Bentham

べんさむ
Bentham

2012年に小関竜矢(Vo.&Gt.)、須田原生(Gt.)、辻怜次(Ba.)、鈴木敬(Dr.)の現メンバーで都内のライブハウスを中心に活動開始。2014年春、KEYTALKのツアーのオープニングアクトに4公演抜擢され注目を集める。2014年10月8日に5曲入りデビューEP「Public EP」をリリースし、デビュー1枚目にも関わらず、10月度のタワレコメン、10月度のエイチオシに抜擢。2015年は初の大型フェス出演となる、VIVA LA ROCKにも出演し2000人以上の観客を集めて新人ながら大注目をあびた。2015年5月13日には2nd EP「NEW LIFE」をリリースし、前作以上のヒットを飛ばす。「NEW LIFE」から半年後、8曲入りとなる3rd EP「OMG」を11月11日にリリースし、過去最高の売り上げを獲得し各チャートを賑わせたのち、2015年を締めくくる大型フェスCOUNTDOWN JAPAN 15/16では5000人を集客し、「OMG」リリースツアーのファイナルである、渋谷クラブクアトロをソールドアウトさせ勢いは止まらない。2016年4月30日に代官山UNITで開催した、バンド史上初ワンマンは500キャパに対して5000枚の応募があり、Benthamの世の中の注目度が一気に加速したまま、夏を代表するロックフェス「ROCK'N ON JAPAN 2016」に出演。4日間を通してWING TENTの集客数3位を記録し、音楽業界内でも話題をさらって行った。2016年7月4枚目のEP「ExP」を発売しロングヒット中。そのツアーが恵比寿のリキッドルームで行われ、900人のオーディエンスを熱狂させた。そして、2017年春ついにBenthamがメジャー・シーンに躍り出る!!(プレスリリースより)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)