夏休みはどこにでかける?首都圏おススメイベントまとめ

8月に突入し、いよいよ今年の夏も本番。照りつける太陽の下、首都圏で開催される注目のイベントを各ジャンルからピックアップしました。カレーとビールのフェス、映画の屋外上映など、この季節にぴったりのイベントから、室内でも楽しめる展示や舞台などを紹介します。

アート編 夏休みの首都圏オススメイベント

川島小鳥 新作写真展『20歳の頃』(~8月14日)

川島小鳥 新作写真展『20歳の頃』メインビジュアル
川島小鳥 新作写真展『20歳の頃』メインビジュアル

川島小鳥の新作で構成される写真展。東京と台北で「20歳になる1人の女性」を撮影したという作品群が展示される。同シリーズでモデルを務めたのは女優・ファッションモデルとして活躍する森川葵。会場では同展にあわせて制作されたZINEも部数限定で販売。

イベント情報

川島小鳥 新作写真展『20歳の頃』

2016年7月30日(土)~8月14日(日)
会場:東京都 阿佐ヶ谷 void
時間:12:00~20:00
休廊日:火曜
料金:無料
※30日は作家在廊予定

『羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~』(~8月17日)

左から『ハチミツとクローバー』表紙、『3月のライオン』表紙
左から『ハチミツとクローバー』表紙、『3月のライオン』表紙

漫画家・羽海野チカの世界を紹介する展覧会。『ハチミツとクローバー』や『3月のライオン』などの作品から150点以上の原画が展示されるほか、羽海野による愛猫「ブンちゃん」のイラストなども紹介される。会場では複製原画やオリジナルグッズも販売予定。

イベント情報

『羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~』

2016年8月4日(木)~8月17日(水)
会場:東京都 西武池袋本店 別館2階 西武ギャラリー
時間:10:00~21:00(8月7日、8月14日、8月17日は20:00まで、入場は閉場の30分前まで)
料金:一般800円 大学生・高校生600円 中学生300円
※小学生以下無料

『ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」』東京会場(~9月25日)

『ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」』チラシビジュアル
『ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」』チラシビジュアル

国内外の漫画家がルーヴル美術館をテーマに据えた作品を制作する企画「ルーヴル美術館BDプロジェクト」を紹介する展覧会。出展作家は荒木飛呂彦、松本大洋ら16組。寺田克也、ヤマザキマリらが新たに描き下ろした作品も発表される。

イベント情報

『ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」』東京会場

2016年7月22日(金)~9月25日(日)
会場:東京都 六本木 森アーツセンターギャラリー
時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)
参加作家:
二コラ・ド・クレシー、マルク=アントワーヌ・マチュー、エリック・リベルジュ、ベルナール・イスレール、荒木飛呂彦、クリスティアン・デュリユー、ダヴィッド・プリュドム、エンキ・ビラル、エティエンヌ・ダヴォドー、フィリップ・デュピュイ、谷口ジロー、松本大洋、五十嵐大介、坂本眞一、寺田克也、ヤマザキマリ

『宇宙と芸術展 ―かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ―』(~2017年1月9日)

チームラボ『追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark』2014年、展示風景:日本科学未来館 ※参考作品
チームラボ『追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark』2014年、展示風景:日本科学未来館 ※参考作品

ダ・ヴィンチの手稿や現代アーティストのインスタレーションなどを通して「未来に向けた新たな宇宙観、人間観」の提示を試みる展覧会。出展作家には、ピエール・ユイグ、アンドレアス・グルスキー、空山基、杉本博司、チームラボらが名を連ねている。

イベント情報

『宇宙と芸術展 ―かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ―』

2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)
会場:東京都 六本木 森美術館
時間:10:00~22:00(火曜は17:00まで、入場は閉館の30分前まで)
出展作家:
北脇昇、前田征紀、向山喜章、ヴィヤ・セルミンス、ビョーン・ダーレム、アンドレアス・グルスキー、ジア・アイリ、トレヴァー・パグレン、セミコンダクター、コンラッド・ショークロス、ヴォルフガング・ティルマンス、ヴァンサン・フルニエ、ローラン・グラッソ、ピエール・ユイグ、パトリシア・ピッチニーニ、空山基、杉本博司、ジュール・ド・バランクール、マリア・グルズデヴァ、野村仁、逢坂卓郎、チームラボ、トム・サックス、ほか

ダダ100周年フェスティバル+SPIRAL『GALLERY VOLTAIRE』(~8月28日)

ダダ100周年フェスティバル+SPIRAL『GALLERY VOLTAIRE』メインビジュアル
ダダ100周年フェスティバル+SPIRAL『GALLERY VOLTAIRE』メインビジュアル

ダダイズムの100周年を記念するイベント。展示やパフォーマンスを通じて、ダダの精神を現代的に解釈し表現するアーティストを紹介する。また、ポップアップショップでは江口寿史、groovisionsらがウルトラ怪獣・ダダをモチーフに制作した限定ポスターを販売予定。

イベント情報

ダダ100周年フェスティバル+SPIRAL『GALLERY VOLTAIRE』

2016年8月4日(木)~8月28日(日)
会場:東京都 南青山 スパイラル
休館日:8月15日~8月17日
料金:無料(一部プログラムは有料)


音楽編 夏休みの首都圏オススメイベント

『WORLD HAPPINESS 2016 夢の島 THE LAST』(8月28日)

『WORLD HAPPINESS 2016 夢の島 THE LAST』キービジュアル
『WORLD HAPPINESS 2016 夢の島 THE LAST』キービジュアル

今年で9回目の開催を迎える野外音楽イベント。電気グルーヴ、大森靖子、Ykiki Beatらが出演するほか、活動休止を発表していたムーンライダーズがこの日のライブで復活を果たすことも明らかになっている。なお、夢の島公園陸上競技場での同イベントの開催は今回が最後。

イベント情報

『WORLD HAPPINESS 2016 夢の島 THE LAST』

2016年8月28日(日)OPEN 11:00 / START 12:30
会場:東京都 新木場 夢の島公園陸上競技場
出演:
METAFIVE、電気グルーヴ、大森靖子、GLIM SPANKY、スチャダラパー、ポカスカジャン、東京スカパラダイスオーケストラ、ムーンライダーズ、Ykiki Beat、矢野顕子、WEAVER、水曜日のカンパネラ、and more
料金:ブロック指定9,500円 小学生1,200円 親子チケット10,000円 早割チケット8,500円(全てレジャーシート付)
※親子チケットは大人1名、子ども1名が対象

『代官山 晴れたら空に豆まいて 10周年記念 アート・リンゼイ / ARTO LINDSAY JAPAN 2016』(8月29日~)

アート・リンゼイ
アート・リンゼイ

晴れたら空に豆まいての10周年記念企画の一環で開催されるアート・リンゼイの来日公演。5日間にわたって行なわれ、8月29日と30日には青葉市子、31日には山木秀夫、9月1日にはBuffalo Daughter、2日にはジム・オルークをゲストに迎える。

イベント情報

『代官山 晴れたら空に豆まいて 10周年記念 アート・リンゼイ / ARTO LINDSAY JAPAN 2016』

2016年8月29日(月)~9月2日(金)
会場:東京都 代官山 晴れたら空に豆まいて
出演:
アート・リンゼイ
青葉市子(8月29日、8月30日)
山木秀夫(8月31日)
Buffalo Daughter(9月1日)
ジム・オルーク(9月2日)

『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』(8月20日)

『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』ビジュアル
『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』ビジュアル

『HOSTESS CLUB』によるライブイベント。『SUMMER SONIC』の深夜枠「MIDNIGHT SONIC」内で行なわれる。出演するのはDinosaur Jr.、Animal Collective、Deerhunter、Matthew Herbertら8組。

イベント情報

『HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER』

2016年8月20日(土)
会場:千葉県 幕張メッセ 『SUMMER SONIC 2016』MIDNIGHT SONIC内
出演:
Dinosaur Jr.、Animal Collective、Deerhunter、Matthew Herbert、Temples、Savages、Asgeir、John Grant
料金:8,500円

『LIQUIDROOM 12th ANNIVERSARY ~カクバリズムの夏祭り~』(8月21日)

YOUR SONG IS GOOD
YOUR SONG IS GOOD

カクバリズムがLIQUIDROOMの12周年記念を祝う音楽イベント。出演者にはキセル、ミツメ、YOUR SONG IS GOODらが名を連ねている。なお、来場者は恵比寿のLIQUIDROOM、LIQUID LOFT、Time Out Cafe & Diner、KATAを自由に往来することが出来る。

イベント情報

『LIQUIDROOM 12th ANNIVERSARY ~カクバリズムの夏祭り~』

2016年8月21日(日)OPEN / START 14:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM、LIQUID LOFT、Time Out Cafe & Diner、KATA
出演:
YOUR SONG IS GOOD、キセル、VIDEOTAPEMUSIC、スカート、二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band、あだち麗三郎クワルテッット、Hei Tanaka、MU-STARS、LITTLE CREATURES、DISCO MAKAPU'U(川辺ヒロシ、サイトウ“JxJx”ジュン)、ミツメ、古川麦トリオ with 谷口雄、高田漣、やけのはら、Mr.Melody、思い出野郎Aチーム、TUCKER'S MUSIC LOUNGE(TUCKER、エマーソン北村、YOSSY LITTLE NOISE BEAVER、yohey from mocrock、NAOYA(BOBBY'S BAR)、YAMADA ZOMBIE)、swimmees、本秀康、大原大次郎、and more
料金:4,000円(ドリンク別)


映画編 夏休みの首都圏オススメイベント

『第3回 夏のホラー秘宝まつり 2016』(8月20日~)

『第3回 夏のホラー秘宝まつり 2016』チラシビジュアル
『第3回 夏のホラー秘宝まつり 2016』チラシビジュアル

キングレコードによるホラー映画レーベル「ホラー秘宝」が主宰する特集上映。上映作品には、新作5本を含む23作品がラインナップ。企画内ではフランク・ヘネンロッター監督やハーシェル・ゴードン・ルイス監督の特集も組まれている。

イベント情報

『第3回 夏のホラー秘宝まつり 2016』

2016年8月20日(土)~9月9日(金)
会場:東京都 キネカ大森
上映作品:
『EVIL IDOL SONG』(監督:大畑創)
『「超」怖い話』(監督:千葉誠治)
『The Room』(監督:デビッド・シン)
ほか
配給:ブラウニー
料金:新作1,500円、旧作1,100円

『恵比寿ガーデンピクニック』(~8月31日)

『恵比寿ガーデンピクニック』昨年の会場風景
『恵比寿ガーデンピクニック』昨年の会場風景

7月15日から開催される屋外イベント。恵比寿ガーデンプレイスのセンター広場に人口芝を敷き、ステージとスクリーンを設置。8月5日からは『ピクニックシネマ』と題し、ウェス・アンダーソン、ミシェル・ゴンドリーらの9作品が無料で屋外上映される。

イベント情報

『恵比寿ガーデンピクニック』

2016年7月15日(金)~8月31日(水)
会場:東京都 恵比寿ガーデンプレイス センター広場

『北欧映画の夏祭り』(8月6日~)

『かもめ食堂』 ©かもめ商会
『かもめ食堂』 ©かもめ商会

北欧にまつわる様々なジャンルの映画を取り上げる特集上映。『シンプル・シモン』『劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション』、フィンランドを舞台にした日本映画『かもめ食堂』など14作品を上映予定。アキ・カウリスマキ監督の特集上映も行なわれる。

イベント情報

『北欧映画の夏祭り』

2016年8月6日(土)~8月26日(金)
会場:東京都 ユジク阿佐ヶ谷

『第5回ねぶくろシネマ supported by コスモスイニシア』(8月27日)

『第5回ねぶくろシネマ supported by コスモスイニシア』ビジュアル
『第5回ねぶくろシネマ supported by コスモスイニシア』ビジュアル

葛西臨海公園展望広場で開催される無料の屋外上映イベント。少年たちが宝探しの冒険を繰り広げる様を描いたスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮の映画『グーニーズ』を上映する。寝袋の持参は必須ではないが、敷物やアウトドアチェアの持参が推奨されている。

イベント情報

『第5回ねぶくろシネマ supported by コスモスイニシア』

2016年8月27日(土)15:00~
会場:東京都 葛西臨海公園 展望広場
上映作品:『グーニーズ』(監督:リチャード・ドナー)
料金:無料


演劇編 夏休みの首都圏オススメイベント

はえぎわ『其処馬鹿と泣く』(8月27日~)

はえぎわ『其処馬鹿と泣く』メインビジュアル
はえぎわ『其処馬鹿と泣く』メインビジュアル

ノゾエ征爾が主宰する劇団・はえぎわの新作公演。宮崎吐夢(大人計画)、清水優が客演として参加するほか、ノゾエをはじめ、井内ミワク、鈴真紀史、滝寛式、竹口龍茶、踊り子あり、川上友里、鳥島明、富川一人がキャストに名を連ねている。

イベント情報

はえぎわ『其処馬鹿と泣く』

2016年8月27日(土)~9月7日(水)全14公演
会場:東京都 日比谷 イマジンスタジオ
作・演出:ノゾエ征爾
出演:
井内ミワク、鈴真紀史、滝寛式、竹口龍茶、踊り子あり、宮崎吐夢、清水優、川上友里、鳥島明、富川一人、ノゾエ征爾
料金:前売 一般3,500円 学生2,500円 高校生以下1,500円 当日4,000円

『イヌの日』(8月10日~)

左から松居大悟、尾上寛之、玉置玲央、青柳文子
左から松居大悟、尾上寛之、玉置玲央、青柳文子

2000年に阿佐ヶ谷スパイダースによって初演され、2006年にリメイク上演された長塚圭史作の舞台。今回の再演で演出を手掛けるのは劇団「ゴジゲン」主宰であり、映画『私たちのハァハァ』『アフロ田中』などの監督作品でも知られる松居大悟。

イベント情報

『イヌの日』

2016年8月10日(水)~8月21日(日)
会場:東京都 下北沢 ザ・スズナリ
作:長塚圭史
演出:松居大悟
出演:尾上寛之、玉置玲央、青柳文子、大窪人衛、目次立樹、川村紗也、菊池明明、松居大悟、本折最強さとし、村上航
料金:前方ベンチシート自由席4,500円 指定席4,500円 高校生以下3,000円

チーム夜営 vol.4『衛星の兄弟』(8月11日~)

チーム夜営 vol.4『衛星の兄弟』チラシビジュアル
チーム夜営 vol.4『衛星の兄弟』チラシビジュアル

美術、映像、グラフィックデザインなど様々な分野で活動するメンバーが集い、演劇作品を制作するチーム夜営の新作。長期の大戦で穴だらけになった地球の周回軌道を舞台に、大戦を終わらせるために打ち上げられた人工衛星の3兄弟と、小型気象観測衛星を描く。

イベント情報

チーム夜営 vol.4『衛星の兄弟』

2016年8月11日(木・祝)~8月13日(土)全6公演
会場:神奈川県 横浜 のげシャーレ
演出:小林弘樹
脚本:大竹竜平
出演:
馬場太史、萩原優奈、高澤聡美、小林弘樹
料金:
前売 一般2,300円 学生1,800円
当日2,500円


その他 夏休みの首都圏オススメイベント

『日本のポータブル・レコード・プレイヤー展』(~8月28日)

『日本のポータブル・レコード・プレイヤー展』フライヤービジュアル
『日本のポータブル・レコード・プレイヤー展』フライヤービジュアル

「オモシロかわいい」ポータブルレコードプレイヤー約100点を紹介する展覧会。8月14日には円盤・田口史人とドローンやアンビエントミュージックを奏でるアーティスト・ASUNAがレコードプレイヤー100台とキーボード100台を使用したライブを開催予定。

イベント情報

『日本のポータブル・レコード・プレイヤー展』

2016年7月30日(土)~8月28日(日)
会場:東京都 三軒茶屋 世田谷文化生活情報センター 生活工房ギャラリー
時間:9:00~20:00
料金:無料

『GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN展』(~8月22日)

アニメーション『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』PV『GUNDAM RISING』場面写真 ©創通・サンライズ
アニメーション『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』PV『GUNDAM RISING』場面写真 ©創通・サンライズ

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の魅力を紹介するアート展。安彦良和による漫画原画やアニメ版の制作過程を紹介する資料や映像などが展示される。また会場では、限定ガンプラや「名ゼリフクッキー」などのオリジナルグッズも販売。

イベント情報

『GUNDAM PRODUCT ART 機動戦士ガンダム THE ORIGIN展』

2016年8月3日(水)~8月22日(月)
会場:東京都 銀座 松屋銀座 8階イベントスクエア
時間:10:00~20:00(最終日は17:00閉場、入場は閉場の30分前まで)
料金:一般800円 大高生600円 小中学生400円

『&SCENE 手創り市』(8月28日)

『&SCENE 手創り市』メインビジュアル
『&SCENE 手創り市』メインビジュアル

千駄木・養源寺で偶数月の第4日曜日に開催されているマーケットイベント。8月28日は「納涼」をテーマに様々な商品が出店されるほか、会場内でのライブも開催予定。出展者の詳しい情報やライブの概要についてはウェブサイトをチェックしよう。

イベント情報

『&SCENE 手創り市』

2016年8月28日(日)
会場:東京都 千駄木 養源寺
時間:9:00~16:00
料金:無料

『Curry & Beer Festival』(8月27日、8月28日)

『Curry & Beer Festival』メインビジュアル
『Curry & Beer Festival』メインビジュアル

カレーとクラフトビールのフェスティバル。会場にはそれぞれ10店舗以上のカレー店、クラフトビール店が登場する。また、1,200円で4種類のビールが楽しめる「クラフトビール4種飲み比べ」も実施予定。

イベント情報

『Curry & Beer Festival』

2016年8月27日(土)、8月28日(日)
会場:東京都 表参道 国連大学前広場
時間:10:00~17:00
料金:無料

フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art/Design
  • 夏休みはどこにでかける?首都圏おススメイベントまとめ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて