ニュース

宮崎駿が「引退撤回」 新作長編アニメーションのスタッフ募集

宮崎駿が新作長編アニメーション映画を製作していることがわかった。

2013年に長編映画の制作から引退することを発表した宮崎。引退宣言後もCGを使用した短編映画『毛虫のボロ』を制作していた。

スタジオジブリのオフィシャルサイトには、「宮崎監督は『引退撤回』を決断し、長編アニメーション映画の制作を決めました」と明記。引退撤回に至った経緯については、昔からの仲間を何人も亡くし、「自分自身の終焉に関してより深く考える日々」を送ったことが挙げられており、「作るに値する題材を見出したからにほかなりません。年齢的には、今度こそ、本当に最後の監督作品になるでしょう」と綴られている。

あわせてスタジオジブリでは、宮崎監督の新作を手掛ける動画と背景美術のスタッフを募集。応募資格は年齢18歳以上で、性別・国籍は問わない。契約期間は3年間となる。内定者の入社予定日は10月1日を予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)