21世紀の女子解放論 もっともっと、気持ちいい毎日を

21世紀の女子解放論 もっともっと、気持ちいい毎日を 第1回 湯山玲子×トミヤマユキコ対談

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUPPORTED BY iroha

21世紀の女子解放論 もっともっと、気持ちいい毎日を

1

湯山玲子×トミヤマユキコ対談

3/3

女の性欲がゆっくりと認められてきた歴史

湯山玲子

irohaシルエット

湯山:女性が自分の性欲を自分でコントロールするのは大事。子どもにとってあの快楽は悪魔の仕業ですよ。私は、小さい頃、親にバレて叱られました。親も無かったことにしてくれたのでよかったんですけど、子ども心に「これは絶対に人に言っちゃいけないことなんだ」と思いましたね。1960年代は、女の性欲は、男が開発するものという体だったから。

トミヤマ:そうですよね。少女漫画にセックスシーンが出てくるのだってウーマンリブ(1960年代後半にアメリカから起こった女性解放運動)の煽りが来て、1970年代後半にやっとです。

湯山:『風と木の詩』(竹宮惠子。1976年連載開始)や『ベルサイユのばら』(池田理代子。1972年連載開始)だよね。特に『ベルばら』は少女漫画初、アンドレとオスカルの恋愛の必然としてのセックスシーンを描いている。大きく扉が開けたのはインターネットのポルノサイトの登場だよね。と言っても、ここ5年くらいっていうのが実感だけど。それ以前は何かと言えば文学。

トミヤマ:妄想のネタとしてですよね。

湯山:マルキ・ド・サド(フランス革命期の小説家)とかギヨーム・アポリネール(イタリア出身、ポーランド人の小説家、詩人、美術批評家)とか、あんな小難しい本を一生懸命読んでたのも、すべてはネタ探しのため(笑)。10代後半に富士見ロマン文庫が刊行されて、文学の知的の装いをしたズリネタをガンガン読むから、読書量が上がっちゃって。「こうなったら、原典も掘っちゃうよ!」みたいな。

トミヤマ: ははは!

irohaシルエット

湯山:そうやって女の快楽の解放がゆ~っくりと雪解けに向かっていったわけですよ。大雪原にヤカンで熱湯をかけるかのごとく(笑)。近年BL大ヒットの社会現象化が起こって、男も、男社会を信じたい女も、「BL好きは彼氏が出来ない女子たち御用達でしょ?」って言えなくなった。

トミヤマ:女子が性欲を満たす手段として、一気に広がりましたよね。

セックスにおいては、
男女は対等な関係でなくていい

トミヤマユキコ

湯山:セックスファンタジーって不思議なもので、この私でさえ、女性が男性に支配されるストーリーが大好きですからね。

トミヤマ:わかります!!

湯山:残念ながら、対等な関係で萌えるという快感回路は、日本の私の環境では皆無だったんで、男性ポルノの支配ストーリー妄想だけが肥大してしまった。普通に男性向けの動画サイトで欲情できるんです。女性が女性のために作ったアダルトビデオの初期は、その辺を逆転させようとしていた感じがあったけど……。

トミヤマ:萌えないんですよね。支配・被支配の関係はやめましょうっていうコンセプトで作られた女性向け作品は、私としてもグっとこないというか。やっぱり男たちが作ったストーリーに、ファンタジーとしては乗っかりたいというところもある(笑)。

性は生き方と直結しているからこそ、
自閉するべからず

左から:トミヤマユキコ、湯山玲子

irohaシルエット

湯山:あえて苦言を呈するならば、日本はオナニーという余暇のファンタジーが現実と逆転しちゃってる。今はさんざんネタとして萌えてきて、つまり、教育されてきたストーリーの内側で欲情しているけれど、そうじゃない自分のセックスの現実対応のストーリーを作っていかないと、人生のハッピーセックスライフは難しいです。現実のセックスは、ストーリーすらない場合もあるわけで。

トミヤマ:そうですね。自分で自分の身体に喜びを与えるのはいいことなんですけど、既存のファンタジーに欲情して自分の身体を慰めるだけではちょっともったいないかも……。男と関わろうという気持ちがある人は、両者の間で納得できる新しいファンタジーを作ろうとすることも大事かな。

湯山:そんな中でirohaさんには、女の性欲を認め、「自分の性欲を開発するのは男ではない」というところで頑張って欲しいです。

トミヤマ:女の快楽は男に開発してもらうものではないんだぞっていうのは、今愛人騒動で話題の某Oさんにも言ってやりたいです(笑)。

iroha miniシルエット

湯山:その一方で、「自己快楽コントロールを極め、オナニー王国の一国一城の王になれ」と。私の場合、長期に培ってきたその道なので、ちょっとやそっとじゃ内面の妄想快楽の城は揺らがない。その城は城として発展させながら、現実ではそれとは全く違う、他者である男性とのセックスを妄想の力を借りることなくできれば、御の字なんですけどね。言わば「城から出て、城に帰還せよ!」ってね。両立し、矛盾を抱えることをいとわない。

トミヤマ:湯山さんの城は絶対壊れないでしょうね(笑)。でも、帰る城があるからこそ、いろんな人と余裕を持って関われるんですよ。

湯山:そうそう。気分転換できるよね。性って生き方と直結してるから、そのぐらいの余裕が大切なんですよ。

INFORMATION

商品情報

irohairoha mini
「女性らしくを、新しく。」をコンセプトにTENGAから登場した、女性用セルフプレジャー・アイテム。ふんわりソフトな肌ざわりで、3種類それぞれ使用感が違う「iroha」、手のひらサイズでシンプルな操作性の「iroha mini」、しなやかなしなり構造でロングフォルムの「iroha FIT」。女性目線で考えられた機能性とデザインで、女性に寄り添うセルフケアを提供します。

書籍情報

湯山玲子『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』

湯山玲子
『男をこじらせる前に 男がリアルにツラい時代の処方箋』

2015年1月31日(土)発売
価格:1,728円(税込)
発行:角川書店

amazon
トミヤマユキコ『パンケーキ・ノート おいしいパンケーキ案内100』

トミヤマユキコ
『パンケーキ・ノート おいしいパンケーキ案内100』

2013年1月19日(土)発売
価格:1,512円(税込)
発行:リトル・モア

amazon
PAGE 1 > 2 > 3

21世紀の女子解放論 もっともっと、気持ちいい毎日を 連載もくじへ



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Article
  • 21世紀の女子解放論 もっともっと、気持ちいい毎日を 第1回 湯山玲子×トミヤマユキコ対談

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて