ニュース

『下北沢サウクル』第5弾でどつ、Bentham、夏の魔物、カネコアヤノら18組

『Shimokitazawa SOUND CRUISING 2017』ロゴ
『Shimokitazawa SOUND CRUISING 2017』ロゴ

『Shimokitazawa SOUND CRUISING 2017』の第5弾出演者が発表された。

東京・下北沢を舞台に、昼と夜の2部構成で行なわれるライブサーキットイベント『Shimokitazawa SOUND CRUISING』。今年は5月27日に開催される。

今回出演が明らかになったのは、どついたるねん、宗教法人マラヤ、Yunomi feat.nicamoq、クウチュウ戦、THE 夏の魔物、 Bentham、ENTHRALLS、KOTORI、密会と耳鳴り、MARQUEE BEACH CLUB、Sentimental boys、mogsan、Utopia League、カネコアヤノ、戸渡陽太、レッツポコポコ、BILLIE IDLE、ロケットボーイズの18組。出演者は今後も追加され、最終的には150組以上の出演を予定しているという。

また同イベントの開催にあわせて、5月20日から27日までの8日間限定で、東京・下北沢ケージ内に「タワーレコード下北沢店」がオープンする。

『Shimokitazawa SOUND CRUISING 2017』ビジュアル
『Shimokitazawa SOUND CRUISING 2017』ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)