”“CITY OF STARS(SOLO)”“CITY OF STARS(DUET)”“START A FIRE”“AUDITION(THE FOOLS WHO DREAM)”の7曲。上映時の注意事項や実施劇場は映画のオフィシャルサイトでチェックしよう。

『ラ・ラ・ランド』 ©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
『ラ・ラ・ランド』 ©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
『ラ・ラ・ランド』 ©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
『ラ・ラ・ランド』 ©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
『ラ・ラ・ランド』 ©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
『ラ・ラ・ランド』 ©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)