ニュース

マイク・ミルズが撮った東京 『20センチュリー・ウーマン』公開記念写真展

マイク・ミルズ
マイク・ミルズ

マイク・ミルズの写真展『I WANT TO SEE THIS MODERN WORLD. TOKYO PHOTOS BY MIKE MILLS』が、6月2日から東京・原宿のトーキョー カルチャート by ビームスで開催される。

マイク・ミルズ監督の映画『20センチュリー・ウーマン』の公開を記念して行なわれる同展。同作のプロモーションのために3月下旬に来日したミルズが、宿泊先のホテル近辺やオフの日に友人と散策し際に撮影したモノクロ写真を展示する。作品の一部は5月20日刊行の『SWITCH Vol.35』にミルズのインタビューと共に掲載される。

6月3日から公開される『20センチュリー・ウーマン』は、1979年のアメリカ・サンタバーバラを舞台に、15歳のジェイミーが母親のドロシア、パンクな写真家のアビー、幼なじみのジュリーの3人の女性と過ごしながら成長していくひと夏の物語を描いた作品。シングルマザーのドロシア役をアネット・ベニング、アビー役をグレタ・ガーウィグ、ジュリー役をエル・ファニングが演じる。

マイク・ミルズ作品
マイク・ミルズ作品
マイク・ミルズ作品
マイク・ミルズ作品
マイク・ミルズ作品
マイク・ミルズ作品
『20センチュリー・ウーマン』ポスタービジュアル ©2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
『20センチュリー・ウーマン』ポスタービジュアル ©2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)