ニュース

新施設「渋谷キャスト」のオープンを祝う多彩企画 ライブやマーケットも

渋谷キャスト キービジュアル
渋谷キャスト キービジュアル

渋谷キャストのオープニングイベントが、4月28日から10日間にわたって開催される。

4月28日に東京・渋谷にオープンする複合施設・渋谷キャスト。オープニング期間中は、Open Reel Ensembleによるライブや、Pinkoi、Anonymous Camp、CINRA.STOREなどが出店する『SHIBUYA DESIGNERS MARKET』、カナダの映像制作スタジオCHAMPAGNE CLUB SANDWICHによるデジタルアートで装飾された、ボンベイ・サファイアのバーなどが展開される。

また渋谷の未来の建築、都市のあり方、シェアやコミュニティーの新しい実践などについて「キャスティングの妙」をテーマに提案するトークイベントには、豊田啓介(noiz architects)、齋藤精一(ライゾマティクス)、長岡勉(POINT)らが登壇。さらに力石咲、ニシハラ★ノリオ、井口雄介、清水陽子といったアーティストによる展示やワークショップも行なわれる。各イベントの詳細は渋谷キャストのオフィシャルサイトでチェックしよう。

なお渋谷キャスト内にはライゾマティクスのクリエイターが手掛けた環境演出を設置。大小18台のディスプレイと27台のマルチサウンドシステムの音響を使用し、時刻や天気、季節などの情報をリアルタイムに取り込んだ空間を演出するという。またライゾマティクスは同施設のライトアップの監修も担当する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)