芥川賞、直木賞候補作発表。安堂ホセ、鈴木涼美、雫井脩介、凪良ゆうらがノミネート

メイン画像:芥川龍之介直木三十五

『第168回芥川龍之介賞』『第168回直木三十五賞』の候補作品が発表された。

『第168回芥川龍之介賞』の候補作品は、安堂ホセ『ジャクソンひとり』(『文藝』冬季号)、井戸川射子『この世の喜びよ』(『群像』7月号)、グレゴリー・ケズナジャット『開墾地』(『群像』11月号)、佐藤厚志『荒地の家族』(『新潮』12月号)、鈴木涼美『グレイスレス』(『文學界』11月号)。

『第168回直木三十五賞』候補作品には、一穂ミチ『光のとこにいてね』(文藝春秋)、小川哲『地図と拳』(集英社)、雫井脩介『クロコダイル・ティアーズ』(文藝春秋)、千早茜『しろがねの葉』(新潮社)、凪良ゆう『汝、星のごとく』(講談社)がラインナップしている。

選考委員会は1月19日に都内で開催される。

芥川龍之介賞|公益財団法人日本文学振興会 直木三十五賞|公益財団法人日本文学振興会


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Book
  • 芥川賞、直木賞候補作発表。安堂ホセ、鈴木涼美、雫井脩介、凪良ゆうらがノミネート

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて