無料でガイド!? ソウルをディープに楽しませてくれる、おすすめフリーガイドチーム紹介

どこに行ってもガイドをつけるには、お金がかかるのが当然かもしれませんが、実はソウルには市が運営する無料のガイドがあります。ソウルでの一人旅をもっと楽しくするための隠れ人気スポットを紹介するこのコーナー「SEOUL HIDDEN PLACE SERIES」。最後となる今回は、ソウル市が運営するフリーガイドチームを紹介します。
[PR] VISITSEOUL

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

SEOUL FREE GUIDE TEAM 1 YOUTH GOODWILL GUIDE(ユース・グッドウィル・ガイド)

ーまずは、自己紹介をお願いします。

イ・ジェヒョン:慶熙(キョンヒ)大学フランス語学科のイ・ジェヒョンと申します。私は、YOUTH GOODWILL GUIDEに所属するガイドです。もともと海外に留学していて、帰国してからもいろんな文化や国籍の人と交流したくて入会しました。僕自身、ソウルに誇りもあるし、ソウルに暮らしながらソウルを旅することを楽しんできたので、僕が思うソウルの面白さを外国の方にも紹介したいと思っています。

ーYOUTH GOODWILL GUIDEについて教えてください。

イ・ジェヒョン:YOUTH GOODWILL GUIDEは、およそ100名で構成された、外国人観光客向けの通訳ボランティアガイドです。ソウルを訪れる外国人に、韓国やソウルの文化を広め、文化交流活動をしています。具体的には、メンバーが観光客からの申し込みを受けて無料で1日ツアーガイドをします。

ー定期的に行われているプログラムはあったりますか? また、代表的なツアーコースなどあれば教えてください。

イ・ジェヒョン:YOUTH GOODWILL GUIDEには、決まったツアーコースはありません。外国人観光客がガイドを申し込むと、サイトを通じてメンバーに連絡がきて、その時間帯にガイドが可能なメンバーを選び、連絡先を交換します。そして、旅行直前まで何度も連絡を取り合い、旅行者が望むコースを作り上げていくといった形になります。こうすることで、旅行者のニーズに最も近いコースを組むことができて、結果満足していただけることが多いです。

ーYOUTH GOODWILL GUIDEならではの特徴は何かありますか?

イ・ジェヒョン:毎年3~5倍の競争率を突破し選抜されたメンバーなので、英語、中国語、日本語、スペイン語、フランス語などの様々な外国語に精通している人が多いのと、ソウルに関する深い造詣と知識も持ち合わせている。そして何よりもYOUTH GOODWILL GUIDEが特別な点は交流会を行っていることかもしれません。韓国に旅行へ来た観光客が集まり、韓国料理、韓服、伝統茶菓子などの体験ができるよう、様々なプログラムを開催しています。

ーなかでも人気のあるツアーコースはどこでしょうか?

イ・ジェヒョン:人それぞれだとは思いますけど、最も多く訪れた観光地は景福宮(キョンボックン)、仁寺洞(インサドン)など、いわゆる有名なランドマークです。逆に、満足度が高かったところでいうと、意外にも漢江(ハンガン)と鷹峰山(ウンボンサン)の展望台だったりします。 漢江周辺の汝矣島(ヨイド)、盤浦(パンポ)公園などは、散策路や公園などが綺麗に整備されていて、夏になると多くの人がレジャーなど楽しめますし、漢江の川べりで手軽に食べられる即席ラーメンやチキンなども、とても人気です。また、漢江から行ける鷹峰山の展望台は、ソウル在住の人にもあまり知られていないスポットですが、ここから見られる夜景は最高ですよ。

ー旅行者にオススメしたい韓国料理は何かありますか?

イ・ジェヒョン:韓国の食文化を最も効率的に楽しく伝えられる料理は、サムギョプサル(豚バラ焼肉)だと思います。キムチやチゲなどの料理を一緒に楽しめるだけでなく、例えば無料のおかずやご飯のお代わり自由など、韓国のサービス文化も体験することができる。 よく弘大(ホンデ)にガイドをしに行くことが多いので、弘大方面に行ったときには『コッテジギャラリー』というお店によく行きます。ここは内装が非常におしゃれで価格もリーズナブル。サムギョプサル以外にも、タッカンジョン(鶏肉の辛味揚げ)、タクパル(鶏モミジ)、チーズなどのお代わりが自由で一石二鳥です。

ー個人的にオススメのソウルのスポットは?

イ・ジェヒョン:ソウルの強みは、新と旧が共存している点とユースカルチャーがどこの国よりも優れた都市であることだと思います。僕が、個人的によく行くのは弘大です。レストラン、カフェ、アパレルショップ、ゲームセンターやカラオケなど、今の韓国の若者文化を肌で感じられますし、お店もおしゃれで、旅行者にはとても喜ばれますね。

YOUTH GOODWILL GUIDE
ガイド可能な言語:日本語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語
予約:http://hiseoulyh.com/en/youth-good-will-guide-apply/(英語)
連絡先:hiseoulyh@gmail.com
ウェブサイト:http://hiseoulyh.com/jp/youth-goodwill-guide/
ユース・グッドウィル・ガイドカスタマーレビュー:http://hiseoulyh.com/en/youth-goodwill-guide-review/(英語)
notice!
* 予約時の注意事項:観光予定日を基準に5日(週末を除く)前までに予約してください。キャンセルは観光予定日から3日前まで可能です。
* 旅行中の注意事項:旅行中の旅行者の安全に関する責任は旅行者自身が負い、ガイドは22時までに終了させてください。ガイド中は飲酒できません。

SEOUL FREE GUIDE TEAM 2 SEOUL MATE(ソウルメイト)

ーまずは、自己紹介をお願いします。

イ・ジユン:成均館(ソンギュングァン)大学のイ・ジユンと申します。もともと観光に興味があって、自分も現場に携わっててみたいという思いからSEOUL MATEで活動し始めました。ガイド経験は1年ほどで、現在はソウルメイトの副会長を務めています。

ーSEOUL MATEについて教えてください。

イ・ジユン:SEOUL MATEは、外国人と友達になり、ソウルの真の姿を共有したいという想いのもと、大学生達が集まるボランティア団体です。外国人にソウルの歴史や文化、美しさを知ってもらうのはもちろん、観光客に韓国の若者と友達になる機会を提供することを目指しています。毎週土曜日には、韓国を訪問中の全ての外国人が参加できるガイドツアーも開催しています。

ーSEOUL MATEが開催するガイドで人気のあるコースはどこですか?

イ・ジユン:広興堂(クァンフンダン)コースが人気がありますね。このコースではツアー客が自分で韓服を着てみたり、韓国の伝統的な遊びをしてみたりと、他ではなかなかない体験ができます。あとは、最近人気が高まってきているのは駱山(ナクサン)コース。新しいコースである駱山コースでは、城郭通りに沿って歩き、昔のソウルの佇まいや『東大門デザインプラザ(DDP)』の夜景を見たりと、今のソウルの華やかさを同時に味わえます。

ー旅行者にオススメしている韓国料理は何かありますか?

イ・ジユン:私は、ストリートフードを紹介したいです。小腹が空いたときに道端でパッと買って食べられる食べ歩きの味は格別ですし、その場所の記憶にも残ります。特に、寒い時はやはりアツアツのホットク(屋台などで売られる庶民的な揚げ菓子)をオススメします。ナッツホトク、チャプチェホトク、キムチホトクなど、中にいろんな具材が入っているので、選ぶ楽しみもありますよ。 あとは、景福宮(キョンボックン)の西側に位置する通仁(トンイン)市場の名物、キルムトッポッキ。甘辛いソースで味付けされた餅を油で炒めた食べ物で定番のトッポッキと一味違った美味しさを楽しめます。

ーイ・ジユンさんが、個人的に勧めているソウルのスポットは?

イ・ジユン:景福宮内部から光化門(クァンファムン)方面を眺めたときのソウルの街並みですかね。城郭越しにソウルの現代的な高層ビル群が見える風景は、ソウルの発展を伝えると共に、ソウルが伝統と革新が調和した都市であることが一目で伝わってくるんです。

SEOUL MATE
ガイド可能な言語:英語
予約・問い合わせ:seoulmate.korea@gmail.com
notice!
* 予約時の注意事項:観光予定日を基準に2日前までに予約してください。

SEOUL FREE GUIDE TEAM 3 KR BUDDY(ケーアールバディ)

ーまずは、自己紹介をお願いします。

イ・ドンハ:こんにちは。韓国外国語大学に属するイ・ドンハです。現在、大学3年生で外国人ツアーサークルKR BUDDYの会長を務めています。

ーKR BUDDYについて教えてください。

イ・ドンハ:KR BUDDYのKRはKorea tourの略で、旅行者に韓国がどんなところなのかを紹介しているサークルです。中でも、僕らの学校がある東大門(トンデムン)区近郊を中心に活動をしています。

ー定期的に行われているプログラムはあったりますか? また、代表的なツアーコースなどあれば教えてください。

イ・ドンハ:景福宮(キョンボックン)、博物館、民俗村などの伝統的な韓国を感じられる場所も訪問しますが、それ以外にも、天気の良い日には漢江(ハンガン)でビールを飲んだり、弘大(ホンデ)や梨泰院(イテウォン)などの街を見物し、ボードゲームカフェなどのテーマカフェを訪問したりもします。イメージとしては、韓国の普通の大学生が、普段楽しんでいるものを外国人に紹介することをよくしています。

ーKR BUDDYならではの特徴は何かありますか?

イ・ドンハ:まず私たちのサークルのメンバーはプロのツアーガイドではありません。でも、そこがむしろメリットになると思っています。専門的に特定のエリアを「ガイド」するというより、普通の韓国の大学生と愉快な1日を過ごすことを喜んでくれた旅行者が多かったように思います。また外国語大学所属なので、いろんな外国語を専攻している学生がいるところが特徴だとも思います。

ー人気のあるツアーコースはどこですか?

イ・ドンハ:まずは仁寺洞(インサドン)です。いろいろお土産を買いたい外国人にとって、選択肢が多く見どころもたくさんあります。石けんや香水作りなど、いろんな体験活動ができる場所もあって人気があったように思います。次に、弘大(ホンデ)です。やはり外国人が韓国を訪れたときに最も訪問したい繁華街とも聞きますし、ショッピングスポット、美味しい料理やお酒を楽しめる場所がたくさんあるからでしょう。また、脱出カフェ、ボードゲームカフェなどのテーマカフェ、カラオケなど、大学生の好きな場所が多く人気があります。

ーKR BUDDYが、観光客にオススメしてる韓国料理は何でしょうか?

イ・ドンハ:韓国外国語大学の近くにある『ホンコプチャン』をよくオススメします。コプチャン(牛もつ)はプルコギ、サムギョプサルのように「韓国料理」と聞いてすぐ頭に浮かぶ料理ではないのですが、それらに引けを取らないくらいに韓国の大学生や20代が好んで食べますし、独特な旨味があります。「もつ」には臭みがあると思われる方がいますが、ここのコプチャンは全く臭みはなく、大学生に人気の店として知られています。外国人を連れて行くと、意外に人気のあるメニューです。

ーイ・ドンハさんが、個人的に勧めているソウルのスポットは?

イ・ドンハ:インターネットで検索してすぐに見つかる伝統的な有名スポットよりは、ローカルの韓国人だからこそガイドできる隠れたソウルを見せたいですね。それって、現地に友人がいるからこそ行ける場所だと思いますから。

KR BUDDY
ガイド可能な言語:日本語、英語、中国語、その他言語(事前問い合わせ要)
予約・問い合わせ:krbuddy@naver.com
ウェブサイト:blog.naver.com/krbuddy(英語)

SEOUL FREE GUIDE TEAM 4 METEOR(メテオ)

ーまずは、自己紹介をお願いします。

ユ・アロム:誠信(ソンシン)女子大学1年のユ・アロムです。外国人ツアーボランティアサークルMETEORの15期所属で、ガイドをしています。中高生のときから韓国の文化に興味があり、特にソウルをあちこち見て回るのが好きでした。それで大学生になって、韓国の文化を広めるとともに外国の文化や言葉にも触れたくて、METEORに加入しました。

ーMETEOR について教えてください。

ユ・アロム:METEORは、大学生連合外国人ツアーボランティアサークルで、旅行者を対象に無料でツアーをサポートしています。観光地の情報提供だけでなく、コミュニケーションを取ることによって自然に韓国文化を伝えています。言葉や文化の交流を行い、韓国のイメージアップにつなげることを目標意識として持っています。

ー定期的に行われているプログラムはありますか? また、代表的なツアーコースなどあれば教えてください。

ユ・アロム:主に行っているツアーコースは、「景福宮(キョンボックン)〜プクチョン・北村韓屋村(ハノクマウル)〜 仁寺洞(インサドン)」コースです。その他にも「仁寺洞 〜 広蔵(クァンジャン)市場〜南山(ナムサン)〜明洞(ミョンドン)」コースなどがあります。ただ決まったツアープログラムはなく、全てのツアーは旅行者のタイプや好みによってアレンジしますね。

ーMETEORならではの特徴はどんなところでしょうか?

ユ・アロム:やはりMETEORの特徴は、基本「旅行者オーダーメイド型」ツアーである点です。旅行者が行きたい場所がある場合は、そこを中心としたツアーになるし、ない場合は旅行者のタイプや好みに合ったツアーコースを組みます。例えば、ショッピング、ビューティーに興味があるなら明洞(ミョンドン)や弘大(ホンデ)、歴史や文化に興味があるなら景福宮(キョンボックン)や戦争記念館、あまり歩かないゆったりとしたツアーを望むなら漢江(ハンガン)ピクニックツアーなどといったように。

ー最近人気のあるツアーコースはどこですか?

ユ・アロム:一番人気のあるのは「景福宮〜プクチョン・北村韓屋村〜仁寺洞」コースですね。このコースは、韓国の伝統的な部分を最も見て感じて体験できるコース。また、周辺には韓国料理店や伝統茶屋が多く、韓国料理を体験するにも良い選択です。 あとは、「北村韓屋村〜駱山(ナクサン)公園〜大学路(テハクロ))コースも人気がありますね。このコースは韓国的な町歩きを楽しみ、ソウルの美しい夜景を見られるコース。文化芸術の町とも言われる大学路ならでは、若者の熱気を感じることができますよ。

ーMETEORが、観光客にオススメしてる韓国料理は何でしょうか?

ユ・アロム:韓国ではチキン、タッカルビ(鶏肉の鉄板焼き)、サムゲタンなど鶏肉料理の種類が多く、味もおいしいです。好き嫌いがなく多くの人に好まれている鳥料理であるタッカルビ、その中でも特に炭火タッカルビをオススメしますね。よく行くのは、敦岩洞(トナムドン)にある『ハルメ炭火タッカルビ』です。一般的なタッカルビと違って炭火タッカルビは、それほど辛くないし、ちょうど良い味付けで辛いものが苦手な人も食べられます。また、鶏肉はイスラム教徒など、どんな宗教の方でも食べられる料理であるというメリットもあります。

ー個人的にオススメのソウルのスポットは?

ユ・アロム:南山(ナムサン)の夜景を見てもらいたいですね。ソウルの中心部にある南山ソウルタワー(Nソウルタワー)に登れば、ソウル市内の風景を360度見渡せます。夜になると建物それぞれに光が灯り、その光景には思わずうっとりすると思いますよ。

METEOR
ガイド可能な言語:日本語、英語、中国語、スペイン語
予約・問い合わせ:https://www.facebook.com/groups/MeteorYouthVoluntaryClub/about/
ウェブサイト:http://www.meteoryouth.org(英語)
notice!
* 予約時の注意事項:観光予定日を基準に7日前までにウェブサイトから申し込んでください。


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • 無料でガイド!? ソウルをディープに楽しませてくれる、おすすめフリーガイドチーム紹介

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて