坂口健太郎主演の映画『サイド バイ サイド 隣にいる人』に齋藤飛鳥が元恋人役で出演

メイン画像:『サイド バイ サイド 隣にいる人』 ©2023『サイド バイ サイド』製作委員会

坂口健太郎主演の映画『サイド バイ サイド 隣にいる人』が4月14日から公開される。

同作は行定勲が企画、プロデュース、伊藤ちひろが監督、脚本、原案を務めた作品。そこに存在しない「誰かの想い」が見える青年・未山は、高校時代の後輩でミュージシャンの草鹿から過去に未山と恋人・莉子が遭遇した事件の顛末を明かされ、未山の前から姿を消していた莉子と再会を果たすことで、やがて未山の秘密が紐解かれていくというあらすじだ。

不思議な力を持ち、傷ついた人を癒す主人公・未山役に坂口健太郎、未山の元恋人・莉子役に乃木坂46からの卒業発表後初の映画出演となる齋藤飛鳥、未山と生活を共にしている看護師の恋人・詩織役に市川実日子、草鹿役に浅香航大、詩織の娘・美々役に磯村アメリがキャスティング。

今回の発表とあわせて場面写真、コメントが到着した。

【坂口健太郎のコメント】
登場⼈物それぞれに、未⼭という像があり、どれも真実でどれも嘘のような、彼が何者なのかをみんなで模索し、答えを導き出す旅をしているような不思議な体験でした。
この作品ならではの世界観に浸ってもらえると嬉しいです。

【齋藤飛鳥のコメント】
わかるような、わからないような
わかりたいようで、わかりたくないような。
曖昧で切なくて、美しい体験をさせていただきました。
見てくださるみなさんにも、そんな体験が待っていますように。

【浅香航大のコメント】
とても不思議な作品でした。
正直、台本から仕上がりの想像がつかない映画で、出来上がった作品を見て泣いてしまうとは想像していませんでした。
伊藤ちひろ監督とは昔からの付き合いですが、伊藤さんの頭の中にこのようなものがあったなんて、驚きです。
泣いてしまったと言いましたが、前向きに、この地球に生きている自分を愛してあげたくなるような映画でした。

【磯村アメリのコメント】
スタッフさんとトランプしたり、ご飯食べに行ったり、カエルをみせてもらったり、みんなが沢山遊んでくれて、毎日楽しいお仕事でした!
未山くん(坂口健太郎さん)はいつも抱っこしてくれて、牛を触らせてくれたり、隠れんぼしたりいつもいっぱい遊んでくれました!未山くんのお腹でお昼寝するシーンは本当に眠くなっちゃって未山くんって、優しくて天使だなって思いました。
監督さんが美々がアメリで良かったって言ってくれたのが嬉しくてアメリも美々になれて嬉しかったです。
監督さん優しくて大好きになっちゃったから、バイバイが嫌で最後泣いちゃいました(笑)

映画を観て、アメリは最後感動して泣いちゃいました。
楽しくお仕事できたから楽しくみんなで観てください♪

【市川実日子のコメント】
光がきれいな初夏の長野で、撮影をしました。
口下手で繊細な心を持つ監督が、もっと饒舌な方だったら。このお話もこの映画も生まれていないんだろうなと感じています。
目に見えるもの、見えないもの。ひとの強さや優しさ、美しさ。言葉で形容しがたいものを、探し体感し続ける旅のようでした。
公開をたのしみにしていただけたら、うれしいです。

【伊藤ちひろ監督のコメント】
これは坂口健太郎さんの持つ圧倒的な透明感に魅了されてできた作品です。
未山というキャラクターは、主人公でありながら、物語のなかでもっとも謎に包まれた存在ですが、その神秘性や繊細さのような、そういった言葉にはなかなか表しづらい複雑さを、坂口さんはとても丁寧に表現してくださいました。
サイドバイサイドというこの映画のタイトルは「隣にいる」という意味があります。
自分の隣にはいま誰がいるのか、これまで誰が隣にいたか、人生を振り返ったらどんなひとのいくつの横顔が浮かぶのか、そして誰にいてほしいと感じるのか。
距離感の取り方を意識する時代のなかで、そういったことを、ふと考えます。
素晴らしい演者の方々の色鮮やかな感性の力により、その隣にいる様々な関係を豊かにつくっていくことができました。

【行定勲のコメント】
脚本は、伊藤ちひろ監督ならではのマジックリアリズムを用いた世界観が面白く、重くなりがちな背景をおかしみを交えたユニークな表現で中和させる卓越したものだった。
坂口健太郎演じる主人公の未山くんは、無口で透明感のある風貌とその佇まいだけで惹きつけられる圧倒的な魅力があった。素晴らしいキャストによって作られていく澄んだ空気に相まって、長野の美しい自然に拘って撮られたロケーションに癒される作品になったと思います。コロナ時代を生きる私たちの心に響く映画になることを切に願います。

映画『サイド バイ サイド 隣にいる人』 | 2023年4月14日(金)公開


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 坂口健太郎主演の映画『サイド バイ サイド 隣にいる人』に齋藤飛鳥が元恋人役で出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて