康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』

ロマンティシズムに満ちた洋画で明治画壇に颯爽と登場した青木繁。明治を代表すると言っても過言ではない彼の絵画は、教科書で目にしたことがあるかもしれません。28歳の若さで夭逝した青木繁の没後100年を記念して、ブリヂストン美術館では「没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術」が開催中。この展覧会の魅力を、世界を股にかけ活躍するダンサー・振付家の康本雅子さんとともに探ってみましょう!



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art,Design
  • 康本雅子と行く『没後100年 青木繁展ーよみがえる神話と芸術』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて