ニュース

ウディ・アレンの監督作を網羅 全キャリア辿る『完全ヴィジュアルガイド』

ジェイソン・ベイリーの書籍『ウディ・アレン 完全ヴィジュアルガイド』が4月26日に刊行される。

同書はウディ・アレンの全監督作品を1本ずつ解説するファンブック。デビュー作『どうしたんだい、タイガー・リリー?』をはじめ、『アカデミー賞』受賞作『アニー・ホール』や、『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』などが登場する。日本版には『マジック・イン・ムーンライト』『教授のおかしな妄想殺人』、5月5日から公開される『カフェ・ソサエティ』も追加。死や精神分析、音楽、ニューヨークをテーマにしたエッセイが収録されるほか、各章にはアレンのコメントも掲載される。

著者のベイリーは、カルチャーサイト「Flavorwire」の映画担当編集者であり、『The Atlantic』や『Salon』『The Village Voice』といった雑誌にも寄稿。日本版監修は都筑はじめ、訳者は草野裕子。

『ウディ・アレン 完全ヴィジュアルガイド』表紙
『ウディ・アレン 完全ヴィジュアルガイド』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Teen Daze“First Rain with S. Carey”

今年2月に発表されたアルバム『Themes for Dying Earth』より新たなPVが公開。Bon IverのバンドメンバーS・キャリーをフィーチャーした同曲。自然が発する壮大なエネルギーと、見知らぬ男女が出会い、互いの心に触れようとする様子が美しく紡ぎ出されている。(飯嶋)