冴羽獠が新宿の夜景をバックに仁王立ち『劇場版シティーハンター』北条司描き下ろしビジュアル公開

メイン画像:©北条司/コアミックス・「2023 劇場版シティーハンター」製作委員会

『劇場版シティーハンター』の北条司描き下ろしビジュアルが到着。2023年の公開とメインキャストの続投が発表された。

原作の発行部数が全世界で5000万部を超える北条司の漫画『シティーハンター』。2019年公開の『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』は観客動員100万人、興収15億円を記録した。『劇場版シティーハンター』でも冴羽獠役を神谷明が続投し、エンディングテーマもTM NETWORK“Get Wild”であることが発表されていた。

冴羽獠が新宿の夜景をバックに仁王立ち

公開されたビジュアルには、「The Final Chapter Begins.」「過去に終止符を打つ戦いが始まる――」というコピーと共に、冴羽獠が新宿の夜景をバックに仁王立ちする姿が描かれている。公式のビジュアルでは初めて使われた「CH」という略字も確認できる。

メインキャストは神谷明に加え、槇村香役の伊倉一恵、野上冴子役の一龍斎春水、海坊主役の玄田哲章、美樹役の小山茉美がそれぞれ続投する。

12月17日、18日に千葉・幕張メッセで開催される『ジャンプフェスタ2023』で「原作・北条司描き下ろし第1弾キービジュアル -The Final Chapter Begins.-」仕様のジオラマアクリルスタンド付きムビチケカードが販売される。

新作「劇場版シティーハンター」公式サイト | 2023年公開


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 冴羽獠が新宿の夜景をバックに仁王立ち『劇場版シティーハンター』北条司描き下ろしビジュアル公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて