内野聖陽と瀬戸康史が対峙。三谷幸喜の2人芝居『笑の大学』が4半世紀ぶり上演

三谷幸喜作・演出のPARCO劇場開場50周年記念シリーズ『笑の大学』が2023年2月8日から渋谷PARCO劇場ほかで上演される。

1996年にパルコプロデュース公演として青山円形劇場で初演された2人芝居『笑の大学』は、戦時色が濃厚になる昭和15年を舞台に、厳格な検閲官・向坂睦男と、劇団「笑の大学」の座付作家・椿一の間で起きた上演許可を巡る7日間の攻防を描いた作品。『第2回読売演劇大賞』最優秀作品賞を受賞し、1998年にアンコール公演が行なわれたほか、ロシア語、韓国語、中国語、フランス語にも翻訳され海外でも上演されているが、日本では1998年以来、1度も上演されていなかった。

今回は向坂睦男役を内野聖陽、椿一役を瀬戸康史が演じる。三谷は「内野さんの『向坂』が見たいと思った時から、今回のプロジェクトは始まった」とコメント。三谷の撮り下ろし写真とコメント映像も到着した。

さらに警視庁の取調室で2人が向かい合う様子を捉えたチラシビジュアル、ポスタービジュアル、スポット映像も公開。ビジュアル撮影では、お互いの印象について内野は「若いのに技術や魅力をたくさん持ってらっしゃる方なので、稽古中もクリエイティブないい稽古場になるような予感がしてすごくワクワクしています」、瀬戸は「内野さんは無骨な役からコミカルな役まで幅広く演じられている印象なので、今作では内野さんと僕でしかできない掛け合いや空気感が出せればいいなと思います」と語っていたという。

東京公演のチケット一般販売は1月7日からスタート。

公演日程
東京公演2月8日(水)〜3月5日(日)@PARCO劇場
新潟公演3月11日(土)〜3月12日(日)@りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場
長野公演3月18日(土)〜3月19日(日)@まつもと市民芸術館 主ホール
大阪公演3月23日(木)〜3月26日(日)@サンケイホールブリーゼ
福岡公演3月30日(木)〜4月2日(日)@キャナルシティ劇場
宮城公演4月6日(木)〜4月9日(日)@電力ホール
兵庫公演4月13日(木)〜4月16日(日)@兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
沖縄公演4月20日(木)〜4月21日(金)@那覇文化芸術劇場なはーと 大劇場

笑の大学 | PARCO STAGE -パルコステージ-


フィードバック 2

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Stage
  • 内野聖陽と瀬戸康史が対峙。三谷幸喜の2人芝居『笑の大学』が4半世紀ぶり上演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて