福岡空港を使い倒す。出発前やトランジット中に名物グルメを堪能

中国や韓国、台湾など、多くの国際線が乗り入れる福岡空港。日本国内便も充実しているため、日本旅の拠点、または中継地点として、多くの外国人観光客が利用しています。

そんな福岡空港は、現在大規模リニューアル中。2019年夏には国際線ターミナルの免税店が拡大、国内線ターミナルには九州のスイーツ有名店をそろえた「SWEETS HALL」が完成するなど、これまで以上に見どころ満載の空港に生まれ変わりつつあります。

福岡の魅力がぎゅっと凝縮された福岡空港は、出発前やトランジットの待ち時間に訪れる観光スポットとしてもおすすめ。そこで福岡を賢く、いいとこ取りして楽しむための福岡空港の活用法をご紹介します。

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

博多まで5分、天神まで10分。日本一便利な福岡空港がリニューアル

日本列島の西部・九州の都市・福岡は、その地の利から日本と中国や韓国をつなぐ玄関口として古くから盛えた街。現在でも福岡空港は多くの外国人観光客でにぎわっています。

そんな福岡空港の特徴は、なんといっても都市中心部へのアクセスの良さ。地下鉄を使えば、新幹線が乗り入れる博多駅まで5分、福岡観光の中心となる繁華街・天神まで10分で到着。その利便性は日本一との声もあり、世界的にみてもトップクラスといえるでしょう。

国際線ターミナルから地下鉄を利用するには、無料の連絡バスでいったん国内線ターミナルに移動します。しかしこの国内線ターミナルこそがぜひ紹介したいスポット。

ここ数年のリニューアルによって観光客だけでなく、飛行機に乗らない地元の人も楽しめる注目スポットに生まれ変わりつつあります。

地元ならではのグルメやお土産を見つけたり、クリエイターのファンも多い書店を覗いてみたり……。出発前の待ち時間やトランジットの際にも活用できる、福岡の魅力が詰まった国内線ターミナルのおすすめショップをクローズアップします。

福岡のお土産といえば明太子。老舗『ふくや』の焼きたてキッシュを堪能

福岡の名物といえば「明太子」。スケトウダラの卵を唐辛子などが入った調味液で漬け込み味付けしたもので、「ごはんが何杯でも食べられる」という人もいるほど日本で人気のおかずのひとつ。

そんな明太子の味はお店によってさまざまですが、なかでも人気なのが明太子発祥の店として知られる『ふくや』です。

明太子専門店のふくやは、博多や天神をはじめ福岡県内にいくつもお店を構えています。しかし、たくさんあるお店のなかでも唯一、『ふくや福岡空港店』のみで提供されているのが、熱々で提供される「明太キッシュ」。

北海道産クリームチーズを使ったホワイトソースに、明太子がピリッときいたキッシュは、外はサクッ、なかはとろっ。1個300円ながら、本格的な味に仕上がっています。

店内で焼き上げているため、香ばしい香りに誘われて行列ができることもしばしば。ぜひその場で熱々を頬張ってほしい限定グルメです。

またお土産にぴったりなのが、明太子のオイル漬け「博多の小瓶」(1,500円)。生の明太子と違い、常温で持ち帰ることができるのがポイント。パンに付けたり、パスタに絡めたり、楽しみ方のバリエーションもさまざま。福岡名物がプリントされた福岡空港限定パッケージは、お土産にぴったりです。

『ふくや福岡空港店』
住所:福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1 国内線旅客ターミナルビル2F
営業時間:6:30〜21:00
定休日:なし
電話番号:092-260-7333
URL:https://www.fukuya.com/lp/shop/fukuoka-airport/

博多豚骨ラーメンのほか、日本中の名店を味わえる『ラーメン滑走路』

福岡グルメの代表といえば「博多豚骨ラーメン」。豚の骨や野菜などを煮込んだとろみのある白いスープに細い麺を使うのが特徴で、福岡市内には多くのラーメン店がひしめいています。

そんなラーメン激戦区・福岡の人気店と全国のラーメン店が集まるのが、国内線ターミナル3階の『ラーメン滑走路』です。

日本人はもちろん、外国人観光客にも人気のエリアで、博多豚骨ラーメンはもちろん、東京の行列店『つじ田』や地産地消を追求する北海道の『弟子屈ラーメン』など、さまざまなラーメンが楽しめます。

なかでも地元福岡のおすすめが『ラーメン海鳴』。日本のラーメン専門誌ランキングで3年連続1位に輝く名店です。

海鳴の定番は魚介とんこつラーメンで、2種の煮干しや4種の魚介節のスープと、2日間かけてつくる豚骨スープの2つを合わせた奥深い味が評判。

さらに「豚骨×イタリアン」という異色のコラボ「ジェノバラーメン」など個性的なメニューも、多くのラーメンファンを虜にさせています。

『ラーメン海鳴』では、店ごとに特色ある一杯を用意。ここ「ラーメン滑走路」にある『ラーメン海鳴 福岡空港』では、「ラーメン辛子明太子」を提供しています。

ただラーメンに辛子明太子をトッピングしただけではなく、スープに辛子明太子の調味液を加え、さらに辛子明太子の乾燥パウダーをトッピング。コーヒーカップのような取っ手がかわいい器も、このラーメン専用です。

一口食べると、口いっぱいに広がる辛子明太子の味と鼻に抜ける香りに、感動を覚える一杯に仕上がっています。

『ラーメン海鳴 福岡空港』
住所:福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1 国内線旅客ターミナルビル3F
営業時間:10:00〜21:00
定休日:なし
電話番号:092-612-1102
URL:https://ramen-unari.com/fukuoka-airport/

限られた時間でのランチにおすすめ。いま福岡で人気のスーラーメン店

限られた時間で福岡グルメを楽しみたい人におすすめなのが、フードコート『the foodtimes』。福岡をはじめ九州で注目されているさまざまな飲食店が並びます。

ここでぜひ訪れてほしいのが『中華麺キッチン スーラーメン まくり 福岡空港店』です。

日本の有名なグルメ情報ウェブサイトでも高評価の人気店ですが、本店があるのは福岡の中心地から少し離れた福岡市早良区。空港からはもちろん、博多や天神からも行きづらい場所にあるのが難点でした。

しかし『the foodtimes』への出店により、本店と同じ味を気軽に楽しむことができるようになったのです。

『スーラーメン まくり福岡空港店』のイチオシのメニューは、もちろん酸味と辛味が楽しめる「スーラーメン」。日本人に愛されるように研究された一杯は、本場・中国の方にもぜひ味わっていただきたい逸品です。

『中華麺キッチン スーラーメン まくり 福岡空港店』
住所:福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1 国内線旅客ターミナルビル2F
営業時間:8:00〜21:30
定休日:なし
電話番号:092-611-0007
URL:http://www.makuri.jp/airport.html

福岡の郷土鍋料理を一人からでも楽しめる、『もつ鍋 おおやま』

明太子、豚骨ラーメンと並ぶ福岡グルメが「もつ鍋」。牛や豚の内臓肉(もつ)を使った福岡の郷土料理で、いまや日本全国で愛されています。

国内線ターミナル3階にある『もつ鍋 おおやま 福岡空港店』では、そんなもつ鍋を一人から気軽に楽しむことができます。スタイリッシュな店内は、まるでカフェのような雰囲気。壁には、福岡の三大祭り「博多祇園山笠」のイラストも描かれています。

もつ鍋には、醤油やみそなどスープの種類がいくつかありますが、おおやまの自慢はみそ味。九州みそなど数種類のみそをブレンドしてつくったスープはとっても濃厚です。

メインの「もつ」は、九州産黒毛和牛の小腸のみを使用。鹿児島県産黒毛和牛のみにこだわってもつを仕入れるのは難しく、モツ鍋の本場・福岡でも希少なお店です。

鍋で煮込むと、ぷりぷりのもつから出る上質な脂が濃厚スープに溶けだしてきて食欲をそそります。にんにくやニラ、キャベツなど、野菜の旨味が染み出た滋味深いスープに、ちゃんぽん麺を入れて食べればおなかいっぱいに。満足すること間違いなしの郷土グルメです。

『もつ鍋 おおやま 福岡空港店』
住所:福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1 国内線旅客ターミナルビル3F
営業時間:10:00〜21:00
定休日:なし
電話番号:092-622-5500
URL:https://www.motu-ooyama.com/shop/fukuokakukou/

日本のカルチャーシーンを担う『TSUTAYA BOOKSTORE』で雑貨巡り

カルチャーを通してライフスタイルの提案を行う日本のブランド「TSUTAYA」。書籍、音楽、映画やデザイン雑貨などを扱い、日本のカルチャーシーンを担うショップを展開する、クリエイターのファンも多い人気ブランドです。

福岡空港にある『TSUTAYA BOOKSTORE』は、「飛行機で有意義なときを過ごす」をテーマにそろえた本や雑貨などを販売。

機能性だけでなく見た目にもこだわったトラベルグッズやアメリカ・ロサンゼルスにも店を構える福岡の人気文具メーカー「ハイタイド」の商品をはじめ、洋書も一部取り扱うなど、多彩な品ぞろえ。

オープン2周年を記念して作られた、福岡空港店オリジナルのショルダーバックは荷物が多くなりがちな旅のお供にぴったりです。

店内には、福岡で展開するスペシャルティコーヒー専門店『ハニー珈琲』が併設。世界各地のコーヒーを試飲しながら選べるほか、お土産にぴったりのティーバッグ式のコーヒーなども販売しています。コーヒーを片手に店内を歩くこともできるので、ぜひお気に入りの雑貨を探してみてはいかがでしょうか。

『TSUTAYA BOOKSTORE 福岡空港』
住所:福岡県福岡市博多区大字下臼井767-1 国内線旅客ターミナルビル1F
営業時間:6:00〜21:00
定休日:なし
電話番号:092-627-1611
URL:https://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/7430.html

福岡空港ならではの迫力の離発着シーンを楽しむ

ここまで福岡空港内の魅力をお伝えしてきましたが、じつは空港の外も注目です。

福岡空港は市街地のすぐそばにつくられているため、頭のすぐ上をジャンボジェット機が飛び交う光景をいろんなところで見ることができます。慣れない人は思いがけない近さに驚きの声をあげることも。

空港すぐ近くのカフェなどでは、あえて航空機が頭上を通る屋上席を設けているところなどもあるそう。展望スポットはいくつかありますが、なかでもおすすめなのが空港の南側にある「下月隈1号緑地」。

広々した芝生が広がる緑地で、寝転びながら飛行機の離発着を間近に見学できます。ほかではなかなか体験できない、迫力ある飛行機の姿をカメラに収めてみませんか。

福岡空港はこれからも続々リニューアル

福岡空港は、今後もさらにリニューアルが続きます。2020年には滑走路や飛行機を間近に望む展望デッキやビアホールもオープン予定。大型商業施設やホテル新設の予定も新たに発表され、旅の通過点ではなく目的地として、ますます期待できる施設となりそうです。



フィードバック 4

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • 福岡空港を使い倒す。出発前やトランジット中に名物グルメを堪能

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて