大学生の街・京都。ローカルな学生がオススメする、一乗寺エリアの魅力

世界的にも有名な文化・観光都市、京都。訪れたことのある方も多いと思いますが、じつは京都には「学生の街」という一面が。現在、京都市内だけでも38の大学・短期大学があり、15万人近い大学生たちが活動しています。

大勢の若者たちが集まり、巣立っていく街だからこそ、常に新しく、ローカルな文化が生まれているのが京都という街の特徴。今回は京都造形芸術大学の学生たちに、神社、たこ焼き屋、ラーメン店、カレー屋など、お気に入りのお店やお気に入りのスポットを紹介していただきました。

ローカルな叡山電鉄が走る一乗寺、元田中エリアなど、観光都市とはまた違う京都の日常に溶け込んで、街を楽しんでみませんか?

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

地元の人々に愛される、無添加たこ焼き『みはし屋』

京都市内エリアと比叡山や鞍馬山をつなぐローカル鉄道、叡山電鉄の元田中駅から徒歩1分の場所にあるのが『たこ焼き みはし屋』。

素材にこだわった無添加たこ焼きが自慢で、老若男女問わず多くの人に慕われるお店です。たこ焼きは持ち帰りだけでなく、焼きたてを店内でそのまま食べることも可能です。

定番メニューの「みはしソース味」のたこ焼きは、3個で300円。口のなかでとろける柔らかさが特徴です。だししょうゆや塩ごま油など、5種のソースが選べて、九条ネギや天かすなどのトッピングも豊富です。

「白味噌マヨネーズ」や「ぶっかけたこ焼(温or冷)」といった驚きのメニューのほか、「3種お味見セット」や「とくとく呑みセット」などのお得なセットメニューも。

家族や友人へのお土産として、温かいものを食べたいときや、ご飯のおかずに困ったとき、少しお腹が空いたときなどにピッタリです。

レコメンド

ぼくが『たこ焼き みはし屋』を知ったのは、姉に「昼ごはんに食べに行こう」と誘われたから。 柔らかい照明に照らされた、風通しの良い店内。はじめてほうばった「ぶっかけたこ焼き」はできたてでとても熱かったけれど、口に入れた瞬間、たこ焼きの風味が広がる逸品。 柔らかい生地に包まれたタコの弾力を楽しみながら、もう一つ、もう一つと口に運んでいくうちに、いつの間にかたこ焼きは一つも残っていなかったのでした。(京都造形芸術大学 文芸表現学科 / 田中随典)

たこ焼き みはし屋
住所:京都市左京区田中大久保町22
電話番号:075-707-2922
営業時間:火曜~土曜12:00~23:00 日曜12:00~22:00
定休日:月曜
最寄り駅:元田中駅

京都の中心部、下鴨神社のなかにある巨大な『糺の森』

叡山電鉄の始発駅・出町柳から10分ほど歩いた下鴨神社の境内にある『糺の森』。ここは京都の中心部にある36,000坪もの巨大な森で、その歴史は縄文時代に遡るとも伝えられています。

森のなかに一歩入ると、都市の喧騒から離れた非日常的な空間が広がり、上を見上げると、木々を通して見える青空が開放感を与えてくれます。

豊潤な自然に身を任せて散歩するのもよし、神社参拝のついでに寄るのもよし、石のベンチや石橋に腰掛けてひと休みするのもよし。ここでの過ごし方は人それぞれ自由です。

夏は木陰の涼しさを、冬は木漏れ日の暖かさを感じながら、思い思いの過ごし方ができる『糺の森』。フリーマーケットや音楽ライブ、アートイベントなども定期的に開催されているので、気になった人はスケジュールを要チェック。京都旅の途中、人混みに疲れたときにももってこいのスポットです。

レコメンド

昨年夏、『糺の森』のお気に入りのベンチで本を読み、日が落ちてきたので帰ろうとしたところ、『糺の森』のいたるところで巨大な卵型の光るオブジェを発見。 『下鴨神社 糺の森の光の祭 Art by teamLab』というアートイベントによるものだったのですが、その光るオブジェは『糺の森』だけでなく『下鴨神社』全体に展示されていました。 重厚で巨大な鳥居と幻想的なオブジェの組み合わせは、いつもとはまた違った異空間。少しの気味の悪さを感じさせるほど印象的でした。(京都造形芸術大学文芸表現学科 / 市川光希)

糺の森
住所:京都府京都市左京区下鴨泉川町59
電話番号:075-781-0010
営業時間:開門:3月1日~5月15日 6:00〜、5月16日~8月15日 5:30〜、8月16日~10月15日 6:00〜、10月16日~2月末日 6:30〜
閉門:3月1日~9月30日 〜18:00、10月1日~10月15日 〜17:30、10月16日~12月31日 〜17:00、1月1日~2月末日 〜17:30
※但し、祭事により変更になる場合があります。
定休日:なし
最寄り駅:出町柳駅
URLhttps://tadasunomori.or.jp/

一乗寺の住宅街にある隠れ家的Bar『いるか喫茶バー』

京都を代表する書店『恵文社 一乗寺店』のほか、こじんまりとしたカフェや飲食店が立ち並ぶ一乗寺エリア。叡山電鉄・一乗寺駅から南東に向かって徒歩10分ほど、北大路通にさしかかる少し手前の小道にひっそりとあるのが『いるか喫茶バー』です。

住宅街に溶け込んだ外観は、気を抜けば見落としてしまいそう。店内も静かで薄暗く、そのなかで聴くクラシックやジャズはムード十分です。

そしてなんといっても、マスターのつかみどころのない雰囲気が魅力的。容易に話しかけられることを拒否するような雰囲気のいっぽうで、メニューに載せられず、ウェブサイトにまではみ出した100種類を超えるカクテルメニューへの情熱に驚かされます。

木・金・土曜のみの昼営業では、喫茶店として定食やコーヒーなどの提供も。バーといえば、一杯1,000円以上、チャージ料もかかることが一般的ですが、ここは全メニューはおよそ500円以内で、チャージ料もいりません。まさに学生の味方と呼ぶにふさわしいお店です。

レコメンド

私と『いるか喫茶バー』の出会いは2018年の夏。アルバイトの帰り道、20時頃のことでした。その夜はどことなく物足りない気分で、いつもとは違う帰り道を選んだところ、偶然このお店を見つけました。 それからというもの、なんとなく手持ち無沙汰な夜や、大切な人たちとの夜に、私は『いるか喫茶バー』を利用しています。お客さんに対する非干渉的なマスターの態度は、本当に居心地が良い。一対一でじっくり話をしたい夜にぴったりです。他では味わえない夜の時間がここで体験できるはず。(京都造形芸術大学 文芸表現学科 / 後藤英治)

いるか喫茶バー
住所:京都市左京区一乗寺木ノ本町5
電話番号:075-712-0453
営業時間:ランチタイム 木曜〜土曜11:00~14:30(LO14:00)バータイム 火曜〜土曜18:00~23:00(LO22:30)
定休日:ランチタイム 月曜〜水曜、日曜、祝日バータイム 月曜、日曜、祝日
最寄り駅:一乗寺駅
URLhttp://irukakissa.com/

一乗寺ラーメン街道で「大盛り」の青春を。『ラーメン荘 夢を語れ』

叡山電鉄・一乗寺駅から北西に徒歩5分。日本でも有数のラーメン店が立ち並ぶ、通称「一乗寺ラーメン街道」のはずれに『ラーメン荘 夢を語れ』はあります。

そのボリュームと圧倒的コストパフォーマンスの良さから、京都大学をはじめとした近隣の学生や、銀閣寺や下鴨神社を目的にやってきた観光客から、長きにわたり愛されています。

『ラーメン荘 夢を語れ』は、有名な大盛りラーメン店『ラーメン二郎』に影響を受けた、いわゆる「二郎インスパイア系」と呼ばれるラーメンを提供しています。

提供されるのは普通盛りで総重量700gを越えてしまうラーメン。強靭な極太麺は歯ごたえよく、豚骨と背脂でできた超濃厚なスープが、器からはみ出るほど盛られたシャキシャキの茹で野菜や、脂身たっぷりの厚切り豚肉にまで染み込み、その食べ応えを確かなものにしています。

店内はカウンターが10席。比較的小ぢんまりとした店内が大盛りラーメンをさらに大きく見せます。

これだけお腹いっぱい食べて、一杯750円というコストパフォーマンスの良さは、昨日お金を使い過ぎてしまったあなたにとっても、とても喜ばしいことかもしれません。

レコメンド

高校生の頃から数々の大盛りラーメンを食べてきた私でしたが、『ラーメン荘 夢を語れ』の圧倒的なボリュームには驚かされました。出てきたのは大盛りラーメンではなく、超大盛りラーメン。掘っても掘っても麺と野菜、そして豚肉。でもそれが恐ろしく美味いのです。 一緒に通い詰めた友人のなかには、店主と仲良くなったり、お店で働くようになった人もいます。ぜひ一度このラーメン体験をしていただきたいです。(京都造形芸術大学 文芸表現学科 / 宮脇周哉)

『ラーメン荘 夢を語れ』
住所:京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町48-1
電話番号:075-724-5995
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜23:00(日曜のみ22:00)
定休日:月曜
最寄り駅:一乗寺駅
URLhttps://twitter.com/yume_ichijyouji

京都でハマる人続出のインドカレー『エス・タージマハルエベレスト 下鴨店』

叡山電鉄・一乗寺駅から西に向かって徒歩20分。高野川を超えた先にあるインド・ネパール料理屋『エス・タージマハルエベレスト 下鴨店』は、ランチとディナーの時間帯はほとんど満席で賑わう人気店です。

お店の外観は、いかにもなインド料理店ですが、店内には座敷もあり、アットホームな雰囲気でくつろげます。

おすすめのメニューは「チーズナンセット」。チーズナン、カレー、サラダ、チキンティッカ、パパド、ワンドリンクがついて1,200円。ナンとライスはおかわりできるので、学生にも大助かりです。

辛さも甘口から激辛まで段階が選べ、カレーの種類もチキン、ほうれん草チキン、シーフード、ポーク、チキンベジタブルから選べます。

カレーの前に届くサラダにはインドカレー特有のスパイシーなソースがかかっていて、カレーが待ちきれなくなること必須。なおカレーが食べきれないときには、お持ち帰りもできます。

レコメンド

京都に遊びに来ていた親に「美味しいよ」とすすめてみたところ、最初は「京都に来たのにインドカレーって……」と反対気味だったのが、お店を出るときには大満足な表情に。いまでは京都に遊びに来る度に「あのカレーをもう一度食べたい」と言っています。 ぼく自身も大事な会議があるときや、頑張った日の夜は一人で行くことも。お腹いっぱい食べて寝た次の日は疲れもどこへやら。頑張れるパワーをもらえるカレーなのです。(京都造形芸術大学 文芸表現学科 / 市川 光希)

エス・タージマハルエベレスト 下鴨店
住所:京都市左京区下鴨高木町33
電話番号:075-701-5660
営業時間:11:00~14:00 17:00~22:00
定休日:なし
最寄り駅:一乗寺駅


フィードバック 1

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • 大学生の街・京都。ローカルな学生がオススメする、一乗寺エリアの魅力

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて